ステップ 5: ハイブリッド環境に SSM エージェント をインストールする (Linux) - AWS Systems Manager

ステップ 5: ハイブリッド環境に SSM エージェント をインストールする (Linux)

このトピックでは、ハイブリッド環境の Linux マシンに SSM エージェント をインストールする方法について説明します。ハイブリッド環境で Windows Server マシンを使用する場合は、前のステップ「 ステップ 6: ハイブリッド環境に SSM エージェント をインストールする (Windows)」を参照してください。

重要

この手順では、オンプレミス環境やハイブリッド環境のサーバーおよび仮想マシン (VM) を対象としています。Linux の EC2 インスタンスに SSM エージェント をダウンロードしてインストールするには、Linux の EC2 インスタンスで SSM エージェント をインストールして設定する を参照してください。

開始する前に、ステップ 4: ハイブリッド環境のマネージドインスタンスのアクティベーションを作成する でマネージドインスタンスのアクティベーションを先ほど完了した後に送信されたアクティベーションコードとアクティベーション ID を見つけます。このコードと ID を次の手順で指定します。

以下のスクリプトの URL では、すべての AWS リージョンから SSM エージェント をダウンロードできます。特定のリージョンからエージェントをダウンロードする場合は、オペレーティングシステムの URL をコピーし、region を適切な値に置き換えます。

リージョンは、AWS Systems Manager によってサポートされている AWS リージョンの ID (例: 米国東部 (オハイオ) リージョン の場合は us-east-2) を表します。サポートされるリージョンのリストについては、「アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンスの「Systems Manager サービスエンドポイント」」のリージョン列を参照してください。

たとえば、米国西部 (北カリフォルニア) リージョン (us-west-1) から Amazon Linux、RHEL、CentOS、および SLES 64 ビット用の SSM エージェント をダウンロードするには、次の URL を使用します。

https://s3.us-west-1.amazonaws.com/amazon-ssm-us-west-1/latest/linux_amd64/amazon-ssm-agent.rpm
Amazon Linux 2, Amazon Linux, RHEL, Oracle Linux, CentOS, and SLES
  • Intel 64-bit (x86_64)

    https://s3.region.amazonaws.com/amazon-ssm-region/latest/linux_amd64/amazon-ssm-agent.rpm

  • Intel 32-bit (x86)

    https://s3.region.amazonaws.com/amazon-ssm-region/latest/linux_386/amazon-ssm-agent.rpm

  • ARM 64-bit (arm64)

    https://s3.region.amazonaws.com/amazon-ssm-region/latest/linux_arm64/amazon-ssm-agent.rpm

Ubuntu Server
  • Intel 64-bit (x86_64)

    https://s3.region.amazonaws.com/amazon-ssm-region/latest/debian_amd64/amazon-ssm-agent.deb

  • Intel 32-bit (x86)

    https://s3.region.amazonaws.com/amazon-ssm-region/latest/debian_386/amazon-ssm-agent.deb

Debian サーバー
  • Intel 64-bit (x86_64)

    https://s3.region.amazonaws.com/amazon-ssm-region/latest/debian_amd64/amazon-ssm-agent.deb

Raspbian
  • https://s3.region.amazonaws.com/amazon-ssm-region/latest/debian_arm/amazon-ssm-agent.deb

ハイブリッド環境のサーバーおよび VM に SSM エージェント をインストールするには

  1. ハイブリッド環境のサーバーまたは VM にログオンします。

  2. SSH に以下のコマンドブロックをコピーアンドペーストします。プレースホルダー値の代わりに、マネージドインスタンスのアクティベーションの作成時に生成されたアクティベーションコードとアクティベーション ID、および SSM エージェント のダウンロード元の AWS リージョンの識別子を入力し、Enter を押します。

    root ユーザーの場合は sudo が必要です。

    リージョンは、AWS Systems Manager によってサポートされている AWS リージョンの ID (例: 米国東部 (オハイオ) リージョン の場合は us-east-2) を表します。サポートされるリージョンのリストについては、「アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンスの「Systems Manager サービスエンドポイント」」のリージョン列を参照してください。

