関連付けの作成 - AWS Systems Manager

関連付けの作成

AWS Systems Manager の一機能である State Manager は、AWS リソースを定義された状態に保ち、設定のずれを軽減するのに役立ちます。これを行うために、State Manager は関連付けを使用します。関連付けとは、AWS リソースに割り当てる設定です。この設定では、リソースで維持したい状態を定義します。例えば、関連付けでは、アンチウイルスソフトウェアがマネージドノードにインストールされて実行されている必要があることや、特定のポートを閉じる必要があることなどを指定できます。

関連付けでは、設定を適用するスケジュールと、関連付けのターゲットを指定します。例えば、アンチウイルスソフトウェアに関する関連付けが AWS アカウントのすべてのマネージドノードで 1 日に 1 回実行されるとします。ソフトウェアがノードにインストールされていない場合、関連付けによって State Manager にインストールするように指示することができます。ソフトウェアがインストールされていてもサービスが実行されていない場合、関連付けによって State Manager にサービスを開始するように指示することができます。

次の手順では、Command または Policy ドキュメントを使用してマネージドノードをターゲットとする関連付けを作成する方法について説明します。Automation ランブックを使用してノードまたは他のタイプの AWS リソースをターゲットにする関連付けを作成する方法については、「State Manager を使用したトリガーによるオートメーションの実行」を参照してください。

開始する前に

関連付けを作成するときは、関連付けのスケジュールを指定するか、関連付けを直ちに実行するかのいずれかができます。スケジュールを指定する場合は、cron 式または rate 式の形式でスケジュールを入力する必要があります。cron 式と rate 式の詳細については、「リファレンス: Systems Manager の Cron 式および rate 式」を参照してください。

関連付けでは、関連付けを受け取るマネージドノード (ターゲット) も指定します。State Manager には、マネージドノードをターゲットにし、それらのターゲットに関連付けをデプロイする方法を制御するのに役立ついくつかの機能があります。ターゲットとレート制御の詳細については、「State Manager 関連付けのターゲットとレート制御について」を参照してください。

関連付けの作成について

関連付けを作成すると、デフォルトでは、システムによって指定したリソースで関連付けがすぐに実行されます。最初の実行後、関連付けは定義したスケジュールと以下のルールに従って間隔を空けて実行されます。

  • State Manager は関連付けを、指定されたノードまたはターゲットになっているノードすべてに対して、ある期間内に実行しようとします。

  • 期間中に関連付けが実行されない場合 (例えば、同時実行値によって一度に関連付けを処理できるノード数が制限されたため)、State Manager は次の期間に関連付けを実行しようとします。

  • State Manager は、すべてのスキップされた間隔の履歴を記録します。[Execution History (実行履歴)] タブで履歴を表示できます。

スケジュールに従って実行される関連付けに対しては、関連付けの実行時期を定義する標準の cron 式または rate 式を指定できます。State Manager はまた、関連付けを実行する曜日、および月の n 番目の日を指定する番号記号 (#) を含む cron 式もサポートしています。毎月、第 3 火曜日の 23:30 UTC に cron スケジュールを実行する例を次に示します。

cron(30 23 ? * TUE#3 *)

毎月第 2 木曜日の深夜 UTC に実行する例を次に示します。

cron(0 0 ? * THU#2 *)

State Manager はまた、月の最後の X 曜日を示す (L) 記号もサポートしています。毎月、最後の火曜日の深夜 UTC に cron スケジュールを実行する例を次に示します。

cron(0 0 ? * 3L *)

パッチした火曜日の 2 日後に関連付けを実行するなど、関連付けを実行するタイミングをさらに制御するには、オフセットを指定できます。オフセットでは、関連付けの実行がスケジュールされている日の後に待機する日数を定義します。例えば、cron スケジュールを cron(0 0 ? * THU#2 *) とした場合、[Schedule offset] (スケジュールのオフセット) フィールドで番号 3 を指定して、その月の第 2 木曜日の後の毎週日曜日に関連付けを実行できます。

