Amazon SNS トピックへのサブスクライブ - Amazon Simple Notification Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon SNS トピックへのサブスクライブ

トピックに発行されたメッセージを受信するには、エンドポイントをトピックにサブスクライブする必要があります。エンドポイントをトピックにサブスクライブすると、エンドポイントは関連するトピックに発行されたメッセージの受信を開始します。

注記

HTTP(S) エンドポイント、E メールアドレス、その他のAWSアカウントのAWSリソースは、メッセージを受信する前にサブスクリプションの確認を必要とします。

エンドポイントを Amazon SNS トピックにサブスクライブするには

  1. Amazon SNS コンソールにサインインします。

  2. 左のナビゲーションペインで、[Subscriptions.] を選択します。

  3. サブスクリプション] ページで [サブスクリプションの作成.] を選択する

  4. [サブスクリプションの作成] ページの [詳細] セクションで、以下の操作を行います。

    1. [トピック ARN] で、トピックの Amazon リソースネーム (ARN) を選択します。

    2. [プロトコル] で、エンドポイントタイプを選択します。 使用可能なエンドポイントタイプは次のとおりです。

    3. [エンドポイント] に、E メールアドレスや Amazon SQS キューの ARN などのエンドポイント値を入力します。

    4. Kinesis Data Firehose エンドポイントのみ: [Subscription role ARN (サブスクリプションロール ARN)] で、 IAM 配信ストリームに書き込むために作成した Kinesis Data Firehose ロールの ARN を指定します。詳細については、「」を参照してください。Kinesis Data Firehose トピックにAmazon SNS配信ストリームをサブスクライブするための前提条件.

    5. (オプション) Kinesis Data Firehose、Amazon SQS、HTTP/S エンドポイントの場合、raw メッセージ配信を有効にすることもできます。詳細については、「」を参照してください。Amazon SNS raw メッセージ配信.

    6. (オプション) フィルタポリシーを設定するには、[Subscription filter policy (サブスクリプションフィルタポリシー)] セクションを展開します。詳細については、「」を参照してください。Amazon SNS サブスクリプションフィルターポリシー.

    7. (オプション) サブスクリプションのデッドレターキューを設定するには、[Redrive ポリシー (デッドレターキュー)] セクションを展開します。詳細については、「」を参照してください。Amazon SNS デッドレターキュー (DLQs).

    8. Create subscription.] を選択します。

      コンソールでサブスクリプションが作成され、サブスクリプションの [詳細] ページが開きます。