mkdir /tmp/ssm curl https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/linux_amd64/amazon-ssm-agent.rpm -o /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.rpm sudo yum install -y /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.rpm sudo stop amazon-ssm-agent sudo amazon-ssm-agent -register -code "activation-code" -id "activation-id" -region "region" sudo start amazon-ssm-agent
mkdir /tmp/ssm curl https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/linux_amd64/amazon-ssm-agent.rpm -o /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.rpm sudo yum install -y /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.rpm sudo systemctl stop amazon-ssm-agent sudo amazon-ssm-agent -register -code "activation-code" -id "activation-id" -region "region" sudo systemctl start amazon-ssm-agent
mkdir /tmp/ssm curl https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/linux_amd64/amazon-ssm-agent.rpm -o /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.rpm sudo dnf install -y /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.rpm sudo systemctl stop amazon-ssm-agent sudo amazon-ssm-agent -register -code "activation-code" -id "activation-id" -region "region" sudo systemctl start amazon-ssm-agent
mkdir /tmp/ssm wget https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/debian_amd64/amazon-ssm-agent.deb -O /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.deb sudo dpkg -i /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.deb sudo service amazon-ssm-agent stop sudo amazon-ssm-agent -register -code "activation-code" -id "activation-id" -region "region" sudo service amazon-ssm-agent start
mkdir /tmp/ssm sudo curl https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/debian_arm/amazon-ssm-agent.deb -o /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.deb sudo dpkg -i /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.deb sudo service amazon-ssm-agent stop sudo amazon-ssm-agent -register -code "activation-code" -id "activation-id" -region "region" sudo service amazon-ssm-agent start
mkdir /tmp/ssm sudo wget https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/linux_amd64/amazon-ssm-agent.rpm sudo rpm --install amazon-ssm-agent.rpm sudo systemctl stop amazon-ssm-agent sudo amazon-ssm-agent -register -code "activation-code" -id "activation-id" -region "region" sudo systemctl enable amazon-ssm-agent sudo systemctl start amazon-ssm-agent
  • .deb パッケージを使用

    mkdir /tmp/ssm curl https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/debian_amd64/amazon-ssm-agent.deb -o /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.deb sudo dpkg -i /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.deb sudo service amazon-ssm-agent stop sudo amazon-ssm-agent -register -code "activation-code" -id "activation-id" -region "region" sudo service amazon-ssm-agent start
  • スナップパッケージを使用

    ダウンロードの URL を指定する必要はありません。snap コマンドでは、エージェントが Snap アプリストア https://snapcraft.io から自動的にダウンロードされます。

    sudo snap install amazon-ssm-agent --classic sudo systemctl stop snap.amazon-ssm-agent.amazon-ssm-agent.service sudo /snap/amazon-ssm-agent/current/amazon-ssm-agent -register -code "activation-code" -id "activation-id" -region "region" sudo systemctl start snap.amazon-ssm-agent.amazon-ssm-agent.service
    重要

    Snap ストアの候補チャンネルには、安定したチャンネルではなく、SSM エージェント の最新バージョンが含まれています。候補チャンネルの SSM エージェント バージョン情報を追跡する場合は、Ubuntu Server 18.04 および 16.04 LTS 64 ビットインスタンスで次のコマンドを実行します。

    sudo snap switch --channel=candidate amazon-ssm-agent
注記

SSM エージェント のエラーログに次のエラーが表示された場合、マシン ID は再起動後に保持されていません。

Unable to load instance associations, unable to retrieve associations unable to retrieve associations error occurred in RequestManagedInstanceRoleToken: MachineFingerprintDoesNotMatch: Fingerprint does not match

再起動後にマシン ID を保持するには、次のコマンドを実行します。

umount /etc/machine-id systemd-machine-id-setup

このコマンドでは、ハイブリッド環境のサーバーまたは VM に SSM エージェント をダウンロードしてインストールします。コマンドでは、SSM エージェント を停止してから、サーバーまたは VM を SSM サービスに登録します。これで、サーバーまたは VM はマネージドインスタンスになりました。Systems Manager に設定されている EC2 インスタンスも、マネージドインスタンスです。ただし、Systems Manager コンソールでは、オンプレミスインスタンスは、プレフィックス「mi-」が付いている EC2 インスタンスとは区別されます。

注記

マネージドインスタンスの登録を解除するには、AWS CLI または Tools for Windows PowerShell のいずれかから DeregisterManagedInstance API アクションを呼び出します。以下に CLI コマンドの例を示します。

aws ssm deregister-managed-instance --instance-id "mi-1234567890"

ステップ 6: ハイブリッド環境に SSM エージェント をインストールする (Windows)」に進んでください。