モバイルプッシュ通知 - Amazon Simple Notification Service

モバイルプッシュ通知

Amazon SNS によって、モバイルデバイスのアプリケーションにプッシュ通知メッセージを直接送信できます。モバイルエンドポイントに送信されたプッシュ通知メッセージは、メッセージアラート、バッジ更新、または音声アラートとしてモバイルアプリケーションに表示できます。

ユーザー通知の仕組み

以下のサポートされているプッシュ通知サービスのいずれかを使用して、モバイルデバイスとデスクトップの両方にプッシュ通知メッセージを送信します。

  • Amazon Device Messaging (ADM)

  • iOS と Mac OS Xの両方向け Apple Push Notification Service (APNs)

  • Baidu Cloud Push (Baidu)

  • Firebase Cloud Messaging (FCM)

  • Windows Phone (MPNS) 用 Microsoft Push Notification Service (MPNS)

  • Windows Push Notification Services (WNS)

APN や FCM などのプッシュ通知サービスは、各アプリケーションと、サービスを使用するために登録されている関連モバイルデバイスとの接続を維持します。アプリとモバイルデバイスの登録時に、プッシュ通知サービスはデバイストークンを返します。Amazon SNS はデバイストークンを使用して、モバイルエンドポイントを作成します。ここに直接プッシュ通知メッセージを送信できます。Amazon SNS が他のプッシュ通知サービスと通信できるようにするには、プッシュ通知サービス認証情報を Amazon SNS に送信して、代理で使用できるようにします。詳細については、「ユーザー通知プロセスの概要」を参照してください。

直接プッシュ通知メッセージを送信するだけでなく、Amazon SNS を使用して、トピックにサブスクライブされているモバイルエンドポイントにメッセージを送信することもできます。このコンセプトは、「Amazon SNS とは」に説明されているように、Amazon SQS、HTTP/S、E メール、SMS などその他のエンドポイントタイプをトピックにサブスクライブするのと同じです。違いは、Amazon SNS はサブスクライブされたモバイルエンドポイントがトピックに送信されたプッシュ通知メッセージを受信するためにプッシュ通知サービスを通じて通信を行うことです。

ユーザー通知プロセスの概要

  1. サポートするモバイルプラットフォームの認証情報とデバイストークンを取得します。

  2. 認証情報を使用して、Amazon SNS でプラットフォームアプリケーションオブジェクト (PlatformApplicationArn) を作成します。詳細については、「プラットフォームエンドポイントを作成する」を参照してください。

  3. 返された認証情報を使用して、モバイルアプリケーションおよびデバイス用のトークンをモバイルプラットフォームにリクエストします。受け取ったトークンはモバイルアプリケーションおよびデバイスの識別に使用されます。

  4. デバイストークンと PlatformApplicationArn を使用し、Amazon SNS でプラットフォームエンドポイントオブジェクト (EndpointArn) を作成します。詳細については、「プラットフォームエンドポイントを作成する」を参照してください。

  5. EndpointArn を使用して、モバイルデバイスのアプリケーションにメッセージを発行します。詳細については、『Amazon Simple Notification Service API リファレンス』の「モバイルデバイスへ発行する」および「公開 API」を参照してください。