GitHub からのスクリプトの実行 - AWS Systems Manager

GitHub からのスクリプトの実行

このトピックでは、Ansoft Playbooks、Python、Ruby、および PowerShell スクリプトなどの、GitHub からスクリプトをダウンロードするための事前定義された Systems Manager ドキュメント (SSM ドキュメント) AWS-RunRemoteScript の使用方法について説明します。この SSM ドキュメントを使用することで、スクリプトを手動で Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) にポートしたり、SSM ドキュメントにラップしたりする必要はなくなりました。AWS Systems Manager と GitHub との統合により、Infrastructure as Code (コードとしてのインフラストラクチャ)が促進され、フリート全体の構成を標準化しながらインスタンスを管理する時間が短縮されます。

リモートの場所からスクリプトやその他の SSM ドキュメントをダウンロードして実行できる、カスタム SSM ドキュメントを作成することもできます。詳細については、「」を参照してください複合ドキュメントの作成

複数のスクリプトを含むディレクトリをダウンロードすることもできます。ディレクトリ内でプライマリスクリプトを実行すると、AWS はディレクトリに含まれている参照されるスクリプトも実行します。

GitHub からのスクリプトの実行に関する以下の重要な詳細をメモします。

  • Systems Manager は、スクリプトがインスタンスで実行できるかどうかを検証しません。スクリプトをダウンロードして実行する前に、必要なソフトウェアがインスタンスにインストールされていることを確認してください。または、AWS Systems Manager の機能である Run Command または State Manager のいずれかを使用してソフトウェアをインストールした複合ドキュメントを作成し、スクリプトをダウンロードして実行することもできます。

  • お客様には、すべての GitHub 要件が満たされていることを確認する責任があります。これには、必要に応じてアクセストークンを更新することが含まれます。また、認証されたリクエストまたは認証されていないリクエストの数が超過しないようにしてください。詳細については、GitHub のドキュメントを参照してください。