Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

メールプログラムの成功のメトリクス

メールプログラムの成功度は、いくつかのメトリクスを使って測定することができます。

このセクションでは、以下のメトリクスについて説明します。

バウンス

メールが目的の受取人に届かないと、バウンスが発生します。ハードバウンスソフトバウンスの 2 種類があります。ハードバウンスは、メールの不達の原因が、E メールアドレスが存在しないなどの永続的な問題である場合に発生します。ソフトバウンスは、メールの不達の原因が一時的な問題である場合に発生します。たとえば、受取人の受信トレイが満杯である場合や受信サーバーが一時的に使用できない場合にソフトバウンスが発生します。Amazon SES では、ソフトバウンスの対処方法として、一定期間、メールの再配信を試行します。

メールプログラムでハードバウンス数をモニタリングすること、および受信者リストからハードバウンスの原因である E メールアドレスを削除することが重要です。E メールレシーバーは、ハードバウンス率が高いことを検出すると、送信者が受取人をよく知らないものとみなします。その結果、高いハードバウンス率によりメールメッセージの配信性能が低下する場合があります。

バウンスをなくし、送信者の評価を向上させるために、以下のガイドラインを参考にしてください。

  • ハードバウンス率は 5% 未満に抑える。メールプログラムのハードバウンス数が少ないほど、ISP がメッセージを正当で重要なものと判断する確率が高まります。このレートは妥当で十分に達成可能な目標ですが、すべての ISP に採用されている統一ルールというわけではありません。

  • メールリストのレンタルや購入は絶対に避ける。レンタルや購入したリストには、大量の無効なアドレスが含まれている場合があり、ハードバウンス率が大幅に増える原因となります。さらに、このようなリストには、迷惑メール業者をあぶり出すためにスパムトラップ用のメールアドレスが含まれている場合があります。メッセージがスパムタラップに陥ると、配信率と送信者の評価は決定的に損なわれる場合があります。

  • リストを最新状態に保つ。受取人に久しぶりにメールを送る場合は、他の手段 (ウェブサイトのログインアクティビティや購入履歴など) で受取人のステータスを確認します。

  • お客様のステータスを確認する方法がない場合は、ウィンバックメールの送信を検討する。一般的なウィンバックメールでは、お客様からの連絡が途絶えていることをお客様に伝え、引き続きメールの受信を望む場合は確認の返信をしてもらいます。ウィンバックメールの送信後に、返信がなかったすべての受取人をリストから消去します。

バウンスを受信したら、以下のルールに従って適切に対応する必要があります。

  • ハードバウンスの原因がメールアドレスである場合は、そのアドレスをリストから即座に削除します。ハードバウンスしたアドレスにメッセージを再送信しないでください。ハードバウンスの繰り返しは加算されて、最終的に受取人の ISP から悪い評価を受けることになります。

  • バウンス通知の受信に使用するアドレスで E メールを受信できることを確認します。バウンスと苦情通知の設定の詳細については、「Amazon SES 通知を使用したモニタリング」を参照してください。

  • 受信メールが独自の社内サーバーではなく ISP から届いている場合は、大量のバウンス通知がスパムフォルダに入るか、完全に廃棄される可能性があります。バウンスの受信にはホステッド型の E メールアドレスを使用しないのが理想的です。それでも使用する必要がある場合は、スパムフォルダを頻繁に確認してください。また、バウンスメッセージをスパムとして報告しないでください。Amazon SES で、バウンス通知の送信先のアドレスを指定できます。

  • 通常、バウンスでは配信を拒否しているメールボックスのアドレスが提供されます。ただし、受取人のアドレスを特定の E メールキャンペーンにマッピングするための詳細なデータが必要な場合は、自社の追跡システムまでたどれるように X ヘッダーに適切な値を含めます。詳細については、「付録: ヘッダーフィールド」を参照してください。

苦情

メールの受取人がウェブベースの E メールクライアントで [スパムとしてマーク] (または同等) のボタンをクリックすると、苦情が発生します。これらの苦情が大量に累積すると、ISP からスパムの送信元とみなされます。これにより、配信性能と送信者の評価が低下します。苦情が報告されたときに、通知する ISP もあります (すべての ISP ではありません)。この通知は、フィードバックループと呼ばれます。Amazon SES は、フィードバックループを提供する ISP からの苦情を自動的に送信者に転送します。