注記

オフセットを使用するには、コンソールの [Apply association only at the next specified Cron interval] (次に指定した Cron の間隔でのみ関連付けを適用する) オプションを選択するか、コマンドラインから ApplyOnlyAtCronInterval パラメータを指定する必要があります。このオプションにより、関連付けを作成した後、すぐに実行されないように State Manager に指示できます。

関連付けを作成する (コンソール)

次の手順では、Systems Manager コンソールを使用して、State Manager の関連付けを作成する方法について説明します。

警告

関連付けを作成するときは、関連付けのターゲットとしてマネージドノードの AWS リソースグループを選択できます。AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザー、グループ、またはロールに、マネージドノードのリソースグループをターゲットとする関連付けを作成するアクセス許可がある場合、そのユーザー、グループ、またはロールは、自動的にグループ内のすべてのノードをルートレベルで制御することができます。信頼された管理者のみに関連付けの作成を許可するようにしてください。

State Manager の関連付けを作成するには

  1. AWS Systems Manager コンソール (https://console.aws.amazon.com/systems-manager/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[State Manager] を選択します。

    -または-

    AWS Systems Manager ホームページが最初に開いた際、メニューアイコン ( ) を選択してナビゲーションペインを開き、[State Manager] を選択します。

  3. [Create association] を選択します。

  4. [Name (名前)] フィールドで名前を指定します。

  5. [Document (ドキュメント)] リストで、ドキュメント名の横にあるオプションを選択します。ドキュメントタイプをメモしておきます。この手順は、Command および Policy ドキュメントに適用されます。オートメーションランブックを使用する関連付けの作成については、「State Manager を使用したトリガーによるオートメーションの実行」を参照してください。

    重要

    ドキュメントが別のアカウントから共有されている場合、State Manager は新しいバージョンのドキュメントを使用する関連付けの実行をサポートしません。Systems Manager コンソールに新しいバージョンが処理されたことが示されていても、別のアカウントから共有される場合、State Manager は常にドキュメントの default バージョンを実行します。別なアカウントから共有されたドキュメントの新しいバージョンを使用して関連付けを実行する場合、ドキュメントバージョンを default に設定する必要があります。

  6. [Parameters (パラメータ)] で、必要な入力パラメータを指定します。

  7. [Targets (ターゲット)] で、オプションを選択します。ターゲットの使用については、「State Manager 関連付けのターゲットとレート制御について」を参照してください。

  8. [Specify schedule (スケジュールの指定)] セクションで、[On Schedule (スケジュールあり)] または [No schedule (スケジュールなし)] を選択します。[On Schedule (スケジュールあり)] を選択した場合は、関連付けの cron または rate スケジュールを作成するためのボタンを使用します。

    作成直後に関連付けを実行しない場合は、[Apply association only at the next specified Cron interval (次に指定した Cron の間隔でのみ関連付けを適用する)] を選択します。

  9. (オプション) [Schedule offset] (スケジュールオフセット) フィールドで、1~6 の数値を指定します。

  10. [詳細オプション] セクションで、[コンプライアンスの重要度] を使用して関連付けの重大度を選択し、[Change Calendar] を使用して関連付けの変更カレンダーを選択します。

    コンプライアンスレポートには、ここで指定した重要度と共に関連付けの状態が準拠しているか準拠していないかが表示されます。詳細については、「」を参照してくださいState Manager 関連付けのコンプライアンスについて

    変更カレンダーによって、関連付けが実行されるタイミングが決まります。カレンダーが閉じている場合、関連付けは適用されません。カレンダーが開いている場合は、それに応じて関連付けが実行されます。詳細については、「AWS Systems Manager Change Calendar」を参照してください。

