パス - AWS Step Functions

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

パス

Pass 状態 ("Type": "Pass") は、何も作業せずに入力を出力に渡します。Pass 状態は、ステートマシンを構築およびデバッグする際に便利です。

[common state fields] (共通状態フィールド) に加えて、Pass 状態では次のフィールドを使用できます。

Result (オプション)

次の状態に渡される仮想タスクの出力を参照します。をインクルードするとResultPathステートマシンの定義内のフィールドResultの指定に従って配置されます。ResultPath次の状態へと渡しました。

ResultPath (オプション)

の配置場所を指定します。出力で指定された仮想タスクの (入力に対する相対)Result。その後、入力は OutputPath フィールド (ある場合) に従ってフィルタリングされてから状態の出力に使用されます。詳細については、入力および出力処理を参照してください。

Parameters (オプション)

入力として渡されるキーと値のペアの集合を作成します。~ を指定できます。Parameters静的な値として、またはパスを使用して入力から選択してください。詳細については、「InputPath、パラメータ、 ResultSelector」を参照してください。

パス状態の例

以下の Pass 状態の例では、テストなどの目的で、ステートマシンにいくつかの固定データを挿入します。

"No-op": { "Type": "Pass", "Result": { "x-datum": 0.381018, "y-datum": 622.2269926397355 }, "ResultPath": "$.coords", "Next": "End" }

この状態の入力は以下であるとします。

{ "georefOf": "Home" }

出力は次のようになります。

{ "georefOf": "Home", "coords": { "x-datum": 0.381018, "y-datum": 622.2269926397355 } }