AWS Systems Manager
ユーザーガイド

Linux ハイブリッド環境のサーバーおよび仮想マシンに SSM エージェント をインストールする

開始する前に、マネージドインスタンスのアクティベーションを完了した後に送信されたアクティベーションコードとアクティベーション ID を見つけます。このコードと ID を次の手順で指定します。

重要

この手順では、オンプレミス環境やハイブリッド環境のサーバーおよび仮想マシン (VM) を対象としています。Amazon EC2 Linux インスタンスに SSM エージェント をダウンロードしてインストールするには、「Amazon EC2 Linux インスタンスで SSM エージェント をインストールし設定する」を参照してください。

以下のスクリプトの URL では、すべての AWS リージョンから SSM エージェント をダウンロードできます。特定のリージョンからエージェントをダウンロードする場合は、オペレーティングシステムの URL をコピーし、region を適切な値に置き換えます。

リージョンは、AWS Systems Manager によってサポートされている AWS リージョンのリージョン ID (例: US East (Ohio) Region の場合は us-east-2) を表します。サポートされているリージョンのリストについては、AWS General ReferenceAWS Systems Manager リージョンとエンドポイントの表リージョン列を参照してください。

たとえば、US West (N. California) Region (us-west-1) から Amazon Linux、RHEL、CentOS、および SLES 64 ビット用の SSM エージェント をダウンロードするには、次の URL を使用します。

https://s3.us-west-1.amazonaws.com/amazon-ssm-us-west-1/latest/linux_amd64/amazon-ssm-agent.rpm
  • Amazon Linux、RHEL、CentOS、SLES 64 ビット

    https://s3.region.amazonaws.com/amazon-ssm-region/latest/linux_amd64/amazon-ssm-agent.rpm

  • Amazon Linux、RHEL、および CentOS 32 ビット

    https://s3.region.amazonaws.com/amazon-ssm-region/latest/linux_386/amazon-ssm-agent.rpm

  • Ubuntu Server 64 ビット

    https://s3.region.amazonaws.com/amazon-ssm-region/latest/debian_amd64/amazon-ssm-agent.deb

  • Ubuntu Server 32 ビット

    https://s3.region.amazonaws.com/amazon-ssm-region/latest/debian_386/amazon-ssm-agent.deb

  • Raspbian

    https://s3.region.amazonaws.com/amazon-ssm-region/latest/debian_arm/amazon-ssm-agent.deb

ハイブリッド環境のサーバーおよび VM に SSM エージェント をインストールするには

  1. ハイブリッド環境のサーバーまたは VM にログオンします。

  2. SSH に以下のコマンドブロックをコピーアンドペーストします。プレースホルダ値の代わりに、マネージドインスタンスのアクティベーションの作成時に生成されたアクティベーションコードとアクティベーション ID、および SSM エージェント のダウンロード元の AWS リージョンの識別子を入力します。

    root ユーザーの場合は sudo が必要です。

    リージョンは、AWS Systems Manager によってサポートされている AWS リージョンのリージョン ID (例: US East (Ohio) Region の場合は us-east-2) を表します。サポートされているリージョンのリストについては、AWS General ReferenceAWS Systems Manager リージョンとエンドポイントの表リージョン列を参照してください。

    Amazon Linux、RHEL 6.x、CentOS 6.x の場合

    mkdir /tmp/ssm curl https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/linux_amd64/amazon-ssm-agent.rpm -o /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.rpm sudo yum install -y /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.rpm sudo stop amazon-ssm-agent sudo amazon-ssm-agent -register -code "activation-code" -id "activation-id" -region "region" sudo start amazon-ssm-agent

    RHEL 7.x および CentOS 7.x の場合

    mkdir /tmp/ssm curl https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/linux_amd64/amazon-ssm-agent.rpm -o /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.rpm sudo yum install -y /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.rpm sudo systemctl stop amazon-ssm-agent sudo amazon-ssm-agent -register -code "activation-code" -id "activation-id" -region "region" sudo systemctl start amazon-ssm-agent

    SLES の場合

    mkdir /tmp/ssm sudo wget https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/linux_amd64/amazon-ssm-agent.rpm sudo rpm --install amazon-ssm-agent.rpm sudo systemctl stop amazon-ssm-agent sudo amazon-ssm-agent -register -code "activation-code" -id "activation-id" -region "region" sudo systemctl enable amazon-ssm-agent sudo systemctl start amazon-ssm-agent

    Ubuntu 上

    mkdir /tmp/ssm curl https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/debian_amd64/amazon-ssm-agent.deb -o /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.deb sudo dpkg -i /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.deb sudo service amazon-ssm-agent stop sudo amazon-ssm-agent -register -code "activation-code" -id "activation-id" -region "region" sudo service amazon-ssm-agent start

    Raspbian 上

    mkdir /tmp/ssm sudo curl https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/debian_arm/amazon-ssm-agent.deb -o /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.deb sudo dpkg -i /tmp/ssm/amazon-ssm-agent.deb sudo service amazon-ssm-agent stop sudo amazon-ssm-agent -register -code "activation-code" -id "activation-id" -region "region" sudo service amazon-ssm-agent start

    注記

    SSM エージェント のエラーログに次のエラーが表示された場合、マシン ID は再起動後に保持されていません。

    Unable to load instance associations, unable to retrieve associations unable to retrieve associations error occurred in RequestManagedInstanceRoleToken: MachineFingerprintDoesNotMatch: Fingerprint does not match

    再起動後にマシン ID を保持するには、次のコマンドを実行します。

    umount /etc/machine-id systemd-machine-id-setup
  3. Enter キーを押します。

このコマンドでは、ハイブリッド環境のサーバーまたは VM に SSM エージェント をダウンロードしてインストールします。コマンドでは、SSM エージェント を停止してから、サーバーまたは VM を SSM サービスに登録します。これで、サーバーまたは VM はマネージドインスタンスになりました。Systems Manager 用に設定されている Amazon EC2 インスタンスも、マネージドインスタンスです。ただし、Amazon EC2 コンソールにおいて、オンプレミスインスタンスは、プレフィックス ("mi-") 付きの Amazon EC2 インスタンスとは区別して表示されます。