Amazon SES アカウントレベルのサプレッションリストの使用 - Amazon Simple Email Service

Amazon SES アカウントレベルのサプレッションリストの使用

Amazon SES アカウントレベルのサプレッションリストは、顧客が独自のサプレッションリストとレピュテーションを作成して管理できるように導入されました。そのため、アカウントレベルのサプレッションリストはお客様のアカウントにのみ適用されます。SES コンソールの、アカウントレベルのサプレッションリストのインターフェイスでは、アカウントレベルのサプレッションリストにあるアドレスを、簡単に管理できます。これには、アドレスの一括追加や一括削除のアクションが含まれます。アドレスがグローバルサプレッションリストに登録されてはいるが、カウントレベルのサプレッションリストには登録されていない (つまり、そのアドレスに送信したい) 場合に、そのアドレスに対して送信すると、SES は送信を試みますが、もし送信したメールがバウンスした場合は、お客様自身の評価に悪影響を及ぼします。ただ、他の人については、独自にアカウントレベルのサプレッションリストを使用していなければ、誰もバウンスは発生しません。つまり、アカウントレベルのサプレッションリストがグローバルサプレッションリストをオーバーライドするのは、お客様のアカウントに関してのみとなります。

SES アカウントレベルのサプレッションリストは、現在の AWS リージョン の AWS アカウント に適用されます。SES API v2 またはコンソールを使用して、アカウントレベルのサプレッションリストからアドレスを個別にまたは一括で追加または削除できます。

注記

住所を一括追加または削除するには、本番稼働用アクセスが必要です。サンドボックスの詳細については、「Amazon SES サンドボックス外への移動」を参照してください。

Amazon SES アカウントレベルのサプレッションリストに関する考慮事項

アカウントレベルのサプレッションリストを使用する場合は、次の要素を考慮する必要があります。

  • 2019 年 11 月 25 日以降に Amazon SES の使用を開始した場合、アカウントはバウンスと苦情の両方に対してアカウントレベルのサプレッションリストをデフォルトで使用します。この日付より前に SES の使用を開始した場合は、SES API の PutAccountSuppressionAttributes オペレーションを使用してこの機能を有効にする必要があります。

  • アカウントレベルのサプレッションリストに含まれているアドレスにメッセージを送信しようとすると、SES はメッセージを受け付けますが、送信はしません。

  • SES は、アカウントレベルのサプレッションリストのアドレスに送信したメッセージを、アカウントのバウンス率または苦情率に対してカウントしません。

  • SES は、アカウントレベルのサプレッションリストには含まれていないが、グローバルサプレッションリストには含まれているアドレスに送信したメッセージを、バウンスの率または苦情率にカウントします。

  • SES は、アカウントレベルのサプレッションリストのアドレスに送信したメッセージを、毎日の送信クォータに対してカウントします。

  • アカウントレベルのサプレッションリストの E メールアドレスは、削除するまで、リストに残ります。

  • アカウントのメール送信機能が一時停止されている場合、SES はアカウントレベルのサプレッションリストのアドレスを 90 日後に自動的に削除します。この 90 日の期間が終了する前にアカウントのメール送信機能が復元された場合、アカウントレベルのサプレッションリストのアドレスは削除されません。

  • Gmail では、SES に苦情データが提供されません。受取人が Gmail ウェブクライアントの [Spam] (スパム) ボタンを使用して、受信したメールを迷惑メールとして報告した場合、アカウントレベルのサプレッションリストには追加されません。

  • アカウントが SES サンドボックスにある場合は、アカウントレベルのサプレッションリストを有効にすることができます。ただし、アカウントがサンドボックスから削除されるまでは、PutSuppressedDestination 、または CreateImportJob オペレーションを使用できません。サンドボックスの詳細については、「Amazon SES サンドボックス外への移動」を参照してください。

  • アカウントレベルのサプレッションリストを使用すると、SES はグローバルサプレッションリストにもハードバウンスまたは苦情を引き起こすアドレスを追加します。

Amazon SES アカウントレベルのサプレッションリストの有効化

Amazon SES API v2 の PutAccountSuppressionAttributes オペレーションを使用して、アカウントレベルのサプレッションリストを有効にして設定します。AWS CLI を使用すると、この設定をすばやく簡単に設定できます。AWS CLI のインストールおよび設定の詳細については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」を参照してください。

AWS CLI を使用してアカウントレベルのサプレッションリストを設定するには

  • コマンドラインで以下のコマンドを入力します。

    Linux, macOS, or Unix
    aws sesv2 put-account-suppression-attributes \ --suppressed-reasons BOUNCE COMPLAINT
    Windows
    aws sesv2 put-account-suppression-attributes ` --suppressed-reasons BOUNCE COMPLAINT

