AWS Systems Manager とは - AWS Systems Manager

AWS Systems Manager とは

AWS Systems Manager (旧称 SSM) は、AWS でインフラストラクチャを表示および制御するために使用できる AWS のサービスです。Systems Manager コンソールを使用すると、複数の AWS サービスからの運用データを表示させ AWS リソース全体の運用タスクを自動化できます。Systems Manager は、マネージドインスタンス をスキャンし、検出されたポリシー違反を報告(または是正措置を講じる)して、セキュリティとコンプライアンスを維持することができます。

マネージドインスタンスとは、Systems Manager 用に設定されたマシンです。Systems Manager は、マネージドインスタンスを設定して維持するのにも役立ちます。サポートされているマシンタイプには、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス、オンプレミスサーバー、仮想マシン (VM) など (その他のクラウド環境の VM を含む) があります。サポートされているオペレーティングシステムのタイプには、Windows Server、macOS、Raspberry Pi OS (旧称: Raspbian)、複数の Linux ディストリビューションなどがあります。

Systems Manager を使用すると、同じ識別リソースタグをそれぞれに適用することで AWS リソースを関連付けることができます。これで、このようなリソースのオペレーションデータをリソースグループとして表示し、モニタリングおよびトラブルシューティングすることができます。

例えば、リソースタグ「Operation=Standard OS Patching」を次のリソースに割り当てることができます。

  • Amazon EC2 インスタンスのグループ

  • 独自の施設内のオンプレミスサーバーのグループ

  • マネージドインスタンスに適用するパッチを指定する Systems Manager パッチベースライン

  • パッチオペレーションのログ出力を保存する Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケット

  • パッチ適用オペレーションのスケジュールを指定する Systems Manager のメンテナンスウィンドウ

リソースをタグ付けしたら、Standard OS Patching オペレーションでのパッチ適用オペレーションの一部であるすべてのリソースのステータスを報告する Systems Manager の統合ダッシュボードを表示できます。これらのリソースのいずれかで問題が発生した場合は、ただちに是正措置を取ることができます。

Systems Manager の機能

Systems Manager は、個々の機能で構成されます。これらは、オペレーション管理アプリケーション管理管理の変更ノード管理共有リソースの 5 つのカテゴリにグループ化されています。

この機能のコレクションは、多数のオペレーションタスクを実行するために使用できる強力なツールと機能のセットです。以下に例を示します。

  • アプリケーション、環境、リージョン、プロジェクト、キャンペーン、ビジネスユニット、ソフトウェアライフサイクルなど、選択した目的やアクティビティごとに AWS リソースをグループ化します。

  • マネージドインスタンスの設定オプションとポリシーを一元的に定義します。

  • AWS リソースに関連する運用作業項目を一元的に表示、調査、および解決します。

  • さまざまなメンテナンスおよびデプロイタスクを自動化またはスケジュールします。

  • マネージドインスタンスで実行するアクションを定義するランブックスタイルの SSM ドキュメントを使用して作成します。

  • レートとエラー制御を使用して、マネージドインスタンスのフリート全体を対象とするコマンドを実行します。

  • ワンクリックでマネージドインスタンスに安全に接続できます。受信ポートを開いたり SSH キーを管理したりする必要はありません。

  • 暗号化の有無にかかわらず、パラメータを使用してシークレットと設定データをコードから分離してから、他の AWS サービスからそれらのパラメータを参照します。

  • Amazon EC2 およびオンプレミスのマネージドインスタンスに関するメタデータを収集して、自動インベントリを実行します。メタデータには、アプリケーション、ネットワーク設定などに関する情報を含めることができます。

  • 管理している複数の AWS リージョン および AWS アカウント の統合されたインベントリデータを表示します。

  • アカウントでコンプライアンス違反しているリソースを確認し、一元化されたダッシュボードから修正作業を行います。

  • AWS リソースのメトリクスとアラームのアクティブな概要を表示します。

Systems Manager により、リソースとアプリケーションの管理が簡略化され、運用上の問題の検出と解決までにかかる時間が短縮されるほか、大規模な AWS インフラストラクチャの安全な運用と管理を簡単に行うことができるようになります。

注記

AWS Systems Manager は、以前は Amazon Simple Systems Manager (SSM) および Amazon EC2 Systems Manager (SSM) と呼ばれていました。詳細については、「Systems Manager サービス名履歴」を参照してください。

動画: AWS Systems Manager とは?

