Amazon SES での E メールアドレスの検証 - Amazon Simple Email Service

このガイドは、Amazon SES のクラシックコンソール(V1)を反映しています。Amazon SES 用の新しいコンソール (V2) については、新しい Amazon Simple Email Service 開発者ガイド

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SES での E メールアドレスの検証

Amazon SES では、ID(メールを送信するドメインまたは E メールアドレス) を使用して、お客様がそれらを所有していることを確認し、不正使用を防止します。このセクションでは、E メールアドレス ID の検証について説明します。ドメイン ID の検証については、「Amazon SES でのドメインの検証」を参照してください。

Amazon SES で使用する E メールアドレスを確認するときは、次の要素を考慮してください。

  • 「From」、「Source」、「Sender」、または「Return-Path」アドレスとして使用する各 ID を確認する必要があります。ただし、追加の検証ステップを実行せずに、既に検証済みの E メールアドレスにラベルを追加することができます (このリストの後半の情報を参照)。

  • E メールアドレスでは、大文字と小文字が区別されます。たとえば、sender@EXAMPLE.com を検証した場合、sender@example.com も検証しないと、sender@example.com から E メールを送信できません。

  • E メールアドレスとそのアドレスが属するドメインの両方を検証した場合は、E メールアドレスの設定によってドメインの設定が上書きされます。たとえば、ドメイン example.com でドメインキーアイデンティファイドメール (DKIM) が有効になっているが、sender@example.com では有効になっていない場合、sender@example.com は DKIM で署名されません。

  • Amazon SES では複数の AWS リージョンにエンドポイントがあり、E メールアドレスの検証ステータスはリージョンごとに個別に扱います。複数のリージョンで同じ ID から E メールを送信する場合は、各リージョンの ID を検証する必要があります。複数のリージョンで Amazon SES を使用する方法については、「」を参照してください。リージョンおよび Amazon SES の例

  • AWS リージョンごとに、10,000 個までの確認済み ID (ドメインと E メールアドレスの任意の組み合わせ) を含めることができます。

  • 追加の検証手順を実行せずに、検証済みの E メールアドレスにラベルを追加することができます。E メールアドレスにラベルを追加するには、アカウント名と「at」記号 (@) の間にプラス記号 (+) を付け、続いてテキストラベルを付けます。たとえば、sender@example.comを既に検証している場合は、メールの「From」または「Return-Path」アドレスとして sender+myLabel@example.com を使用することができます。この機能を使用すると、可変エンベロープリターンパス (VERP) を実装できます。その後で、VERP を使用して、メーリングリストから配信不能な E メールアドレスを検出して削除することができます。

  • 検証しようとしている E メールアドレスに送信されるメッセージをカスタマイズすることができます。詳細については、「カスタム検証 E メールテンプレートの使用」を参照してください。