    アカウントレベルのサブレッションリストを有効にするには、suppressed-reasons パラメータに少なくとも 1 つの理由を指定する必要があります。前の例に示すように、BOUNCE もしくは COMPLAINT、または両方を指定することもできます。

SES コンソールを使用してアカウントレベルのサプレッションリストを設定するには

  1. AWS Management Console にサインインして Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Configuration] (設定)で、[Suppression list] (サプレッションリスト) を選択します。

  3. [Account-level settings] (アカウントレベルの設定) ペインで [Edit] (編集) を選択します。

  4. [Suppression list] (サプレッションリスト) で、[Enabled] (有効) ボックスにチェックをいれます。

  5. [Suppression reasons] (サプレッションの理由) で、受信者の E メールアドレスをアカウントレベルのサプレッションリストに自動的に追加する必要のある理由を 1 つを選択します。

  6. [Save changes] (変更の保存) をクリックします。

設定セットに応じた Amazon SES アカウントレベルのサプレッションリストの有効化

特定の 設定セットにのみ適用されるように、Amazon SES アカウントレベルのサプレッションを設定することもできます。この操作を行うと、バウンスイベントまたは苦情イベントの原因となった E メールを送信したときに設定セットを指定した場合にのみ、アドレスがサプレッションリストに追加されます。

注記

次の手順では、AWS CLI がインストール済みであるものとします。AWS CLI のインストールおよび設定の詳細については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」を参照してください。

AWS CLI を使用して設定セット用にアカウントレベルのサプレッションリストを設定するには

  • コマンドラインで以下のコマンドを入力します。

    Linux, macOS, or Unix
    aws sesv2 put-configuration-set-suppression-options \ --configuration-set-name configSet \ --suppressed-reasons BOUNCE COMPLAINT
    Windows
    aws sesv2 put-configuration-set-suppression-options ` --configuration-set-name configSet ` --suppressed-reasons BOUNCE COMPLAINT

    前の例では、configSet を、アカウントレベルのサプレッションリストを使用する設定セットの名前に置き換えます。

SES コンソールを使用して設定セットのアカウントレベルのサプレッションリストを設定するには

  1. AWS Management Console にサインインして Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Configuration] (設定)で、[Configuration sets] (設定セット) を選択します。

  3. [Configuration sets] (設定セット) で、カスタマイズサプレッションで設定する設定セットの名前を選択します。

  4. [Suppression list options] (サプレッションリストオプション) ペインで、[Edit] (編集) を選択します。

  5. [Suppression list options] (サプレッションリスト) のオプションセクションには、この設定セットによりアカウントレベルの抑制を上書きするオプションなどを含む決定セットが用意されています。設定セットレベルのサプレッションロジックマップによって、オーバーライドが組み合わさった結果が、どのように影響するのかが分かります。これらの多層オーバーライドを選択し組み合わせることで、3 つの異なるレベルの抑制を実装できます。

    1. アカウントレベルのサプレッションを使用してください。アカウントレベルの抑制を上書きしたり、設定セットレベルの抑制を実装したりしないでください。基本的に、この設定セットを使用して送信される E メールは、アカウントレベルの抑制のみを使用します。これを実行するには:

      1. [Suppression list settings] (サプレッションリストの設定) で、[Override account level settings] (アカウントレベルの設定を上書きする) ボックスのチェックを外します。

    2. 抑制は使用しないでください。設定セットレベルの抑制は有効にせずに、アカウントレベルの抑制を上書きします。この設定セットを使用して送信される E メールは、アカウントレベルの抑制を使用しないことになります。言い換えると、すべての抑制がキャンセルされます。これを実行するには:

      1. [Suppression list settings] (サプレッションリストの設定) で、[Override account level settings] (アカウントレベルの設定を上書きする) ボックスにチェックを付けます。

      2. [Suppression list] (サプレッションリスト) で、[Enabled] (有効) ボックスのチェックを外します。

    3. 設定セットレベルの抑制を使用してください。この設定セットで定義されたカスタムのサプレッションリストの設定を使用して、アカウントレベルの抑制を上書きします。この設定セットを使用して送信される E メールは、独自の抑制設定のみを使用することになり、アカウントレベルの抑制設定は無視されます。これを実行するには:

      1. [Suppression list settings] (サプレッションリストの設定) で、[Override account level settings] (アカウントレベルの設定を上書きする) ボックスにチェックを付けます。

