Oracle Linux インスタンスに SSM Agent を手動でインストールする - AWS Systems Manager

Oracle Linux インスタンスに SSM Agent を手動でインストールする

AWS が提供する Oracle Linux 用 Amazon Machine Images (AMIs) には、デフォルトでは AWS Systems Manager エージェント (SSM Agent) がプリインストールされていません。エージェントがプリインストールされている可能性のある AWS マネージド AMIs のリストについては、「SSM Agent がプリインストールされた Amazon Machine Images (AMIs)」を参照してください。

このセクションの情報に従って、Oracle Linux インスタンスに SSM Agent を手動でインストールまたは再インストールできます。

開始する前に

Oracle Linux インスタンスに SSM Agent をインストールする前に、次の点に注意してください。

  • すべての Linux ベースのオペレーティングシステムに SSM Agent をインストールする際に適用される重要な情報については、「Linux 用 EC2 インスタンスに手動で SSM Agent をインストールする」を参照してください。

  • SSM ドキュメント yum を使用してエージェントがインストールまたは更新された後、マネージドノードで SSM Agent コマンドを使用して AWS-UpdateSSMAgent を更新する場合、「警告: RPMDB が yum 外で変更されました」 というメッセージが表示されることがあります。このメッセージは正常であり、無視してもかまいません。

Oracle Linux の SSM Agent 用クイックインストールコマンド

次のステップに従って、シングルインスタンスに SSM Agent を手動でインストールします。この手順では、グローバルに利用可能なインストールファイルを使用します。

クイックコピーアンドペーストコマンドを使用して Oracle Linux に SSM Agent をインストールするには

  1. SSH など、任意の方法を使用して Oracle Linux インスタンスに接続します。

  2. 次のコマンドをコピーして、インスタンスで実行します。

    注記

    次のコマンドの URL には ec2-downloads-windows ディレクトリが含まれていますが、これらは Oracle Linux 用の正しいグローバルインストールファイルです。

    x86_64
    sudo yum install -y https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/linux_amd64/amazon-ssm-agent.rpm
  3. (推奨事項) エージェントが実行されていることを確認するには、次のコマンドを実行します。

    sudo systemctl status amazon-ssm-agent

    ほとんどの場合、次の例に示されているように、コマンドは、エージェントが実行中であることを報告します。

    amazon-ssm-agent.service - amazon-ssm-agent
    Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/amazon-ssm-agent.service; enabled; vendor preset: enabled)
    Active: active (running) since Wed 2021-10-20 19:09:29 UTC; 4min 6s ago
                --truncated--

    まれに、次の例に示されているように、コマンドは、エージェントがインストールされているにも関わらず実行されていないことを報告します。

    amazon-ssm-agent.service - amazon-ssm-agent
    Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/amazon-ssm-agent.service; enabled; vendor preset: enabled)
    Active: inactive (dead) since Wed 2021-10-20 22:16:41 UTC; 18s ago
                --truncated--

    このような場合、エージェントをアクティブ化するには、次のコマンドを実行します。

    sudo systemctl enable amazon-ssm-agent
    sudo systemctl start amazon-ssm-agent

ユーザーのリージョンで Oracle Linux 用のカスタムエージェントインストールコマンドを作成する

スクリプトまたはテンプレートを使用する複数のインスタンスで SSM Agent をインストールする場合は、作業中の AWS リージョン に保存されているインストールファイルを使用することをお勧めします。

次のコマンドでは、米国東部 (オハイオ) リージョン (us-east-2) でパブリックアクセス可能な Amazon S3 バケットを使用する例を示します。

ヒント

このトピックで前述した手順 Oracle Linux の SSM Agent 用クイックインストールコマンド のグローバル URLは、構築したカスタムリージョン URL に置き換えることもできます。

次のコマンドで、[Region] (リージョン) をユーザー自身の情報に置き換えます。サポートされている region 値の一覧については、アマゾン ウェブ サービスの全般リファレンスの「Systems Manager サービスエンドポイント」にある Region 列を参照してください。

x86_64
sudo yum install -y https://s3.region.amazonaws.com/amazon-ssm-region/latest/linux_amd64/amazon-ssm-agent.rpm

次の例を参照してください。

sudo yum install -y https://s3.us-east-2.amazonaws.com/amazon-ssm-us-east-2/latest/linux_amd64/amazon-ssm-agent.rpm