ステップ 2: AWS Command Line Interface (AWS CLI) のセットアップ - Amazon Kinesis Data Streams

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 2: AWS Command Line Interface (AWS CLI) のセットアップ

このステップでは、ダウンロードして設定します。AWS CLIを使用して、Flink アプリケーションの Amazon Kinesis Data Analytics で使用できます。

注記

このガイドの「使用開始」実習では、操作を実行するために、アカウントの管理者の認証情報 (adminuser) を使用していることが前提となっています。

注記

既に AWS CLI がインストールされている場合は、最新の機能を取得するためにアップグレードが必要になる場合があります。詳細については、「」を参照してください。をインストールするAWSコマンドラインインターフェイス()AWS Command Line Interfaceユーザーガイド。AWS CLI のバージョンを確認するには、次のコマンドを実行します。

aws --version

このチュートリアルの演習には、以下の AWS CLI バージョン以降が必要です。

aws-cli/1.16.63

AWS CLI をセットアップするには

  1. AWS CLI をダウンロードして設定します。手順については、の次のトピックを参照してください。AWS Command Line Interfaceユーザーガイド:

  2. AWS CLI 設定ファイルで管理者ユーザー用の名前付きプロファイルを追加します。AWS CLI コマンドを実行するときに、このプロファイルを使用します。名前付きプロファイルの詳細については、「」を参照してください。名前付きプロファイル()AWS Command Line Interfaceユーザーガイド

    [profile adminuser] aws_access_key_id = adminuser access key ID aws_secret_access_key = adminuser secret access key region = aws-region

    利用できるのリストについては、AWSリージョン、」AWSのリージョンとエンドポイント()Amazon Web Services 全般リファレンス

  3. コマンドプロンプトで以下のヘルプコマンドを入力して、セットアップを確認します。

    aws help

設定した後、AWSアカウントとAWS CLI次の演習を行ってください。この演習では、サンプルアプリケーションを設定し、エンドツーエンドのセットアップをテストします。

次のステップ

ステップ 3: Flink アプリケーションの Kinesis Data Analytics の作成と実行