      2. [Suppression list] (サプレッションリスト) で [Enabled] (有効) にチェックを入れます。

      3. [Specify the reason(s)...] (理由を指定) で、この設定セットで使用する抑制の理由を 1 つ選択します。

  6. [Save changes] (変更の保存) をクリックします。

Amazon SES アカウントレベルのサプレッションリストに個人の E メールアドレスを追加する

SES API v2の PutSuppressedDestination オペレーションを使用して、Amazon SES アカウントレベルのサプレッションリストに個別のアドレスを追加できます。アカウントレベルのサプレッションリストに追加できるアドレスの数に制限はありません。

注記

次の手順では、AWS CLI がインストール済みであるものとします。AWS CLI のインストールおよび設定の詳細については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」を参照してください。

AWS CLI を使用してアカウントレベルのサプレッションリストに個別のアドレスを追加するには

  • コマンドラインで以下のコマンドを入力します。

    Linux, macOS, or Unix
    aws sesv2 put-suppressed-destination \ --email-address recipient@example.com \ --reason BOUNCE
    Windows
    aws sesv2 put-suppressed-destination ` --email-address recipient@example.com ` --reason BOUNCE

    前の例で、recipient@example.com を、アカウントレベルのサプレッションリストに追加する E メールアドレスに置き換え、BOUNCE をサプレッションリストにアドレスを追加する理由に置き換えます (許容値は BOUNCECOMPLAINT)。

SES コンソールを使用してアカウントレベルのサプレッションリストに個別のアドレスを追加するには

  1. AWS Management Console にサインインして Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Configuration] (設定)で、[Suppression list] (サプレッションリスト) を選択します。

  3. [Suppression list] (サプレッションリスト) ペインで、[Add email address] (E メールアドレスの追加) を選択します。

  4. [Email address] (E メールアドレス) フィールドに E メールアドレスを入力し、[Suppression reason] (抑制の理由) で理由を選択します。さらにアドレスを入力する必要がある場合は、[Add another address] (別のアドレスを追加) を選択し、追加のアドレスごとに繰り返します。

  5. アドレスの入力が完了したら、入力内容が正確であるかを確認します。入力した一部が送信すべきではないと判断したときは、[Remove] (削除) ボタンを選択してください。

  6. 入力したメールアドレスをアカウントレベルのサプレッションリストに追加するには、[Save changes] (変更を保存) を選択します。

Amazon SES アカウントレベルのサプレッションリストに E メールアドレスを一括で追加

アドレスを一括で追加するには、最初に、連絡先リストを、Amazon S3 オブジェクトにアップロードしてから、Amazon SES API v2の CreateImportJob オペレーションを使用します。

注記

アカウントレベルのサプレッションリストに追加できるアドレスの数に制限はありませんが、API コールごとの Amazon S3 オブジェクトでのアドレス一括追加には 100,000 という制限があります。

アカウントレベルのサプレッションリストにメールアドレスを一括追加するには、次の手順を実行します。

  • アドレス一覧を CSV 形式または JSON 形式の Amazon S3 オブジェクトにアップロードします。

    住所を追加するための CSV 形式の例:

    recipient1@example.com,BOUNCE

    recipient2@example.com,COMPLAINT

    newline-delimited JSON ファイルのみがサポートされています。この形式で、各行は個別のアドレス定義を含む完全な JSON オブジェクトです。

    アドレスを追加するための JSON 形式の例:

    {"emailAddress":"recipient1@example.com","reason":"BOUNCE"}

    {"emailAddress":"recipient2@example.com","reason":"COMPLAINT"}

    前述の例では、recipient1@example.comrecipient2@example.com をアカウントレベルのサプレッションリストに追加する E メールアドレスに置き換えます。サプレッションリストにアドレスを追加する理由として受け入れられるのは、BOUNCE および COMPLAINT です。

  • Amazon S3 オブジェクトを読み込む許可を SES に与える。

    次のポリシーは、Amazon S3 バケットに適用されると、SES にそのバケットを読み込む許可を与えます。Amazon S3 バケットの添付ポリシーの詳細については、Amazon Simple Storage Service ユーザーガイド の「バケットポリシーとユーザーポリシーの使用 」を参照してください。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "AllowSESGet", "Effect": "Allow", "Principal": { "Service": "ses.amazonaws.com" }, "Action": "s3:GetObject", "Resource": "arn:aws:s3:::BUCKET-NAME/OBJECT-NAME", "Condition": { "StringEquals": { "aws:Referer": "AWSACCOUNTID" } } } ] }
  • AWS KMS キーを使用する許可を SES に与える。

    Amazon S3 オブジェクトがAWS KMS キーで暗号化されている場合、AWS KMS キーを使用する許可をAmazon SES に付与する必要があります。SES は、カスタマー管理キーからのみ許可を得ることができ、デフォルトの KMS キーからは許可を得られません。キーのポリシーにステートメントを追加することで、カスタマー管理キーを使用するための許可を SES に付与する必要があります。