  11. [Rate control] (レート制御) セクションで、複数のノードでの関連付けの実行方法を制御するオプションを選択します。レート制御については、「State Manager 関連付けのターゲットとレート制御について」を参照してください。

    [Concurrency (同時実行数)] セクションでオプションを選択します。

    • [targets (ターゲット)] を選択して、関連付けを同時に実行できるターゲットの絶対数を入力します。

    • [percentage (パーセント値)] を選択して、関連付けを同時に実行できるターゲットセットのパーセント値を入力します。

    [Error threshold (エラーのしきい値)] セクションでオプションを選択します。

    • State Manager が追加ターゲットでの関連付けの実行を停止する前に、[errors (エラー)] を選択して許可されるエラーの絶対数を入力します。

    • State Manager が追加ターゲットでの関連付けの実行を停止する前に、[percentage (パーセンテージ)] を選択して許可されるエラーの割合を入力します。

  12. (オプション) [出力オプション] で、コマンド出力をファイルに保存するには、[S3 への出力の書き込みを有効にします] ボックスをオンにします。ボックスにバケット名とプレフィックス (フォルダ) 名を入力します。

    注記

    S3 バケットにデータを書き込む機能を許可する S3 アクセス許可は、このタスクを実行する IAM ユーザーのものではなく、マネージドノードに割り当てられたインスタンスプロファイルのものです。詳細については、「Systems Manager の IAM インスタンスプロファイルを作成する」または「ハイブリッド環境用の IAM サービスロールを作成する」を参照してください。さらに、指定された S3 バケットが別の AWS アカウント にある場合は、マネージドノードに関連付けられたインスタンスプロファイルまたは IAM サービスロールに、そのバケットへの書き込みに必要なアクセス許可があることを確認してください。

    以下は、関連付けのために Amazon S3 出力をオンにするために必要な最小限のアクセス許可です。アカウント内の個々の IAM ユーザーまたはロールへのアクセスをさらに制限することができます。最低でも、Amazon EC2 インスタンスプロファイルには、AmazonSSMManagedInstanceCore 管理ポリシーと次のインラインポリシーを持つ IAM ロールがある必要があります。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "s3:PutObject", "s3:GetObject", "s3:PutObjectAcl" ], "Resource": "arn:aws:s3:::DOC-EXAMPLE-BUCKET/*" } ] }

    最小限のアクセス許可を得るには、エクスポート先の Amazon S3 バケットに Amazon S3 コンソールで定義されたデフォルト設定が必要です。Amazon S3 バケットの作成の詳細については、Amazon S3 ユーザーガイドの「バケットの作成」を参照してください。

  13. [関連付けの作成] を選択します。

注記

作成した関連付けを削除すると、関連付けはそのターゲットで実行されなくなります。

関連付けの作成 (コマンドライン)

以下の手順では、AWS CLI (Linux または Windows の場合) または Tools for PowerShell を使用して、State Manager の関連付けを作成する方法について説明します。このセクションには、ターゲットとレート制御の使用方法を示すいくつかの例が含まれています。ターゲットとレート制御を使用すると、これらの関連付けの実行を制御しながら、関連付けを数十または数百のノードに割り当てることができます。ターゲットとレート制御の詳細については、「State Manager 関連付けのターゲットとレート制御について」を参照してください。

開始する前に

targets パラメータは、指定した KeyValue の組み合わせを使用してノードをターゲットにする検索条件の配列です。targets パラメータを使用して数十または数百のノードで関連付けを作成する場合は、手順を開始する前に以下のターゲット設定オプションを確認してください。

ID を指定して特定のノードをターゲットにする

--targets Key=InstanceIds,Values=instance-id-1,instance-id-2,instance-id-3
--targets Key=InstanceIds,Values=i-02573cafcfEXAMPLE,i-0471e04240EXAMPLE,i-07782c72faEXAMPLE

