VM Import/Export
ユーザーガイド

VM Import/Export を使用したスナップショットとしてのディスクのインポート

VM Import/Export を使用すると、ディスクを Amazon EBS スナップショットとしてインポートすることができます。スナップショットが作成されたら、スナップショットから EBS ボリュームを作成し、そのボリュームを EC2 インスタンスにアタッチできます。

前提条件

  • 次のディスク形式がサポートされています。Virtual Hard Disk (VHD/VHDX)、ESX Virtual Machine Disk (VMDK)、および raw。

  • 最初に Amazon S3 にディスクをアップロードする必要があります。

  • インポートコマンドを実行するために使用するコンピュータにまだ AWS CLI をインストールしていない場合は、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」を参照してください。

スナップショットのインポートタスクを開始する

ディスクをインポートするには、import-snapshot コマンドを使用します。S3 バケットの URL を指定するか、S3 バケット名およびキーを提供できます。

aws ec2 import-snapshot --description "My server VM" --disk-container "file://C:\import\containers.json"

containers.json ファイルは、必要な情報を含む JSON ドキュメントです。

{ "Description": "My server VMDK", "Format": "VMDK", "UserBucket": { "S3Bucket": "my-import-bucket", "S3Key": "vms/my-server-vm.vmdk" } }

以下に、応答の例を示します。

{ "Description": "My server VM", "ImportTaskId": "import-snap-1234567890abcdef0", "SnapshotTaskDetail": { "Description": "My server VMDK", "DiskImageSize": "0.0", "Format": "VMDK", "Progress": "3", "Status": "active", "StatusMessage": "pending", "UserBucket": { "S3Bucket": "my-import-bucket", "S3Key": "vms/my-server-vm.vmdk" } } }

スナップショットのインポートタスクをモニタリングする

スナップショットのインポートタスクのステータスを確認するには、describe-import-snapshot-tasks コマンドを使用します。

aws ec2 describe-import-snapshot-tasks --import-task-ids import-snap-1234567890abcdef0

以下に、応答の例を示します。active ステータスが表示される場合、インポートは進行中です。ステータスが completed の場合は、スナップショットが使用可能であることを意味します。

{ "ImportSnapshotTasks": [ { "Description": "My server VM", "ImportTaskId": "import-snap-1234567890abcdef0", "SnapshotTaskDetail": { "Description": "My server VMDK", "DiskImageSize": "3.115815424E9", "Format": "VMDK", "Progress": "22", "Status": "active", "StatusMessage": "downloading/converting", "UserBucket": { "S3Bucket": "my-import-bucket", "S3Key": "vms/my-server-vm.vmdk" }, } } ] }

スナップショットのインポートタスクをキャンセルする

必要な場合は、次の cancel-import-task コマンドを使用して、進行中のインポートタスクをキャンセルすることができます。

aws ec2 cancel-import-task --import-task-id import-snap-1234567890abcdef0

次のステップ

EBS スナップショットから 1 つ以上の EBS ボリュームを作成できます。各 EBS ボリュームを単一の EC2 インスタンスにアタッチできます。

次の手順は、AWS CLI を使用してボリュームを作成し、インスタンスにアタッチする方法を示しています。または、AWS マネジメントコンソール を使用することもできます。

ボリュームを作成して EC2 インスタンスにアタッチするには

  1. インポートタスクによって作成されたスナップショットの ID を確認するには、describe-import-snapshot-tasks コマンドを使用します。

  2. 次の create-volume コマンドを使用して、スナップショットからボリュームを作成します。ボリュームをアタッチするインスタンスのアベイラビリティーゾーンを選択する必要があります。

    aws ec2 create-volume --availability-zone us-east-1a --snapshot-id snap-1234567890abcdef0

    出力例を次に示します。

    { "AvailabilityZone": "us-east-1a", "VolumeId": "vol-1234567890abcdef0", "State": "creating", "SnapshotId": "snap-1234567890abcdef0" }
  3. 次の attach-volume コマンドを使用して、前のステップで作成した EBS ボリュームを既存のインスタンスのいずれかにアタッチします。

    aws ec2 attach-volume --volume-id vol-1234567890abcdef0 --instance-id i-1234567890abcdef0 --device /dev/sdf

    出力例を次に示します。

    { "AttachTime": "YYYY-MM-DDTHH:MM:SS.000Z", "InstanceId": "i-1234567890abcdef0", "VolumeId": "vol-1234567890abcdef0", "State": "attaching", "Device": "/dev/sdf" }
  4. アタッチされたボリュームをマウントします。詳細については、インスタンスのオペレーティングシステムに関するドキュメントを参照してください。