    SES がカスタマー管理キーを使用できるようにするために SES に次のポリシーステートメントを貼り付けます。

    { "Sid": "AllowSESToDecrypt", "Effect": "Allow", "Principal": { "Service":"ses.amazonaws.com" }, "Action": [ "kms:Decrypt", ], "Resource": "*" }
  • CreateImportJob オペレーションを SES API v2 で使用します。

注記

次の例では、AWS CLI がインストール済みであるものとします。AWS CLIのインストールおよび設定の詳細については、『AWS Command Line Interfaceユーザーガイド』を参照してください。

コマンドラインで、以下のコマンドを入力します。s3バケット をAmazon S3 バケットの名前に置き換え、s3object をAmazon S3 オブジェクトの名前に置き換えます。

aws sesv2 create-import-job --import-destination SuppressionListDestination={SuppressionListImportAction=PUT} --import-data-source S3Url=s3://s3bucket/s3object,DataFormat=CSV

SES コンソールを使用して E メールアドレスをアカウントレベルのサプレッションリストに追加するには

  1. AWS Management Console にサインインして Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Configuration] (設定)で、[Suppression list] (サプレッションリスト) を選択します。

  3. [Suppression list] (サプレッションリスト) テーブルで、[Bulk actions] (一括アクション) ボタンを展開し、[Add email addresses in bulk] (E メールアドレスを一括で追加する) を選択します。

  4. Bulk action specifications (一括アクションの仕様) では、(a) [Choose file from S3 bucket] (S3 バケットからファイルを選択) するか (b) [Import from file] (ファイルからインポート) を選択します。

    1. S3 バケットからファイルを選択 - ソースファイルがすでに Amazon S3 バケットに保存されている場合:

      1. 使用する Amazon S3 バケットの URI が分かっている場合は、[Amazon S3 URI]フィールドに入力します。それ以外の場合は、[Browse S3] (S3 の参照) を選択します。

        1. [Buckets] (バケット) で、S3 バケットの名前を選択します。

        2. [Objects] (オブジェクト) で、ファイル名を選択し、次に [Choose] (選択)を選択します。[Bulk action specifications] (一括アクションの仕様) に戻ります 。

        3. (オプション) Amazon S3 コンソールに移動して、S3 オブジェクトの詳細を表示するには、[View] (表示) を選択します。

      2. [File format] (ファイル形式) で、Amazon S3 バケットからインポートするために選択したファイルの形式を選択します。

      3. [Add email addresses] (E メールアドレスの追加)を選択して、ファイルからのアドレスのインポートを開始します。[Bulk actions] (一括操作) タブの下にテーブルが表示されます。

    2. ファイルからのインポート - 新規または既存の Amazon S3 バケットにアップロードするローカルソースファイルがある場合:

      1. [Import source file] (ソースファイルのインポート) で、[Choose file] (ファイルの選択) を選択します。

      2. ファイルブラウザで JSON または CSV ファイルを選択し、[Open] (オープン) を選択します。ファイル名、サイズ、日付が[Choose file] (ファイルの選択) ボタンの下に表示されます。

      3. [Amazon S3 bucket] (Amazon S3 バケット) を展開し、S3 バケットを選択します。

        1. 新しいバケットにファイルをアップロードするには、[Create S3 bucket] (S3 バケットの作成) を選択し、[Bucket name] (バケット名) に名前を入力し、[Create bucket] (バケットの作成) を選択します。

      4. [Add email addresses] (E メールアドレスの追加)を選択して、ファイルからのアドレスのインポートを開始します。[Bulk actions] (一括操作) タブの下にテーブルが表示されます。

  5. 使用したインポート方法に関係なく、ジョブ ID が [Bulk actions] (一括アクション) にインポートの種類、ステータス、日付とともに一覧表示されます。ジョブの詳細を表示するには、ジョブIDを選択します。

  6. Suppression list (サプレッションリスト) タブを選択すると、正常にインポートされたすべての E メールアドレスが、抑制の理由と日付が追加されて表示されます。次のオプションを使用できます。

    1. E メールアドレスを選択するか、対応するチェックボックスを選択して[View report] (レポートの表示) をクリックして、詳細を表示します。(バウンスや苦情が原因で自動的にサプレッションリストに追加されたアドレスである場合は、トリガーイベントを生成した E メールメッセージの詳細など、追加の原因となったフィードバックイベントに関する情報が表示されます。)

