VPC の NAT デバイス - Amazon Virtual Private Cloud

VPC の NAT デバイス

NAT デバイスを使用して、プライベートサブネット内のインスタンスによるインターネット、他の VPC、またはオンプレミスのネットワークへの接続を許可できます。これらのインスタンスは VPC 外のサービスと通信できますが、未承諾の接続リクエストを受信することはできません。

NAT デバイスは、インスタンスの送信元 IPv4 アドレスを NAT デバイスのアドレスに置き換えます。インスタンスに応答トラフィックを送信するとき、NAT デバイスはアドレスを元の送信元 IPv4 アドレスに変換します。

AWS が提供する NAT ゲートウェイ と呼ばれるマネージド NAT デバイスを使用したり、NAT インスタンス と呼ばれる EC2 インスタンスに独自の NAT デバイスを作成したりすることができます。NAT ゲートウェイを使用すると、可用性と帯域幅が向上し、管理にかかる負担が軽減されるため、NAT ゲートウェイの使用をお勧めします。

Considerations

  • NAT デバイスは IPv6 トラフィックには対応していないため、Egress-Only インターネットゲートウェイを使用します。詳細については、「」を参照してくださいEgress-Only インターネットゲートウェイ

  • このドキュメントでは、一般的な IT 用語として NAT を使用していますが、NAT デバイスの実際の役割はアドレス変換とポートアドレス変換 (PAT) の両方を兼ねます。