AWS Systems Manager
ユーザーガイド

ドキュメントバージョンパラメータを使用するコマンドの送信

document-version パラメータを使用して、コマンドの実行時に使用する SSM ドキュメントのバージョンを指定できます。このパラメータに指定できるオプションは以下のとおりです。

  • $DEFAULT

  • $LATEST

  • バージョン番号

AWS CLI を使用してコマンドを実行する場合は、バックスラッシュを使用して最初の 2 つのオプションをエスケープする必要があります。バージョン番号を指定する場合は、バックスラッシュを使用する必要はありません。以下に例を示します。

--document-version "\$DEFAULT"

--document-version "\$LATEST"

--document-version "3"

AWS CLI で document-version パラメータを使用するコマンドを実行するには、次の手順に従います。

AWS CLI を使用してコマンドを実行します。

  1. まだ AWS CLI をインストールして設定していない場合は、インストールして設定します。

    詳細については、「AWS CLI をインストールまたはアップグレードするには:」を参照してください。

  2. 利用可能なすべてのドキュメントを表示します。

    このコマンドでは、IAM アクセス許可に基づいて、アカウントで利用可能なすべてのドキュメントが表示されます。コマンドは Linux と Windows のドキュメントのリストを返します。

    aws ssm list-documents
  3. ドキュメントのバージョンを一覧表示するには、次のコマンドを使用します。

    aws ssm list-document-versions --name "document name"
  4. SSM ドキュメントバージョンを使用するコマンドを実行するには、次のコマンドを使用します。

    aws ssm send-command --document-name "AWS-RunShellScript" --parameters commands="echo Hello",executionTimeout=3600 --instance-ids instance-ID --endpoint-url "https://us-east-2.amazonaws.com" --region "us-east-2" --document-version "\$DEFAULT, \$LATEST, or a version number"