    2. アカウントサプレッションリストから削除する 1 つ以上のE メールアドレスの対応するチェックボックスをオンにし、[Remove] (削除) を選択します。

Amazon SES アカウントレベルのサプレッションリストにあるアドレスの一覧表示

SES API v2の ListSuppressedDestinations オペレーションを使用して、アカウントのアカウントレベルのサプレッションリストにある E メールアドレスを一覧表示することができます。

注記

次の手順では、AWS CLI がインストール済みであるものとします。AWS CLI のインストールおよび設定の詳細については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」を参照してください。

アカウントレベルのサプレッションリストにあるすべての E メールアドレス一覧表示するには

  • コマンドラインで以下のコマンドを入力します。

    aws sesv2 list-suppressed-destinations

上記のコマンドは、アカウントのアカウントレベルのサプレッションリストにあるすべての E メールアドレスを返します。出力は以下の例のようになります。

{ "SuppressedDestinationSummaries": [ { "EmailAddress": "recipient2@example.com", "Reason": "COMPLAINT", "LastUpdateTime": "2020-04-10T21:03:05Z" }, { "EmailAddress": "recipient0@example.com", "Reason": "COMPLAINT", "LastUpdateTime": "2020-04-10T21:04:26Z" }, { "EmailAddress": "recipient1@example.com", "Reason": "BOUNCE", "LastUpdateTime": "2020-04-10T22:07:59Z" } ] }
  • 注意 — 出力に文字列値を持つ「NextToken」フィールドが含まれている場合、アカウントのサプレッションリストに追加の E メールアドレスがあることを示します。追加の抑制アドレスを表示するには、ListSuppressedDestinations へ別のリクエストを発行し、返された文字列値を以下のように --next-token パラメータに渡します :

    aws sesv2 list-suppressed-destinations --next-token string

    上記のコマンドで、[string] (文字列) を返された NextToken 値で置き換えます。

StartDate オプションを使用すると、特定の日付以降にリストに追加された E メールアドレスのみを表示できます。

特定の日付の後にアカウントレベルのサプレッションリストに追加されたアドレスを一覧表示するには

  • コマンドラインで以下のコマンドを入力します。

    aws sesv2 list-suppressed-destinations --start-date 1604394130

    上記のコマンドで、1604394130 を開始日の Unix タイムスタンプに置き換えます。

EndDate オプションを使用して、特定の日付以前にリストに追加された E メールアドレスのみを表示することもできます。

特定の日付の前にアカウントレベルのサプレッションリストに追加されたアドレスを一覧表示するには

  • コマンドラインで以下のコマンドを入力します。

    aws sesv2 list-suppressed-destinations --end-date 1611126000

    上記のコマンドで、1611126000 を終了日の Unix タイムスタンプに置き換えます。

Linux、macOS、または Unix コマンドラインで、組み込みの grep ユーティリティを使用して、特定のアドレスまたはドメインを検索することもできます。

アカウントレベルのサプレッションリストで特定のアドレスを検索するには

  • コマンドラインで以下のコマンドを入力します。

    aws sesv2 list-suppressed-destinations | grep -A2 'example.com'

    上記のコマンドで、example.com を、検索するテキストの文字列 (アドレスやドメインなど) に置き換えます。

SES コンソールを使用して、アカウントレベルのサプレッションリストにあるすべての E メールアドレス一覧表示するには

  1. AWS Management Console にサインインして Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Configuration] (設定)で、[Suppression list] (サプレッションリスト) を選択します。

  3. [Suppression list] (サプレッションリスト) ペインでは、アカウントレベルのサプレッションリストのすべての E メールアドレスに、抑制の理由と日付が追加された状態で表示されます。次のオプションを使用できます。

    1. E メールアドレスを選択するか、対応するチェックボックスを選択して[View report] (レポートの表示) をクリックして、詳細を表示します。(バウンスや苦情が原因で自動的にサプレッションリストに追加されたアドレスである場合は、トリガーイベントを生成した E メールメッセージの詳細など、追加の原因となったフィードバックイベントに関する情報が表示されます。)

    2. サプレッションリストテーブルは、歯車アイコンを選択することでカスタマイズできます。モーダルが表示され、ページサイズ、行の折り返し、および表示する列をカスタマイズできます。選択した後、 [Confirm] (確認) をクリックします。サプレッションリストテーブルには、表示の選択が反映されます。

Amazon SES アカウントレベルのサプレッションリストから E メールアドレスを一括削除する

アカウントのサプレッションリストに、入っているべきではないアドレスがある場合、SES API v2の DeleteSuppressedDestination オペレーションを使用して、アドレスを削除することができます。

注記

次の手順では、AWS CLI がインストール済みであるものとします。AWS CLI のインストールおよび設定の詳細については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」を参照してください。