Systems Manager の動画紹介を見る (所要時間: 1:42)

アマゾン ウェブ サービス のその他の動画は Amazon Web Services YouTube チャンネルをご覧ください。

Systems Manager のサポート AWS リージョン

Systems Manager は、アマゾン ウェブ サービス全般リファレンスの「Systems Manager サービスエンドポイント」に記載されている AWS リージョン で利用できます。Systems Manager 設定プロセスを開始する前に、使用する各 AWS リージョン でサービスが利用可能かどうか確認することをお勧めします。

ハイブリッド環境のオンプレミスサーバーと VM では、データセンターまたはコンピューティング環境に最も近いリージョンを選択することをお勧めします。

Systems Manager の料金

一部の Systems Manager の機能は有料です。詳細については、AWS Systems Manager 料金を参照してください。

Systems Manager サービス名履歴

Systems Manager は、以前は 「Amazon Simple Systems Manager (SSM)」 および 「Amazon EC2 Systems Manager (SSM)」 でした。サービスの元の省略名「SSM」は、他のいくつかのサービスコンソールを含むさまざまな AWS リソースにまだ反映されています。例:

  • Systems Manager Agent: SSM Agent

  • Systems Manager パラメータ: SSM パラメータ

  • Systems Manager サービスのエンドポイント: ssm.us-east-2.amazonaws.com

  • AWS CloudFormation リソースタイプ: AWS::SSM::Document

  • AWS Config ルール識別子: EC2_INSTANCE_MANAGED_BY_SSM

  • AWS Command Line Interface (AWS CLI) コマンド: aws ssm describe-patch-baselines

  • AWS Identity and Access Management (IAM) 管理ポリシー名: AmazonSSMReadOnlyAccess

  • Systems Manager リソース ARN: arn:aws:ssm:us-east-2:111222333444:patchbaseline/pb-07d8884178EXAMPLE

関連する API リファレンス

関連情報

  • 以下のリソースは、Systems Manager を直接使用する場合に役立ちます。

    このサービスを利用する際に役立つ関連リソースは以下の通りです。

    • クラスとワークショップ - AWS のスキルを磨き、実践的な経験が得られる、職務別の特別コースとセルフペースラボへのリンクです。

    • AWS デベロッパーツール - AWS アプリケーションの開発と管理のためのデベロッパーツール、SDK、IDE ツールキット、およびコマンドラインツールへのリンクです。

    • AWS ホワイトペーパー - アーキテクチャ、セキュリティ、エコノミクスなどのトピックをカバーし、AWS のソリューションアーキテクトや他の技術エキスパートによって書かれた、技術的な AWS ホワイトペーパーの包括的なリストへのリンクです。

    • AWS Support センター - AWS Support のケースを作成して管理するためのハブです。フォーラム、技術上のよくある質問、サービス状態ステータス、AWS Trusted Advisor など、他の役立つリソースへのリンクも含まれています。

    • AWS Support - AWS Support に関する情報のメインウェブページです。クラウド上のアプリケーションの構築および実行を支援するために 1 対 1 での迅速な対応を行うサポートチャネルとして機能します。

    • お問い合わせ - AWS の請求、アカウント、イベント、不正使用、その他の問題などに関するお問い合わせの受付窓口です。

    • AWS サイトの利用規約 - 当社の著作権、商標、お客様のアカウント、ライセンス、サイトへのアクセス、およびその他のトピックに関する詳細情報です。