Amazon Kinesis Data Streams
開発者ガイド

ストリームの作成と管理

次の例では、Amazon Kinesis Data Streams API について説明し、AWS SDK for Java を使用して Kinesis data stream を作成、削除、および操作する方法を示します。

この章で紹介する Java サンプルコードは、基本的な Kinesis Data Streams API オペレーションを実行する方法を示しており、オペレーションタイプ別に論理的に分割されています。これらのサンプルは、すべての例外を確認しているわけではなく、すべてのセキュリティやパフォーマンスの側面を考慮しているわけでもない点で、本稼働環境に使用できるコードを表すものではありません。また、他のプログラミング言語を使用して Kinesis Data Streams API を呼び出すこともできます。利用可能なすべての AWS SDK の詳細については、「アマゾン ウェブ サービスを使用した開発の開始」を参照してください。