AWS CLI を使用してアカウントレベルのサプレッションリストから個別のアドレスを削除するには

  • コマンドラインで以下のコマンドを入力します。

    Linux, macOS, or Unix
    aws sesv2 delete-suppressed-destination \ --email-address recipient@example.com
    Windows
    aws sesv2 delete-suppressed-destination ` --email-address recipient@example.com

    前の例で、recipient@example.com を、アカウントレベルのサプレッションリストから削除する E メールアドレスに置き換えます。

SES コンソールを使用してアカウントレベルのサプレッションリストからアドレスを削除するには

  1. AWS Management Console にサインインして Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Configuration] (設定)で、[Suppression list] (サプレッションリスト) を選択します。

  3. (a)テーブル選択または(b)入力された内容によって個別の E メールアドレスを削除します。

    1. テーブルから選択: [Suppression list] (サプレッションリスト) テーブルで、1 つ以上の E メールアドレスの対応するチェックボックスを選択し、[Remove] (削除) をクリックします。

    2. フィールドに入力:

      1. [Suppression list] (サプレッションリスト) で、[Remove email address] (E メールアドレスの削除) を選択します。

      2. [Email address] (メールアドレス) フィールドに E アドレスを入力します。さらに、アドレスを入力する必要がある場合は、[Enter another address] (別のアドレスを入力) を選択して入力し、追加のアドレスごとにこの操作を繰り返します。

      3. アドレスの入力が完了したら、入力内容が正確であるかを確認します。入力した一部が送信すべきではないと判断したときは、[Remove] (削除) ボタンを選択してください。

      4. [Save changes] (変更の保存) を選択して、入力したメールアドレスをアカウントレベルのサプレッションリストから削除します。

Amazon SES アカウントレベルのサプレッションリストから E メールアドレスを一括削除する

アドレスを一括で削除するには、最初に連絡先リストを Amazon S3 オブジェクトにアップロードしてから、SES API v2 の ListimportJobs オペレーションを使用します。

注記

アカウントレベルのサプレッションリストから削除できるアドレスの数に制限はありませんが、API コールごとの Amazon S3 オブジェクトでのアドレス一括削除には 10,000 という制限があります。

アカウントレベルのサプレッションリストからメールアドレスを一括で削除するには、次の手順を実行します。

  • アドレス一覧を CSV 形式または JSON 形式の Amazon S3 オブジェクトにアップロードします。

    アドレスを削除するCSV形式の例:

    recipient3@example.com

    newline-delimited JSON ファイルのみがサポートされています。この形式で、各行は個別のアドレス定義を含む完全な JSON オブジェクトです。

    アドレスを追加するための JSON 形式の例:

    {"emailAddress":"recipient3@example.com"}

    前述の例で、recipient3@example.com を、アカウントレベルのサプレッションリストから削除する E メールアドレスに置き換えます。

  • Amazon S3 オブジェクトを読み込む許可を SES に与える。

    次のポリシーは、Amazon S3 バケットに適用されると、SES にそのバケットを読み込む許可を与えます。Amazon S3 バケットの添付ポリシーの詳細については、Amazon Simple Storage Service ユーザーガイド の「バケットポリシーとユーザーポリシーの使用 」を参照してください。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "AllowSESGet", "Effect": "Allow", "Principal": { "Service": "ses.amazonaws.com" }, "Action": "s3:GetObject", "Resource": "arn:aws:s3:::BUCKET-NAME/OBJECT-NAME", "Condition": { "StringEquals": { "aws:Referer": "AWSACCOUNTID" } } } ] }
  • AWS KMS キーを使用する許可を SES に与える

    Amazon S3 オブジェクトがAWS KMS キーで暗号化されている場合、AWS KMS キーを使用する許可をAmazon SES に付与する必要があります。SES は、カスタマー管理キーからのみ許可を得ることができ、デフォルトの KMS キーからは許可を得られません。キーのポリシーにステートメントを追加することで、カスタマー管理キーを使用するための許可を SES に付与する必要があります。

    SES がカスタマー管理キーを使用できるようにするために SES に次のポリシーステートメントを貼り付けます。

    { "Sid": "AllowSESToDecrypt", "Effect": "Allow", "Principal": { "Service":"ses.amazonaws.com" }, "Action": [ "kms:Decrypt", ], "Resource": "*" }
  • CreateImportJob オペレーションを SES API v2 で使用します。

注記

次の例では、AWS CLI がインストール済みであるものとします。AWS CLIのインストールおよび設定の詳細については、『AWS Command Line Interfaceユーザーガイド』を参照してください。