Amazon EC2 タグを使用してインスタンスをターゲットに設定する

--targets Key=tag:tag-key,Values=tag-value-1,tag-value-2,tag-value-3
--targets Key=tag:Environment,Values=Development,Test,Pre-production
注記

タグを使用する場合は、タグキーを 1 つだけ使用できます。複数のタグキーを使用してノードをターゲットにする場合は、リソースグループオプションを使用します。

AWS Resource Groups を使用してノードをターゲットにする

--targets Key=resource-groups:Name,Values=resource-group-name
--targets Key=resource-groups:Name,Values=WindowsInstancesGroup

現在の AWS アカウント と AWS リージョン のすべてのインスタンスをターゲットに設定する

--targets Key=InstanceIds,Values=*
注記

以下の情報に注意してください。

  • ドキュメントが別のアカウントから共有されている場合、State Manager は新しいバージョンのドキュメントを使用する関連付けの実行をサポートしません。Systems Manager コンソールに新しいバージョンが処理されたことが示されていても、別のアカウントから共有される場合、State Manager は常にドキュメントの default バージョンを実行します。別なアカウントから共有されたドキュメントの新しいバージョンを使用して関連付けを実行する場合、ドキュメントバージョンを default に設定する必要があります。

  • 関連付けを作成するときは、スケジュールの実行時を指定します。cron または rate 式を使用して、スケジュールを指定します。cron 式と rate 式の詳細については、「関連付のための cron および rate 式」を参照してください。

関連付けを作成するには

  1. まだ AWS CLI または AWS Tools for PowerShell をインストールして設定していない場合は、インストールして設定します。

    詳細については、「AWS コマンドラインツールのインストールまたはアップグレード」を参照してください。

  2. 以下の形式を使用して、関連付けを作成する State Manager コマンドを作成します。各リソースプレースホルダーの例をユーザー自身の情報に置き換えます。

    Linux & macOS
    aws ssm create-association \ --name document_name \ --document-version version_of_document_applied \ --instance-id instances_to_apply_association_on \ --parameters (if any) \ --targets target_options \ --schedule "cron_or_rate_expression" \ --apply-only-at-cron-interval required_parameter_for_schedule_offsets \ --schedule-offset number_between_1_and_6 \ --output-location s3_bucket_to_store_output_details \ --association-name association_name \ --max-errors a_number_of_errors_or_a_percentage_of_target_set \ --max-concurrency a_number_of_instances_or_a_percentage_of_target_set \ --compliance-severity severity_level \ --calendar-names change_calendar_names \ --target-locations aws_region_or_account
    Windows
    aws ssm create-association ^ --name document_name ^ --document-version version_of_document_applied ^ --instance-id instances_to_apply_association_on ^ --parameters (if any) ^ --targets target_options ^ --schedule "cron_or_rate_expression" ^ --apply-only-at-cron-interval required_parameter_for_schedule_offsets ^ --schedule-offset number_between_1_and_6 ^ --output-location s3_bucket_to_store_output_details ^ --association-name association_name ^ --max-errors a_number_of_errors_or_a_percentage_of_target_set ^ --max-concurrency a_number_of_instances_or_a_percentage_of_target_set ^ --compliance-severity severity_level ^ --calendar-names change_calendar_names ^ --target-locations aws_region_or_account
    PowerShell
    New-SSMAssociation ` -Name document_name ` -DocumentVersion version_of_document_applied ` -InstanceId instances_to_apply_association_on ` -Parameters (if any) ` -Target target_options ` -ScheduleExpression "cron_or_rate_expression" ` -ApplyOnlyAtCronInterval required_parameter_for_schedule_offsets ` -ScheduleOffSet number_between_1_and_6 ` -OutputLocation s3_bucket_to_store_output_details ` -AssociationName association_name ` -MaxError a_number_of_errors_or_a_percentage_of_target_set -MaxConcurrency a_number_of_instances_or_a_percentage_of_target_set ` -ComplianceSeverity severity_level ` -CalendarNames change_calendar_names ` -TargetLocations aws_region_or_account

