Amazon SNS トピックへのサブスクライブをサブスクライブするには - Amazon Simple Notification Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SNS トピックへのサブスクライブをサブスクライブするには

に公開されたメッセージを受信するにはトピックにメッセージを送信するにはサブスクリプションエンドポイントトピックにもメッセージを送信します。エンドポイントをトピックにサブスクライブすると、エンドポイントでは、関連付けられたトピックに発行されたメッセージの受信を開始できます。

注記

HTTP (S) エンドポイント、電子メールアドレス、AWSその他のリソース AWS アカウント は、メッセージを受信する前にサブスクリプションの確認を要求します。

エンドポイントを Amazon SNS トピックにサブスクライブするには

  1. にサインインします。Amazon SNS コンソール

  2. 左のナビゲーションペインで、[Subscriptions] を選択します。

  3. [Subscriptions (サブスクリプション)] ページで [Create subscription (サブスクリプションの作成)] を選択します。

  4. [Create subscription (サブスクリプションの作成)] ページで [Details (詳細)] セクションで、以下を実行します。

    1. を使用する場合トピック ARN[] [] にトピックの Amazon リソースネーム (ARN) を選択します。

    2. を使用する場合プロトコル[] でエンドポイントタイプを選択します。使用可能なエンドポイントタイプは次のとおりです。

    3. を使用する場合エンドポイントに、エンドポイント値(E メールアドレスや Amazon SQS キューの ARN など)を入力します。

    4. Kinesis Data Firehose エンドポイントのみ: を使用する場合サブスクリプションロール ARNで、Kinesis Data Firehose 配信ストリームに書き込むために作成した IAM ロールの ARN を指定します。詳細については、「Kinesis Data Firehose 配信ストリームを Amazon SNS トピックにサブスクライブするための前提条件」を参照してください。

    5. (オプション)Kinesis Data Firehose、Amazon SQS、HTTP/S エンドポイントでは、生のメッセージ配信を有効にすることもできます。詳細については、「Amazon SNS の raw メッセージ配信」を参照してください。

    6. (オプション) フィルタポリシーを設定するには、サブスクリプションのフィルタポリシーセクションに追加します。詳細については、「Amazon SNS サブスクリプションフィルタポリシー」を参照してください。

    7. (オプション) サブスクリプションのデッドレターキューを設定するには、リドライブポリシー (デッドレターキュー)セクションに追加します。詳細については、「Amazon SNS デッドレターキュー (DLQ)」を参照してください。

    8. [Create subscription] を選択します。

      コンソールがサブスクリプションを作成し、サブスクリプションのの詳細ページで.