チュートリアル: での Amazon Logging Frameworks の使用AWS Lambdaアプリケーションログの作成 - AWS Toolkit for Visual Studio

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

チュートリアル: での Amazon Logging Frameworks の使用AWS Lambdaアプリケーションログの作成

Amazon CloudWatch Logs を使用して、アプリケーションのログのモニタリング、保存、アクセスを行うことができます。CloudWatch Logs にログデータを取得するには、AWSSDK を使うか、CloudWatch Logs エージェントをインストールして、特定のログフォルダをモニタリングします。今日では、CloudWatch Logs とよく使われるいくつかの .NET ログ記録フレームワークの統合により、.NET アプリケーションでの CloudWatch Logs の使用がより容易になりました。

サポートされる .NET ログ記録フレームワークは、NLogLog4net、および新たに組み込まれた ASP.NET Core ログ記録フレームワークです。フレームワークごとに、適切な NuGet パッケージを追加し、出力ソースとして CloudWatch Logs を追加し、通常と同じようにログ記録ライブラリを使用できます。

たとえば、NLog を使った .NET アプリケーションで CloudWatch Logs を使用するには、AWS.Logger.NLogNuGet パッケージを追加し、AWSターゲットをNLog.configファイルを開きます。以下に示しているのはNLog.configファイルが、ログメッセージを CloudWatch Logs とコンソールの両方に出力します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?> <nlog xmlns="http://www.nlog-project.org/schemas/NLog.xsd" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" throwExceptions="true"> <targets> <target name="aws" type="AWSTarget" logGroup="NLog.ConfigExample" region="us-east-1"/> <target name="logfile" xsi:type="Console" layout="${callsite} ${message}" /> </targets> <rules> <logger name="*" minlevel="Info" writeTo="logfile,aws" /> </rules> </nlog>

以上の手順の実行後に、アプリケーションを実行すると、NLog を使って書き込まれるログメッセージは CloudWatch Logs に送信されます。その後、ほぼリアルタイムで、CloudWatch Logs コンソールにアプリケーションのログメッセージを表示できます。CloudWatch Logs コンソールから、アプリケーションのログメッセージに基づくメトリクスとアラームをセットアップすることもできます。

これらのロギングプラグインは、すべてAWS SDK for .NETで、SDK で使用するのと同じ動作を使用してAWS認証情報。ログ記録プラグインで使用される認証情報は、CloudWatch Logs にアクセスするために、次のアクセス許可を必要とします。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "logs:CreateLogGroup", "logs:CreateLogStream", "logs:PutLogEvents", "logs:DescribeLogGroups" ], "Resource": [ "arn:aws:logs:*:*:*" ] } ] }

-AWS.NET Logging プラグインはGitHub。すべてのプラグインがあります。サンプルおよび指示サポートされている .NET ログ記録フレームワークごとに CloudWatch Logs を設定する方法については、を参照してください。