ウェブ ACL の編集 - AWS WAF および AWS Firewall Manager AWS Shield アドバンスド

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

ウェブ ACL の編集

ウェブ ACL のルールを追加、削除するには、またはデフォルトアクションを変更するには、以下の手順を使用してウェブ ACL にアクセスします。

ウェブ ACL を編集するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、AWS WAF コンソール(https://console.aws.amazon.com/wafv2/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [ウェブ ACL] を選択します。

  3. 編集するウェブ ACL の名前を選択します。コンソールでウェブ ACL の説明が表示され、そこで編集できます。

    注記

    によって管理される Web ACL AWS Firewall Manager で始まる名前を持つ FMManagedWebACLV2。 は、 Firewall Manager 管理者がこれらの管理を Firewall Manager AWS WAF 方針。これらのウェブ ACL の最初と最後には、追加して管理するルールまたはルールグループのいずれかの側で実行するように指定されたルールグループのセットが含まれる場合があります。これらのポリシーの詳細については、AWS WAF ポリシー を参照してください。

  4. ウェブ ACL 定義のページ間を移動し、変更を加えます。これは、「の作成 web ACL(ACL)」でウェブ ACL を作成するために使用する手順と同じですが、一部のフィールドは変更できません。たとえば、ウェブ ACL の名前を変更することはできません。また、Firewall Manager によって管理されるウェブ ACL の場合、最初と最後のルールグループの仕様を変更することはできません。