コマンドラインで、以下のコマンドを入力します。s3バケット をAmazon S3 バケットの名前で置き換え、s3object をAmazon S3 オブジェクトの名前に置き換えます。

aws sesv2 create-import-job --import-destination SuppressionListDestination={SuppressionListImportAction=DELETE} --import-data-source S3Url="s3://s3bucket/s3object",DataFormat=CSV

Amazon SES 新しいコンソールを使用して、アカウントレベルのサプレッションリストからメールアドレスを一括で削除するには

  1. AWS Management Console にサインインして Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Configuration] (設定)で、[Suppression list] (サプレッションリスト) を選択します。

  3. [Suppression list] (サプレッションリスト) テーブルで、[Bulk actions] (一括アクション) ボタンを展開し、[Remove email addresses in bulk] (E メールアドレスを一括で削除) をクリックします。

  4. Bulk action specifications (一括アクションの仕様) では、(a) [Choose file from S3 bucket] (S3 バケットからファイルを選択) または (b) [Import from file] (ファイルからインポート) を選択します。手順は、インポート方法ごとに示されています。

    1. S3 バケットからファイルを選択 - ソースファイルがすでに Amazon S3 バケットに保存されている場合:

      1. 使用する Amazon S3 バケットの URI が分かっている場合は、[Amazon S3 URI]フィールドに入力します。それ以外の場合は、[Browse S3] (S3 の参照) を選択します。

        1. [Buckets] (バケット) で、S3 バケットの名前を選択します。

        2. [Objects] (オブジェクト) で、ファイル名を選択し、次に [Choose] (選択)を選択します。[Bulk action specifications] (一括アクションの仕様) に戻ります 。

        3. (オプション) Amazon S3 コンソールに移動して、S3 オブジェクトの詳細を表示するには、[View] (表示) を選択します。

      2. [File format] (ファイル形式) で、Amazon S3 バケットからインポートするために選択したファイルの形式を選択します。

      3. [Remove email addresses] (E メールアドレスの削除) を選択して、ファイルからのアドレスのインポートを開始します。[Bulk actions] (一括操作) タブの下にテーブルが表示されます。

    2. ファイルからのインポート - 新規または既存の Amazon S3 バケットにアップロードするローカルソースファイルがある場合:

      1. [Import source file] (ソースファイルのインポート) で、[Choose file] (ファイルの選択) を選択します。

      2. ファイルブラウザで JSON または CSV ファイルを選択し、[Open] (オープン) を選択します。ファイル名、サイズ、日付が[Choose file] (ファイルの選択) ボタンの下に表示されます。

      3. [Amazon S3 bucket] (Amazon S3 バケット) を展開し、S3 バケットを選択します。

        1. 新しいバケットにファイルをアップロードするには、[Create S3 bucket] (S3 バケットの作成) を選択し、[Bucket name] (バケット名) に名前を入力し、[Create bucket] (バケットの作成) を選択します。

      4. [Remove email addresses] (E メールアドレスの削除) を選択して、ファイルからのアドレスのインポートを開始します。[Bulk actions] (一括操作) タブの下にテーブルが表示されます。

  5. 使用したインポート方法に関係なく、ジョブ ID が [Bulk actions] (一括アクション) にインポートの種類、ステータス、日付とともに一覧表示されます。ジョブの詳細を表示するには、ジョブIDを選択します。

  6. [Suppression list] (サプレッションリスト) タブを選択し、サプレッションリストから削除された、正常にインポートされたすべての E メールアドレスが表示されなくなります。

アカウントのインポートジョブのリストの表示

Amazon SES API v2の ListImportJobs オペレーションを使用して、アカウントのアカウントレベルのサプレッションリストにある E メールアドレスを一覧表示することができます。

注記

次の手順では、AWS CLI がインストール済みであるものとします。AWS CLI のインストールおよび設定の詳細については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」を参照してください。

アカウントのすべてのインポートジョブのリストを表示するには

  • コマンドラインで以下のコマンドを入力します。

    aws sesv2 list-import-jobs

上記のコマンドは、アカウントのすべてのインポートジョブを返します。出力は以下の例のようになります。

{ "ImportJobs": [ { "CreatedTimestamp": 2020-07-31T06:06:55Z", "ImportDestination": { "SuppressionListDestination": { "SuppressionListImportAction": "PUT" } }, "JobStatus": "COMPLETED", "JobId": "755380d7-fbdb-4ed2-a9a3-06866220f5b5" }, { "CreatedTimestamp": "2020-07-30T18:45:32Z", "ImportDestination": { "SuppressionListDestination": { "SuppressionListImportAction": "DELETE" } }, "JobStatus": "COMPLETED", "JobId": "076683bd-a7ee-4a40-9754-4ad1161ba8b6" }, { "CreatedTimestamp": "2020-08-05T16:45:18Z", "ImportDestination": { "SuppressionListDestination": { "SuppressionListImportAction": "PUT" } }, "JobStatus": "COMPLETED", "JobId": "6e261869-bd30-4b33-b1f2-9e035a83a395" } ] }

