Amazon SES グローバルサプレッションリスト - Amazon Simple Email Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SES グローバルサプレッションリスト

Amazon SES は内部のグローバルサプレッションリストを保持しています。これは SES によりバックグラウンドで運用と管理が行われています。SES のユーザーから送信された E メールがハードバウンスを起こすと、SES はバウンスを起こした E メールアドレスをグローバルサプレッションリストに追加します。グローバルサプレッションリストは、すべての SES のお客様に適用されるという意味で、グローバルです。つまり、別のカスタマーがグローバルサプレッションリストに登録されているアドレスに E メールを送信しようとした場合、SES はメッセージを受け付けますが、送信しません。これは、E メールアドレスが抑制されているためです。

グローバルサプレッションリストの E メールアドレスを削除するようにリクエストする機能は、すでに顧客向けではなく、この機能を操作してサプレッションリストを管理できなくなりました。この機能の代わりとして、Amazon SES では、アカウントレベルのサプレッションリストおよび 設定セットレベルのサプレッションリストを使用可能にして抑制リストを管理するための新しい方法が提供されるようになりました。これにより、自分のアカウントの E メール抑制の処理方法を、よりカスタマイズできるようになります。詳細については、「Amazon SES アカウントレベルのサプレッションリストの使用」および「設定セットレベルの抑制を使用してアカウントレベルのサプレッションリストを上書きする」を参照してください。

重要

グローバルサプレッションリストの E メールアドレス削除リクエストフォームは、アカウントレベルのサプレッションリストに置き換えられているため、Amazon SES のコンソールにはありません。アカウントレベルのサプレッションリストの使い方については、「Amazon SES アカウントレベルのサプレッションリストの使用」を参照してください。

グローバルサプレッションリストの考慮事項

グローバルサプレッションリストに関する主な要素

  • グローバルサプレッションリストは、SES によりバックグラウンドで運用と管理が行われています - 直接操作することはできません。ただし、独自のアカウントレベルのサプレッションリストでサプレッションリストを上書きできます。。

  • グローバルサプレッションリストは、すべての SES アカウントに対してデフォルトで有効になります。無効にすることはできません。

  • SES はグローバルサプレッションリストをすべてのユーザーに適用するため、グローバルサプレッションリストにクエリを実行したり、このリストに手動でアドレスを追加したりすることはできません。

  • E メールアドレスがハードバウンスを生成すると、SES はそのアドレスを短時間のグローバルサプレッションリストに追加します。この期間が経過すると、SES はリストからアドレスを削除します。アドレスが別のハードバウンスを生成した場合、SES はそれをより長い期間のグローバルサプレッションリストに追加し、その期間終了時に削除します。アドレスがグローバルサプレッションリストに残っている時間は、アドレスがハードバウンスを生成するたびに長くなります。アドレスは、グローバルサプレッションリストに最大 14 日間残ります。

  • グローバルサプレッションリストに含まれているアドレスにメッセージを送信しようとすると、SES はメッセージを受け付けますが、送信はしません。SES はバウンス通知を生成します。通知には PermanentbounceType 値および SuppressedbounceSubType 値が含まれています。E メールアドレスがグローバルサプレッションリストに含まれているかどうかを確認するには、このタイプのバウンス通知を受信する方法しかありません。グローバルサプレッションリストをクエリすることはできません。

  • SES は、グローバルサプレッションリストのアドレスに送信したメッセージを、アカウントのバウンス率と日ごとの送信クォータにカウントします。

  • ハードバウンスを起こしたすべての E メールアドレスと同様、サプレッションリストのバウンスを起こしたアドレスは、それが有効なアドレスであることが確実である場合を除き、メーリングリストから削除してください。

  • サプレッションリストのバウンスは、アカウントのバウンス率に反映されます。バウンス率が高すぎる場合、当社はお客様のアカウントを確認し、アカウントの E メール送信機能を一時停止することがあります。

注記

3 つの SES サプレッションリストの相互関係とその階層を理解することが重要です。「3 つのタイプのサプレッションリストの概要」を参照してください。