InputPath, ResultPath そして OutputPath 例 - AWS Step Functions

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

InputPath, ResultPath そして OutputPath 例

Fail を除く状態にはいずれも、InputPathResultPath、または OutputPath を含むことができます。これらの状態では、JsonPathをクリックして、ワークフロー内を移動するように JSON をフィルタリングします。

また、 を使用することもできますParametersフィールドを使用して、ワークフロー内を移動するように JSON を操作します。Parameters の使用の詳細については、「InputPath、パラメータ、 ResultSelector」を参照してください。

例えば、AWS Lambda チュートリアルに示す Step Functions ステートを作成するマシンLambda の使用 関数とステートマシンから開始します。次の InputPathResultPathOutputPath が含まれるように、ステートマシンを変更します。

{ "Comment": "A Hello World example of the Amazon States Language using an AWS Lambda function", "StartAt": "HelloWorld", "States": { "HelloWorld": { "Type": "Task", "Resource": "arn:aws:lambda:us-east-1:123456789012:function:HelloFunction", "InputPath": "$.lambda", "ResultPath": "$.data.lambdaresult", "OutputPath": "$.data", "End": true } } }

次の入力を使用して実行を開始します。

{ "comment": "An input comment.", "data": { "val1": 23, "val2": 17 }, "extra": "foo", "lambda": { "who": "AWS Step Functions" } }

commentextra ノードは破棄できますが、Lambda 関数の出力を含め、data ノードに情報を保存したいと思っています。

更新されたステートマシンで、Task 状態は、タスクへの入力を処理するように変更されます。

"InputPath": "$.lambda",

ステートマシン定義のこの行によって、タスク入力は、状態入力から lambda ノードのみに制限されます。Lambda 関数は、入力として JSON オブジェクト ({"who": "AWS Step Functions"}) のみを受信します。

"ResultPath": "$.data.lambdaresult",

この ResultPath は、元のステートマシン入力の data ノードの子として、Lambda 関数の結果を lambdaresult という名前のノードに挿入するよう指示します。なぜなら、元の入力と結果に対して他の操作は行っていないからです。OutputPathでは、状態の出力には、元の入力を使った Lambda 関数の結果が含まれます。

{ "comment": "An input comment.", "data": { "val1": 23, "val2": 17, "lambdaresult": "Hello, AWS Step Functions!" }, "extra": "foo", "lambda": { "who": "AWS Step Functions" } }

しかし、目的は data ノードのみを保持し、Lambda 関数の結果を含めることです。OutputPath を使用して、状態出力に渡す前に、結合されたこの JSON をフィルタリングします。

"OutputPath": "$.data",

これにより、出力に渡される、元の入力の data ノード (例: lambdaresult によって挿入される ResultPath の子) のみ選択されます。状態出力は、次のようにフィルタリングされます。

{ "val1": 23, "val2": 17, "lambdaresult": "Hello, AWS Step Functions!" }

この Task 状態では次のようになります。

  1. InputPath では、Lambda 関数への入力から lambda ノードのみ送信します。

  2. ResultPath では、元の入力の data ノードの子として結果を挿入します。

  3. OutputPath では、data ノードのみが状態出力に渡されるように、状態入力 (現在は Lambda 関数の結果が含まれる) がフィルタリングされます。

例 を使用して元のステートマシンの入力、結果、および最終出力を操作する JsonPath

保険申請者の身元と住所を検証する次のステートマシンを考えてみましょう。

注記

完全な例を表示するには、を参照してください。Step Functions で JSON パスを使用する方法

{ "Comment": "Sample state machine to verify an applicant's ID and address", "StartAt": "Verify info", "States": { "Verify info": { "Type": "Parallel", "End": true, "Branches": [ { "StartAt": "Verify identity", "States": { "Verify identity": { "Type": "Task", "Resource": "arn:aws:states:::lambda:invoke", "Parameters": { "Payload.$": "$", "FunctionName": "arn:aws:lambda:us-east-2:111122223333:function:check-identity:$LATEST" }, "End": true } } }, { "StartAt": "Verify address", "States": { "Verify address": { "Type": "Task", "Resource": "arn:aws:states:::lambda:invoke", "Parameters": { "Payload.$": "$", "FunctionName": "arn:aws:lambda:us-east-2:111122223333:function:check-address:$LATEST" }, "End": true } } } ] } } }

次の入力を使用してこのステートマシンを実行すると、検証を実行する Lambda 関数は検証が必要なデータのみを入力として期待するため、実行は失敗します。したがって、検証する情報を含むノードを適切な JsonPath。

{ "data": { "firstname": "Jane", "lastname": "Doe", "identity": { "email": "jdoe@example.com", "ssn": "123-45-6789" }, "address": { "street": "123 Main St", "city": "Columbus", "state": "OH", "zip": "43219" }, "interests": [ { "category": "home", "type": "own", "yearBuilt": 2004 }, { "category": "boat", "type": "snowmobile", "yearBuilt": 2020 }, { "category": "auto", "type": "RV", "yearBuilt": 2015 }, ] } }

そのノードを指定するにはcheck-identityLambda 関数は使用する必要があります。InputPathフィールドに以下のように入力します。

"InputPath": "$.data.identity"

そして、そのノードを指定するにはcheck-addressLambda 関数は使用する必要があります。InputPathフィールドに以下のように入力します。

"InputPath": "$.data.address"

ここで、検証結果を元のステートマシン入力内に保存する場合は、ResultPathフィールドに以下のように入力します。

"ResultPath": "$.results"

ただし、本人確認の結果のみが必要で、元の入力を破棄する場合は、OutputPathフィールドに以下のように入力します。

"OutputPath": "$.results"

詳細については、Step Functions の入出力処理を参照してください。