苦情をなくし、送信者の評価を向上させるために、以下のガイドラインを参考にしてください。

  • 苦情率は 0.1% 未満に抑える。メールプログラムの苦情数が少ないほど、ISP がメッセージを正当で重要なものと判断する確率が高まります。このレートは妥当で十分に達成可能な目標ですが、すべての ISP に採用されている統一ルールというわけではありません。

  • マーケティングメールに関してお客様から苦情が寄せられた場合は、そのお客様に対するマーケティングメールの送信を即座に停止します。ただし、メールプログラムに他のタイプの E メール (通知メールやトランザクションメールなど) が含まれている場合、これらのタイプのメッセージは引き続き苦情元の受取人に送信することが許容されます。

  • ハードバウンスと同様に、久しぶりにメールを送信する受取人のリストがある場合は、メッセージを送信する理由を確実に受取人に伝えます。受取人に送信者を思い出してもらうためと、連絡する理由を知らせるための「ようこそ」メッセージを送信することをお勧めします。

苦情を受けたら、以下のルールに従って適切に対応する必要があります。

  • 苦情通知の受信に使用するアドレスで E メールを受信できることを確認します。バウンスと苦情通知の設定の詳細については、「Amazon SES 通知を使用したモニタリング」を参照してください。

  • 苦情通知が ISP またはメールシステムによってスパムとして報告されていないことを確認します。

  • 通常、苦情通知には E メールの本文が含まれます。この点は、E メールのヘッダーのみが含まれるバウンス通知とは異なります。ただし、苦情通知では、苦情元の個人の E メールアドレスは削除されます。苦情元の E メールアドレスを特定できるように E メール本文に X ヘッダーや特別な識別子を埋め込むことをお勧めします。この方法を使用すると、苦情元のアドレスをより簡単に識別して、受信者リストから削除できるようになります。

メッセージの品質

E メールレシーバーは、メッセージの真偽を見分けるために、コンテンツフィルタを使用してメッセージ内の特定の属性を検出します。これらのコンテンツフィルタは、メッセージの内容を自動的に確認し、不要なメッセージや悪意のあるメッセージの一般的な特性を識別します。Amazon SES では、コンテンツのフィルタリングテクノロジーを使用し、スパムやマルウェアを含むメッセージを送信前に検出してブロックします。

E メールレシーバーのコンテンツフィルタで、メッセージ内にスパムや悪意のある E メールの特性が検出されると、フラグが付けられて受取人の受信トレイから除外されます。

E メールを設計するときは、以下の点に留意してください。

  • 最近のコンテンツフィルタはインテリジェントであり、絶えず適応し、変わり続けています。定義済みのルールのセットには依存しません。ReturnPathLitmus などのサードパーティーのサービスを使用すると、どのような内容の E メールがコンテンツフィルタをトリガーする可能性があるかを確認できます。

  • E メールにリンクが含まれている場合は、それらのリンクが URIBL.comSURBL.org などにあるブラックリストに登録されていないか確認します。

  • リンク短縮ツールの使用を避けます。悪意のある送信者は、リンク短縮ツールを使用して実際のリンク先を隠す場合があります。ISP は、不正な目的でリンク短縮サービス (最も評判の高いものでも) が使用されていると判断すると、これらのサービス全体をブラックリストに登録する場合があります。ブラックリストに登録されたリンク短縮サービスへのリンクが含まれている E メールは、お客様の受信トレイに届かず、E メールキャンペーンの成功は危くなります。

  • E メール内のすべてのリンクをテストし、目的のページを参照することを確認します。

  • ウェブサイトにプライバシーポリシーと利用規約のドキュメントが含まれていること、これらのドキュメントが最新の内容であることを確認します。これらのドキュメントへのリンクは、送信する E メールごとに提供するのが適切です。これらのドキュメントへのリンクを提供することで、顧客に対する隠し事がないことを示し、信頼関係を築くのに役立ちます。

  • 頻繁に変わるコンテンツ (「今日のお買い得情報」メッセージなど) を送信する場合は、E メールの内容がデプロイごとに異なることを確認します。頻繁に内容が変わるメッセージを送信する場合は、これらのメッセージがタイムリーで関連性が高いことを確認し、同じ繰り返しで煩わしさを感じさせないようにします。

このページの内容: