Amazon SES の Service Quotas - Amazon Simple Email Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SES の Service Quotas

以下のセクションでは、Amazon SES のリソースとオペレーションに適用されるクォータについて、一覧を示して説明します。クォータによっては、引き上げることができないものもあります。クォータの引き上げをリクエストできるかどうかを判断するには、[Adjustable] (増加の対象) 列を参照してください。

注記

Amazon SES のクォータは、AWS アカウントで使用する各 AWS リージョン用です。

E メール送信クォータ

以下のクォータは、Amazon SES 経由の E メール送信に適用されます。

送信クォータ

クォータは、メッセージ数ではなく、受信者の数に基づきます。

リソース デフォルトのクォータ 調整可能
24 時間ごとに送信可能な E メールの数

アカウントがサンドボックスにある場合は、24 時間あたり最大 200 通の E メールを送信できます。

アカウントがサンドボックスの外にある場合、この数字は具体的なユースケースによって異なります。

はい

1 秒あたりに送信できる E メールの数 (送信レート)

アカウントがサンドボックスにある場合、1 秒あたり 1 通の E メールを送信できます。

アカウントがサンドボックスの外にある場合、このレートは具体的なユースケースによって異なります。

はい

メッセージのクォータ

リソース デフォルトのクォータ 調整可能

SES v1 API の使用 - 最大メッセージサイズ (添付ファイルを含む)

メッセージあたり 10 MB(base64 エンコーディング後)

なし(メッセージサイズが 10 MB を超えるワークロードの場合は、SES v2 API への移行を考慮してください)。

SES v2 API または SMTP の使用 - 最大メッセージサイズ (添付ファイルを含む)

メッセージあたり 40 MB (base64 エンコーディング後)

いいえ

注記

10 MB を超えるメッセージは帯域幅スロットリングの対象となり、送信レートによっては最低 40 MB/s に調整される場合があります。例えば、40 MB のメッセージを 1 秒あたり 1 メッセージ、または 20 MB のメッセージを 1 秒間に 2 つ送信できます。

送信者と受信者のクォータ

リソース デフォルトのクォータ 調整可能

メッセージあたりの受取人の最大数

メッセージあたり 50 人の受取人。

注記

受取人は「To」、「CC」、または「BCC」アドレスのいずれかです。

受信者の制限は調整できません。次の注意を呼んだ後にこの機能をリクエストするには、AWS アカウントマネージャーに連絡してください。

検証できるアイデンティティの最大数

AWS リージョン ごとに10,000のID。

注記

ID とは、Amazon SES 経由で E メールを送信するために使用するドメインまたはE メールアドレスです。

AWS アカウントマネージャーに連絡して、ユースケースを相談してください。

専用 IP プールの最大数 (マネージド IP プールと標準 IP プールの両方を含む)

50

いいえ

注記

メッセージごとの受信者制限の引き上げをリクエストする前に、このブログを読み、メッセージごとの受信者数 50 人というデフォルトの制限を使用したり、個々の受信者にメッセージを送信しても、ユースケースに対応できない理由を詳しく説明できるようにしておいてください。メッセージ送信先に複数の受信者を定義すると、オブザーバビリティが低下し、配信性能も低下する可能性があるため、ユースケースで特に必要とされない限り使用すべきではありません。

イベント発行に関連するクォータ

リソース デフォルトのクォータ 調整可能

設定セットの最大数

10,000

いいえ

設定セット名の最大長

設定名には、最大で 64 文字までの英数字を含めることができます。この名前には、ハイフン (-) とアンダースコア (_) も使用できます。名前にスペース、アクセント文字、またはその他の特殊文字を含めることはできません。

いいえ

設定セットあたりのイベント送信先の最大数

10

いいえ

CloudWatch イベント送信先あたりのディメンションの最大数

10

いいえ

E メールテンプレートのクォータ

リソース デフォルトのクォータ 調整可能

各 AWS リージョン の E メールテンプレートの最大数

20,000

いいえ

最大テンプレートサイズ

500 KB

いいえ

各テンプレートの置換値の最大数

無制限

該当なし

テンプレート化された各 E メールの受信者の最大数

送信先 50 件。送信先は、「To」、「CC」、「BCC」行にあるすべての E メールアドレスです。

注記

1 回の API の呼び出しで連絡できる送信先がアカウントの最大送信レートによって制限される場合があります。

いいえ

E メールの受信に関連するクォータ

次の表に、Amazon SES による E メールの受信に関連するクォータを示します。

リソース デフォルトのクォータ 調整可能

受信ルールセットあたりのルールの最大数

200

いいえ

受信ルールあたりのアクションの最大数

10

いいえ

受信ルールあたりの受取人の最大数

100

いいえ

AWS アカウントあたりの受信ルールセットの最大数

40

いいえ

AWS アカウントあたりの IP アドレスフィルターの最大数

100

いいえ

Amazon S3 バケットに保存できる E メールの最大サイズ (ヘッダーを含む)

40 MB

いいえ

Amazon SNS 通知を使用して公開できる E メールの最大サイズ (ヘッダーを含む)

150 KB

いいえ

一般的なクォータ

次の表は、Amazon SES 経由の E メールの送受信に適用されるクォータの一覧です。

Amazon SES API 送信クォータ

リソース デフォルトのクォータ 調整可能

Amazon SES API アクションを呼び出すことができるレート

すべてのアクション(SendEmailSendRawEmail、および SendTemplatedEmail を除く)は、1 秒あたり 1 つのリクエストに調整されます。

いいえ

MIME パーツ

500

いいえ