SES コンソールを使用して、アカウントのすべてのインポートジョブのリストを表示するには

  1. AWS Management Console にサインインして Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Configuration] (設定)で、[Suppression list] (サプレッションリスト) を選択します。

  3. [Suppression list] (サプレッションリスト) ペインで、[Bulk actions] (一括アクション) タブを選択します。

  4. すべてのインポートジョブが、インポートタイプ、ステータス、および日付とともに [Bulk actions] (一括アクション) テーブルに一覧表示されます。

  5. ジョブの詳細を表示するには、ジョブ ID を選択すると、次のペインが表示されます。

    1. 一括アクション: ジョブの全体的なステータス、完了した日時、インポートされたレコード数、およびインポートに失敗したレコード数を示します。

    2. 一括アクション: ジョブ ID、アドレスの追加または削除に使用されたかどうか、ファイル形式が JSON または CSV かどうか、一括ファイルが格納された Amazon S3 バケットの URI、一括アクションが作成された日時を示します。

アカウントのインポートジョブに関する情報を取得する

Amazon SES API v2の GetImportJob オペレーションを使用して、アカウントのインポートジョブに関する情報を取得できます。

注記

次の手順では、AWS CLI がインストール済みであるものとします。AWS CLI のインストールおよび設定の詳細については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」を参照してください。

アカウントのインポートジョブに関する情報を取得するには

  • コマンドラインで以下のコマンドを入力します。

    aws sesv2 get-import-job --job-id JobId

前述のコマンドは、アカウントのインポートジョブに関する情報を返します。出力は以下の例のようになります。

{ "ImportDataSource": { "S3Url": "s3://bucket/object", "DataFormat": "CSV" }, "ProcessedRecordsCount": 2, "FailureInfo": { "FailedRecordsS3Url": "s3presignedurl" }, "JobStatus": "COMPLETED", "JobId": "jobid", "CreatedTimestamp": "2020-08-12T17:05:15Z", "FailedRecordsCount": 1, "ImportDestination": { "SuppressionListDestination": { "SuppressionListImportAction": "PUT" } }, "CompletedTimestamp": "2020-08-12T17:06:42Z" }

Amazon SES の新しいコンソールを使用して、アカウントのインポートジョブに関する情報を取得するには

  1. AWS Management Console にサインインして Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Configuration] (設定)で、[Suppression list] (サプレッションリスト) を選択します。

  3. [Suppression list] (サプレッションリスト) ペインで、[Bulk actions] (一括アクション) タブを選択します。

  4. すべてのインポートジョブが、インポートタイプ、ステータス、および日付とともに [Bulk actions] (一括アクション) テーブルに一覧表示されます。

  5. ジョブの詳細を表示するには、ジョブ ID を選択すると、次のペインが表示されます。

    1. 一括アクション: ジョブの全体的なステータス、完了した日時、インポートされたレコード数、およびインポートに失敗したレコード数を示します。

    2. 一括アクション: ジョブ ID、アドレスの追加または削除に使用されたかどうか、ファイル形式が JSON または CSV かどうか、一括ファイルが格納された Amazon S3 バケットの URI、一括アクションが作成された日時を示します。

Amazon SES アカウントレベルのサプレッションリストの無効化

SES API v2 の PutAccountSuppressionAttributes オペレーションを使用して、suppressed-reasons 属性から値を削除することでアカウントレベルのサプレッションリストを効果的に無効にすることができます。

注記

次の手順では、AWS CLI がインストール済みであるものとします。AWS CLI のインストールおよび設定の詳細については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」を参照してください。

AWS CLI を使用してアカウントレベルのサプレッションリストを無効にするには

  • コマンドラインで以下のコマンドを入力します。

    aws sesv2 put-account-suppression-attributes --suppressed-reasons

SES コンソールを使用してアカウントレベルのサプレッションリストを無効にするには

  1. AWS Management Console にサインインして Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Configuration] (設定)で、[Suppression list] (サプレッションリスト) を選択します。

  3. [Account-level settings] (アカウントレベルの設定) ペインで [Edit] (編集) を選択します。

  4. [Suppression list] (サプレッションリスト) で、[Enabled] (有効) ボックスのチェックを外します。

  5. [Save changes] (変更の保存) をクリックします。