    次の例では、"Environment,Linux" でタグ付けされたノードで関連付けを作成します。関連付けは AWS-UpdateSSMAgent ドキュメントを使用して、毎週日曜日の午前 2 時 (UTC) にターゲットノード上の SSM Agent を更新します。この関連付けが同時に実行されるのは、常に最大 10 ノードです。また、エラー数が 5 を超えた場合、この実行期間内では、関連付けがそれ以降のノードで実行されなくなります。コンプライアンスレポートでは、この関連付けについて「中」の重要度レベルが割り当てられます。

    Linux & macOS
    aws ssm create-association \ --association-name Update_SSM_Agent_Linux \ --targets Key=tag:Environment,Values=Linux \ --name AWS-UpdateSSMAgent \ --compliance-severity "MEDIUM" \ --schedule "cron(0 2 ? * SUN *)" \ --max-errors "5" \ --max-concurrency "10"
    Windows
    aws ssm create-association ^ --association-name Update_SSM_Agent_Linux ^ --targets Key=tag:Environment,Values=Linux ^ --name AWS-UpdateSSMAgent ^ --compliance-severity "MEDIUM" ^ --schedule "cron(0 2 ? * SUN *)" ^ --max-errors "5" ^ --max-concurrency "10"
    PowerShell
    New-SSMAssociation ` -AssociationName Update_SSM_Agent_Linux ` -Name AWS-UpdateSSMAgent ` -Target @{ "Key"="tag:Environment" "Values"="Linux" } ` -ComplianceSeverity MEDIUM ` -ScheduleExpression "cron(0 2 ? * SUN *)" ` -MaxConcurrency 10 ` -MaxError 5

    次の例では、AWS-RunPatchBaseline ドキュメントを使用して、不足しているパッチ更新がないかノードをスキャンする関連付けを作成します。この関連付けは、us-east-2 リージョンのアカウント内のすべてのマネージドノードをターゲットにします。関連付けは、操作パラメータと RebootOption パラメータを指定します。

    Linux & macOS
    aws ssm create-association \ --name "AWS-RunPatchBaseline" \ --association-name "ScanningInstancesForMissingUpdate" \ --targets "Key=instanceids,Values=*" \ --parameters "Operation=Scan,RebootOption=NoReboot" \ --region us-east-2
    Windows
    aws ssm create-association ^ --name "AWS-RunPatchBaseline" ^ --association-name "ScanningInstancesForMissingUpdate" ^ --targets "Key=instanceids,Values=*" ^ --parameters "Operation=Scan,RebootOption=NoReboot" ^ --region us-east-2
    PowerShell
    New-SSMAssociation ` -AssociationName ScanningInstancesForMissingUpdate ` -Name AWS-RunPatchBaseline ` -Target @{ "Key"="instanceids" "Values"="*" } ` -Parameters "Operation=Scan,RebootOption=NoReboot" ` -Region us-east-2

    次の例では、ワイルドカード値 (*) を指定してノード ID をターゲットにしています。これにより、Systems Manager は現在の AWS アカウント と AWS リージョン 内にあるすべてのノードに関連付けを作成できます。この関連付けが同時に実行されるのは、常に最大 10 ノードです。また、エラー数が 5 を超えた場合、この実行期間内では、関連付けがそれ以降のノードで実行されなくなります。コンプライアンスレポートでは、この関連付けについて「中」の重要度レベルが割り当てられます。この関連付けでは、スケジュールオフセットが使用されます。つまり、指定された cron スケジュールの 2 日後に実行されます。また、ApplyOnlyAtCronInterval パラメータも含まれています。これは、スケジュールオフセットの使用に必要であり、関連付けが作成された直後に実行されないように指定しています。

