AWS Step Functions
開発者ガイド

Pass

Pass 状態 ("Type": "Pass") は、何も作業せずに単純に入力を出力に渡します。Pass 状態は、ステートマシンを構築およびデバッグする際に便利です。

共通状態フィールドに加えて、Pass 状態では次のフィールドを使用できます。

Result(オプション)

次の状態に渡される仮想タスクの出力として扱われ、ResultPath フィールド (ある場合) に従ってフィルタリングされます。

ResultPath(オプション)

Result で指定された仮想タスクの「出力」を配置する場所 (入力内) を指定します。その後、入力は OutputPath フィールド (ある場合) に従ってフィルタリングされてから状態の出力に使用されます。詳細については、「入力および出力処理」を参照してください。

以下の Pass 状態の例では、テストなどの目的で、ステートマシンにいくつかの固定データを挿入します。

"No-op": { "Type": "Pass", "Result": { "x-datum": 0.381018, "y-datum": 622.2269926397355 }, "ResultPath": "$.coords", "Next": "End" }

この状態の入力は以下であるとします。

{ "georefOf": "Home" }

出力は次のようになります。

{ "georefOf": "Home", "coords": { "x-datum": 0.381018, "y-datum": 622.2269926397355 } }