Amazon Kinesis Data Streams
開発者ガイド

Amazon Kinesis Data Streams のご利用開始にあたって

このセクションの情報は、Amazon Kinesis Data Streams の使用を開始する上で役立ちます。Kinesis Data Streams を初めて利用する場合は、「Amazon Kinesis Data Streams の用語と概念」で説明されている概念と用語について理解することから始めてください。

このセクションでは、AWS Command Line Interface を使用して基本的な Amazon Kinesis Data Streams オペレーションを実行する方法を示します。Kinesis Data Streams データフローの基本原則と Kinesis data stream でのデータの入力や取得に必要なステップについて説明します。

For CLI access, you need an access key ID and secret access key. Use IAM user access keys instead of AWS アカウントのルートユーザー access keys. IAM lets you securely control access to AWS services and resources in your AWS account. For more information about creating access keys, see Understanding and Getting Your Security Credentials in the AWS General Reference.

IAM およびセキュリティキーの詳細なセットアップ手順については、「IAM ユーザーを作成する」を参照してください。

このセクションで説明する特定のコマンドは、特定の値が実行のたびに異なる場合を除き、そのまま使用します。また、例では 米国西部 (オレゴン) リージョンを使用していますが、このセクションの手順は Kinesis Data Streams がサポートされているリージョンのいずれにおいても機能します。