    Linux & macOS
    aws ssm create-association \ --association-name Update_SSM_Agent_Linux \ --name "AWS-UpdateSSMAgent" \ --targets "Key=instanceids,Values=*" \ --compliance-severity "MEDIUM" \ --schedule "cron(0 2 ? * SUN#2 *)" \ --apply-only-at-cron-interval \ --schedule-offset 2 \ --max-errors "5" \ --max-concurrency "10" \
    Windows
    aws ssm create-association ^ --association-name Update_SSM_Agent_Linux ^ --name "AWS-UpdateSSMAgent" ^ --targets "Key=instanceids,Values=*" ^ --compliance-severity "MEDIUM" ^ --schedule "cron(0 2 ? * SUN#2 *)" ^ --apply-only-at-cron-interval ^ --schedule-offset 2 ^ --max-errors "5" ^ --max-concurrency "10" ^ --apply-only-at-cron-interval
    PowerShell
    New-SSMAssociation ` -AssociationName Update_SSM_Agent_All ` -Name AWS-UpdateSSMAgent ` -Target @{ "Key"="InstanceIds" "Values"="*" } ` -ScheduleExpression "cron(0 2 ? * SUN#2 *)" ` -ApplyOnlyAtCronInterval ` -ScheduleOffset 2 ` -MaxConcurrency 10 ` -MaxError 5 ` -ComplianceSeverity MEDIUM ` -ApplyOnlyAtCronInterval

    次の例では、リソースグループでノードの関連付けを作成します。グループの名前は「HR-Department」です。関連付けは AWS-UpdateSSMAgent ドキュメントを使用して、毎週日曜日の午前 2 時 (UTC) にターゲットノード上の SSM Agent を更新します。この関連付けが同時に実行されるのは、常に最大 10 ノードです。また、エラー数が 5 を超えた場合、この実行期間内では、関連付けがそれ以降のノードで実行されなくなります。コンプライアンスレポートでは、この関連付けについて「中」の重要度レベルが割り当てられます。この関連付けは、指定された cron スケジュールで実行されます。作成直後に関連付けは実行されません。

    Linux & macOS
    aws ssm create-association \ --association-name Update_SSM_Agent_Linux \ --targets Key=resource-groups:Name,Values=HR-Department \ --name AWS-UpdateSSMAgent \ --compliance-severity "MEDIUM" \ --schedule "cron(0 2 ? * SUN *)" \ --max-errors "5" \ --max-concurrency "10" \ --apply-only-at-cron-interval
    Windows
    aws ssm create-association ^ --association-name Update_SSM_Agent_Linux ^ --targets Key=resource-groups:Name,Values=HR-Department ^ --name AWS-UpdateSSMAgent ^ --compliance-severity "MEDIUM" ^ --schedule "cron(0 2 ? * SUN *)" ^ --max-errors "5" ^ --max-concurrency "10" ^ --apply-only-at-cron-interval
    PowerShell
    New-SSMAssociation ` -AssociationName Update_SSM_Agent_Linux ` -Name AWS-UpdateSSMAgent ` -Target @{ "Key"="resource-groups:Name" "Values"="HR-Department" } ` -ScheduleExpression "cron(0 2 ? * SUN *)" ` -MaxConcurrency 10 ` -MaxError 5 ` -ComplianceSeverity MEDIUM ` -ApplyOnlyAtCronInterval

    次の例では、特定のノード ID でタグ付けされたノードで実行される関連付けを作成します。関連付けは、変更カレンダーが開いているときに、SSM Agent ドキュメントを使用して、ターゲットノードの SSM Agent を更新します。関連付けは、実行時にカレンダーの状態をチェックします。カレンダーが起動時に閉じられ、関連付けが 1 回だけ実行された場合、関連付けの実行ウィンドウが過ぎているため、再度実行されません。カレンダーが開いている場合は、それに応じて関連付けが実行されます。

