AWS Toolkit for Visual Studio - AWS Toolkit for Visual Studio

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Toolkit for Visual Studio

これは、AWS Toolkit for Visual Studio のユーザーガイドです。お探しの場合は、AWSToolkit for VS Code「」を参照してください。用ユーザーガイド AWS Toolkit for Visual Studio Code

Toolkit for Visual Studio

AWS Toolkit for Visual Studio は、アマゾン ウェブ サービスを使用した .NET アプリケーションの開発、デバッグ、デプロイを容易にする、Visual Studio IDE 用プラグインです。Toolkit for Visual Studio は Visual Studio バージョン 2017 以降でサポートされています。キットをダウンロードしてインストールする方法の詳細については、「Toolkit for Visual Studio のインストール」を参照してください。

注記

Toolkit for Visual Studio は Visual Studio の 2008、2010、2012、2013、2015 の各バージョンにもリリースされた。ただし、これらのバージョンはサポートされなくなりました。詳細については、「Toolkit for Visual Studio のインストール」を参照してください。

Toolkit for Visual Studio には、開発作業を向上させるための、以下の機能が含まれています。

AWS Explorer

-AWSエクスプローラのツールウィンドウは、IDE の表示メニューを使用すると、AWSサービスを Visual Studio IDE 内部からインストールできます。サポートされているデータサービスには、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、Amazon SimpleDB、Amazon SimpleDB、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS)、Amazon CloudFront などがある。AWSExplorer では、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) の管理や、AWS Identity and Access Management(IAM) ユーザーとポリシーの管理、へのサーバーレスアプリケーションと機能のデプロイAWS LambdaへのWebアプリケーションのデプロイメントとAWS Elastic BeanstalkおよびAWS CloudFormation。

認証情報とリージョンの管理

AWSExplorer は、複数のAWSアカウント (IAM ユーザーアカウントを含む) とリージョンをサポートします。表示されたビューをあるアカウントから別のアカウントへ容易に変更できます。異なるリージョンのリソースとサービスの表示と管理を行えます。

Amazon EC2

送信元AWSExplorer では、利用できる Amazon Machine Image (AMI) を表示し、それらの AMI から Amazon EC2 インスタンスを作成して、Windows リモートデスクトップを使ってそれらのインスタンスに接続することができます。AWSExplorer では、キーペアとセキュリティグループの作成や管理などの機能もサポートされています。

AWS Lambda

Lambda を使用すると、サーバーレスの .NET Core C# 関数や、サーバーレスアプリケーションをホストすることができます。設計図を使用して、新しいサーバーレスプロジェクトを迅速に作成し、サーバーレスアプリケーションの開発を簡単に行うことができます。

AWS CodeCommit

CodeCommit は Visual Studio Team Explorer と統合されています。これにより、CodeCommit に保持されるリポジトリの作成やクローンの作成を簡単に行うことができます。IDE 内でソースコードの変更を操作することができます。

Amazon DynamoDB

DynamoDB は、拡張性と可用性に優れた、費用効果の高い、高速な非リレーショナルデータベースサービスです。Toolkit for Visual Studio には、開発で Amazon DynamoDB を操作する機能が用意されています。Toolkit for Visual Studio を使用すると、DynamoDB テーブルの属性を作成および編集したり、テーブルのスキャンオペレーションを実行したりできます。

Amazon S3

ドラッグアンドドロップによって、コンテンツを Amazon S3 バケットにすばやく簡単にアップロードしたり、Amazon S3 からコンテンツをダウンロードしたりすることができます。バケット内のオブジェクトに、アクセス許可、メタデータ、タグを簡単に設定することもできます。

Amazon RDS

AWSExplorer を使うと、Visual Studio で Amazon RDS のアセットの作成と管理を行うことができます。Microsoft SQL Server を使用する Amazon RDS インスタンスを、Visual Studio の[Server Explorer]

AWS Elastic Beanstalk

Elastic Beanstalk を使用すると、.NET ウェブアプリケーションプロジェクトをAWS。IDE 内から、アプリケーションを、単一インスタンス環境にデプロイしたり、完全に負荷分散され、自動スケーリングされる環境にデプロイしたりすることができます。また Visual Studio の中から、アプリケーションの新しいバージョンを迅速かつ簡単にデプロイすることもできます。アプリケーションが Amazon RDS の SQL Server を使用している場合、デプロイウィザードを使って、Elastic Beanstalk のアプリケーション環境と Amazon RDS のデータベースインスタンス間の接続をセットアップすることもできます。Toolkit for Visual Studio には、スタンドアロンのコマンドラインデプロイツールも含まれています。デプロイツールを使用して、デプロイをビルド処理の自動化に含めることができます。またはデプロイを Visual Studio の外部で他のスクリプトシナリオに含めることもできます。

AWS CloudFormation

Toolkit for Visual Studio を使用して、AWS CloudFormationIntelliSense や構文の強調表示のエディタサポートを持つ、JSON 形式のテンプレート。AWS CloudFormation テンプレートを使用すると、インスタンス化してアプリケーションをホストするリソースを記述することができます。そして IDE 内から、テンプレートを AWS CloudFormation へデプロイします。テンプレートに記述されているリソースがプロビジョニングされ、開発者はアプリケーションの機能の開発に注力できます。

AWS Identity and Access Management (IAM)

送信元AWSExplorer を使って、IAM ユーザー、ロール、ポリシーを作成して、ユーザーにポリシーをアタッチすることができます。

問題を開いたり、現在開いている問題を表示したりするには、https://github.com/aws/aws-toolkit-visual-studio/issues にアクセスしてください。

Visual Studio の詳細については、https://visualstudio.microsoft.com/vs/ にアクセスしてください。