AWSマネージドプレフィックスリストの操作 - Amazon Virtual Private Cloud

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWSマネージドプレフィックスリストの操作

AWSマネージドプレフィックスリストは、 AWS サービスの IP アドレス範囲のセットです。

AWSマネージドプレフィックスリストを使用する

AWSマネージドプレフィックスリストは によって作成および管理 AWS され、 AWS アカウントを持つすべてのユーザーが使用できます。 AWSマネージドプレフィックスリストを作成、変更、共有、または削除することはできません。

カスタマーマネージドプレフィックスリストと同様に、セキュリティグループやルートテーブルなどの AWS リソースで AWSマネージドプレフィックスリストを使用できます。詳細については、「AWS リソース内のプレフィックスリストの参照」を参照してください。

AWSマネージドプレフィックスリストのウェイト

AWSマネージドプレフィックスリストのウェイトは、リソース内でそれが占めるエントリの数を指します。

例えば、Amazon CloudFront マネージドプレフィックスリストのウェイトは 55 です。これが Amazon VPC クォータにどのように影響するかは次のとおりです。

使用可能な AWSマネージドプレフィックスリスト

以下の サービスは、 AWSマネージドプレフィックスリストを提供します。

AWS のサービス プレフィックスリスト名 (重量)
Amazon CloudFront com.amazonaws.global.cloudfront.origin-facing 55
Amazon DynamoDB com.amazonaws.region.dynamodb 1
AWS Ground Station com.amazonaws.global.groundstation 5
Amazon Route 53 com.amazonaws.region.ipv6.route53-healthchecks 25
com.amazonaws.region.route53-healthchecks 25
Amazon S3 com.amazonaws.region.s3 1
Amazon S3 Express One Zone com.amazonaws.region.s3express 6
Amazon VPC Lattice com.amazonaws.region.vpc-lattice 10
com.amazonaws.region.ipv6.vpc-lattice 10
コンソールを使用して AWSマネージドプレフィックスリストを表示するには
  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[マネージドプレフィックスリスト] を選択します。

  3. 検索フィールドに [Owner ID: AWS] フィルターを追加します。

を使用して AWSマネージドプレフィックスリストを表示するには AWS CLI

describe-managed-prefix-lists コマンドを次のように使用します。

aws ec2 describe-managed-prefix-lists --filters Name=owner-id,Values=AWS