    注記

    変更カレンダーを閉じているときに関連付けが作用するタグまたはリソースグループに新しいノードを追加すると、変更カレンダーが開いたときにその関連付けがそれらのノードに適用されます。

    Linux & macOS
    aws ssm create-association \ --association-name CalendarAssociation \ --targets "Key=instanceids,Values=i-0cb2b964d3e14fd9f" \ --name AWS-UpdateSSMAgent \ --calendar-names "arn:aws:ssm:us-east-1:123456789012:document/testCalendar1" \ --schedule "rate(1day)"
    Windows
    aws ssm create-association ^ --association-name CalendarAssociation ^ --targets "Key=instanceids,Values=i-0cb2b964d3e14fd9f" ^ --name AWS-UpdateSSMAgent ^ --calendar-names "arn:aws:ssm:us-east-1:123456789012:document/testCalendar1" ^ --schedule "rate(1day)"
    PowerShell
    New-SSMAssociation ` -AssociationName CalendarAssociation ` -Target @{ "Key"="tag:instanceids" "Values"="i-0cb2b964d3e14fd9f" } ` -Name AWS-UpdateSSMAgent ` -CalendarNames "arn:aws:ssm:us-east-1:123456789012:document/testCalendar1" ` -ScheduleExpression "rate(1day)"

    次の例では、特定のノード ID でタグ付けされたノードで実行される関連付けを作成します。関連付けは、SSM Agent ドキュメントを使用して、毎週日曜日の午前 2 時にターゲットノードで SSM Agent を更新します。この関連付けは、変更カレンダーが開いているときに、指定された cron スケジュールでのみ実行されます。関連付けが作成されると、カレンダーの状態がチェックされます。カレンダーが閉じている場合、関連付けは適用されません。関連付けを適用する間隔が日曜日の午前 2 時に開始されると、関連付けはカレンダーが開いているかどうかをチェックします。カレンダーが開いている場合は、それに応じて関連付けが実行されます。

    注記

    変更カレンダーを閉じているときに関連付けが作用するタグまたはリソースグループに新しいノードを追加すると、変更カレンダーが開いたときにその関連付けがそれらのノードに適用されます。

    Linux & macOS
    aws ssm create-association \ --association-name MultiCalendarAssociation \ --targets "Key=instanceids,Values=i-0cb2b964d3e14fd9f" \ --name AWS-UpdateSSMAgent \ --calendar-names "arn:aws:ssm:us-east-1:123456789012:document/testCalendar1" "arn:aws:ssm:us-east-2:123456789012:document/testCalendar2" \ --schedule "cron(0 2 ? * SUN *)"
    Windows
    aws ssm create-association ^ --association-name MultiCalendarAssociation ^ --targets "Key=instanceids,Values=i-0cb2b964d3e14fd9f" ^ --name AWS-UpdateSSMAgent ^ --calendar-names "arn:aws:ssm:us-east-1:123456789012:document/testCalendar1" "arn:aws:ssm:us-east-2:123456789012:document/testCalendar2" ^ --schedule "cron(0 2 ? * SUN *)"
    PowerShell
    New-SSMAssociation ` -AssociationName MultiCalendarAssociation ` -Name AWS-UpdateSSMAgent ` -Target @{ "Key"="tag:instanceids" "Values"="i-0cb2b964d3e14fd9f" } ` -CalendarNames "arn:aws:ssm:us-east-1:123456789012:document/testCalendar1" "arn:aws:ssm:us-east-2:123456789012:document/testCalendar2" ` -ScheduleExpression "cron(0 2 ? * SUN *)"
注記

作成した関連付けを削除すると、関連付けはそのターゲットで実行されなくなります。また、apply-only-at-cron-interval パラメータを指定した場合は、このオプションをリセットできます。これを行うには、コマンドラインから関連付けを更新するときに no-apply-only-at-cron-interval パラメータを指定します。このパラメータは、関連付けの更新直後に、指定された間隔に従って関連付けを適用します。