S3 アクション - Amazon Simple Email Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

S3 アクション

S3 アクションは、メールを Amazon S3 バケットに配信し、オプションで Amazon SNS を通じて通知します。このアクションには以下のオプションがあります。

  • S3 Bucket — 受信した E メールを保存する Amazon S3 バケットの名前。アクションを設定するときに [Create S3 Bucket (S3 バケットの作成)] を選択することで、新規の Amazon S3 バケットを作成することもできます。Amazon SES は、変更が加えられていない raw E メールを提供しますが、これは一般に多目的インターネットメール拡張 (MIME) 形式です。MIME 形式の詳細については、RFC 2045 を参照してください。

    重要

    E メールを Amazon S3 バケットに保存するときの E メールの最大サイズ (ヘッダーを含む) は 30 MBです。

  • Object Key Prefix — Amazon S3 バケット内で使用するキー名のプレフィックス。キー名のプレフィックスを使用して、フォルダー構造の Amazon S3 バケットを分類できます。たとえば、[Email (E メール)] を [Object Key Prefix (オブジェクトキープレフィックス)] として使用すると、Amazon S3 バケットの Email という名前のフォルダーに E メールが表示されます。

  • KMS Key (Amazon SES コンソールで "Encrypt Message" が選択されている場合) — E メールを Amazon S3 バケットに保存する前に暗号化するために Amazon SES が使用する、お客様のマスターキー。デフォルトのマスターキーか、AWS KMS で作成したカスタムのマスターキーを使用できます。

    注記

    選択するマスターキーは、E メールを受け取る Amazon SES エンドポイントと同じ AWS リージョン内に存在する必要があります。

    • デフォルトのマスターキーを使用するには、Amazon SES コンソールで受信ルールをセットアップするときに [aws/ses] を選択します。_を使用する場合 Amazon SES API の場合、ARN を の形式で指定することで、デフォルトのマスター キーを指定できます。 arn:aws:kms:REGION:AWSACCOUNTID:alias/aws/ses。 たとえば、 AWS アカウントIDは123456789012で、 米国西部 (オレゴン) デフォルトのマスターキーのARNは arn:aws:kms:us-west-2:123456789012:alias/aws/ses。 デフォルトのマスター キーを使用する場合、追加手順を実行して Amazon SES キーを使用する権限。

    • AWS KMS で作成したカスタムのマスターキーを使用するには、マスターキーの ARN を指定し、そのキーを使用するためのアクセス権限を Amazon SES に付与するステートメントをキーのポリシーに追加します。アクセス権限の付与の詳細については、「E メール受信Amazon SESのための へのアクセス許可の付与」を参照してください。

    AWS KMS を Amazon SES と組み合わせて使用する方法の詳細については、「AWS Key Management Service Developer Guide」を参照してください。コンソールまたは API でマスターキーを指定しない場合、Amazon SES は E メールを暗号化しません。

    重要

    メールは、保存のために Amazon S3 に送信される前に、Amazon S3 暗号化クライアントを使用して Amazon SES によって暗号化されます。Amazon S3 サーバー側での暗号化を使用して暗号化されるわけではありません。つまり、サービスは復号のために AWS KMS キーを使用するためのアクセス権限を持たないため、Amazon S3 から E メールを取得した後に、Amazon S3 暗号化クライアントを使用して復号する必要があります。この暗号化クライアントは、AWS SDK for Java および AWS SDK for Ruby でのみ使用できます。AWS KMS マスターキーを使用したクライアント側での暗号化の詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイドを参照してください。

  • SNS Topic — E メールが Amazon S3 バケットに保存されたときに通知するための Amazon SNS トピックの名前または ARN。Amazon SNS トピックの ARN の例は、arn:aws:sns:us-west-2:123456789012:MyTopic となります。アクションを設定するときに [Create SNS Topic] を選択することで、Amazon SNS トピックを作成することもできます。Amazon SNS トピックの詳細については、Amazon Simple Notification Service 開発者ガイドを参照してください。

    注記

    選択する Amazon SNS トピックは、E メールを受け取る Amazon SES エンドポイントと同じ AWS リージョン内に存在する必要があります。