標準ワークフロー対 Express ワークフロー - AWS Step Functions

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

標準ワークフロー対 Express ワークフロー

ステートマシンを作成するときは、標準 (デフォルト) またはExpress といういずれかの タイプを選択できます。どちらの場合も、Amazon ステートメント言語を使用してステートマシンを定義します。ステートマシンの実行の動作は、選択したタイプによって異なります。ステートマシンが作成された後は、選択したタイプを変更することはできません。

注記

Step Functions のコンソールの外部 (任意のエディタなど) でステートマシンを定義する場合は、ステートマシン定義を拡張子を付けて保存する必要があります。asl.json

標準ワークフローは、長時間実行され、耐久性が高く、監査可能なワークフローに最適です。最長 1 年間実行でき、実行完了後 90 日以内であれば Step Functions API を使用して完全な実行履歴を取得できます。標準ワークフローは一度モデルを採用しており、指定しない限り、タスクと状態が複数回実行されることはありませんRetryASL での動作。こうすることで、 Amazon EMR クラスターのスタートや支払い処理など、非べき等アクションのオーケストレーションに適したワークフローとなります。標準ワークフローの実行は、処理された状態遷移の数に応じて課金されます。

Express ワークフローは、IoT データの取り込み、ストリーミングデータ処理と変換、モバイルアプリケーションのバックエンドなど、大容量のイベント処理ワークロードに最適です。これらのワークフローは最大 5 分間実行できます。Express ワークフローは at-least-once モデル。実行が複数回実行される可能性がある場合。これにより、入力データの変換や PUT 経由での Amazon DynamoDB での保存などのべき等アクション調整に理想的となります。Express ワークフローの実行は、実行回数、実行時間、消費されたメモリによって課金されます。

標準ワークフローと Express ワークフローは、Amazon API Gateway (大規模なフルマネージド型 API 経由) の HTTP リクエスト、および Amazon 内の 140 を超えるイベントに応答して自動的にスタートできます EventBridge。

標準ワークフローと Express ワークフロー
標準ワークフロー Express ワークフロー: 同期と非同期
最大期間 1 年. 5 分。
サポートされている実行開始レート 毎秒 2,000 以上 毎秒 100,000 以上
サポートされている状態遷移レート 1 アカウントあたり 1 秒あたり 4,000 以上 ほぼ無制限
料金表 状態移行ごとの価格設定。状態遷移は、実行のステップが完了するたびにカウントされます。 実行回数、実行時間、およびメモリ消費量によって価格設定されます。
実行履歴 実行は Step Functions API を使用して一覧表示および記述でき、コンソールから視覚的にデバッグできます。また、次の場所で検査することもできます CloudWatch ステートマシン上でのログを有効にすることでログを有効にする

無制限の実行履歴。つまり、5 分以内に生成できる限りの実行履歴エントリが保持されます。

さらに、処刑は以下で検査できます CloudWatch ステートマシン上でのログを有効にすることでログを有効にする

実行セマンティクス 一度だけのワークフロー実行。

非同期 Express ワークフロー: あるt-least-onceワークフロー実行

同期 Express ワークフロー: あるt-most-onceワークフロー実行

サービス統合 すべてのサービス統合とパターンをサポートします。 すべてのサービス統合をサポートします。
注記

エクスプレスワークフローはジョブラン (.sync) またはコールバック (.waitForTaskトークン) サービスの統合パターン。

Step Functions アクティビティ Step Functions アクティビティをサポートします。 Step Functions アクティビティをサポートしません。