AWS マネージドプレフィックスリストの提供 - Amazon Virtual Private Cloud

AWS マネージドプレフィックスリストの提供

AWS マネージドプレフィックスリストは、AWS サービスの IP アドレス範囲一式です。

AWS マネージドプレフィックスリストの使用

AWS マネージドプレフィックスリストは AWS が作成と管理を行い、AWS アカウントを所有していれば誰でも使用できます。AWS マネージドプレフィックスリストを作成、変更、共有、削除することはできません。

顧客管理のプレフィックスリストと同様に、AWS マネージドプレフィックスリストは、セキュリティグループやルートテーブルなどの AWS リソースで使用できます。詳細については、「AWS リソース内のプレフィックスリストの参照」を参照してください。

AWS マネージドプレフィックスリストのウェイト

AWS マネージドプレフィックスリストのウェイトは、このプレフィックスリストがリソースで占めるエントリ数を参照します。

例えば、Amazon CloudFront マネージドプレフィックスリストのウェイトは 55 です。これが Amazon VPC クォータにどのように影響するかは次のとおりです。

使用可能な AWS マネージドプレフィックスリスト

次のサービスが AWS マネージドプレフィックスリストを提供します。

AWS のサービス プレフィックスリスト名 [Weight] (重量)
Amazon CloudFront com.amazonaws.global.cloudfront.origin-facing 55
Amazon DynamoDB com.amazonaws.region.dynamodb 1
AWS Ground Station com.amazonaws.global.groundstation 5
Amazon S3 com.amazonaws.region.s3 1

コンソールを使用して AWS マネージドプレフィックスリストを表示するには

  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[マネージドプレフィックスリスト] を選択します。

  3. 検索フィールドに [Owner ID: AWS] フィルターを追加します。

AWS CLI を使用して AWS マネージドプレフィックスリストを表示するには

describe-managed-prefix-lists コマンドを以下のように使用します。

aws ec2 describe-managed-prefix-lists --filters Name=owner-id,Values=AWS