OPS05-BP06 設計標準を共有する - 運用上の優秀性の柱

OPS05-BP06 設計標準を共有する

チーム全体でベストプラクティスを共有し、デプロイ作業における利点の認識を高め、それを最大限にします。標準を文書化し、アーキテクチャの進化に応じて最新の内容となるよう維持します。組織内で共有された標準が適用されている場合、標準の追加、変更、例外を申請するメカニズムを持つことは重要です。このオプションがなければ、標準はイノベーションの障壁になります。

期待される成果: 設計標準が組織のチーム間で共有されています。設計標準が文書化され、ベストプラクティスの進化に応じて内容が更新されます。

一般的なアンチパターン:

  • 2 つの開発チームがそれぞれ独自のユーザー認証サービスを作成しました。ユーザーは、アクセスするシステムの各部分について、個別の一連の認証情報を維持する必要があります。

  • 両チームは独自のインフラストラクチャを管理しています。新しいコンプライアンス要件により、インフラストラクチャの変更が必要になり、両チームは別々の方法で新たな要件を実装します。

このベストプラクティスを活用するメリット: 共有される標準を利用すると、ベストプラクティスの採用、開発作業の利点の最大化につながります。設計標準を文書化して更新することにより、組織はベストプラクティス、セキュリティ、コンプライアンス要件を最新の内容に維持できます。

このベストプラクティスを活用しない場合のリスクレベル: 中程度

実装のガイダンス

既存のベストプラクティス、設計標準、チェックリスト、業務手順、ガイダンス、ガバナンス要件をチーム間で共有します。改善とイノベーションを支援するために、設計標準の変更、追加、例外を申請する手順を設けます。公開されたコンテンツについてチームに周知させます。新しいベストプラクティスが台頭すると、それに応じて設計標準を最新の内容に維持するメカニズムを導入します。

お客様事例

AnyCompany Retail には、ソフトウェアアーキテクチャのパターンを作成する機能横断的なアーキテクチャチームがあります。このチームでは、コンプライアンスとガバナンスを組み込んだアーキテクチャを構築しています。この共有標準を採用するチームは、コンプライアンスとガバナンスが組み込み済みであるという利点が得られ、この設計標準を基盤に迅速に構築できます。アーキテクチャチームは四半期ごとのミーティングでアーキテクチャのパターンを検討し、必要に応じて更新します。

実装手順

  1. 設計標準の開発と更新の責任を担う部門横断的なチームを特定します。このチームは、組織全体にわたる関係者と協力して、設計標準、業務手順、チェックリスト、ガイダンス、ガバナンス要件を開発し、設計標準を文書化して、組織内で共有します。

    1. AWS Service Catalog を使用すると、IaC (Infrastructure as Code) を使用して設計標準を提示するポートフォリオを作成でき、ポートフォリオをアカウント間で共有できます。

  2. 新しいベストプラクティスが特定されると、それに応じて設計標準を最新の内容に維持するメカニズムを導入します。

  3. 設計標準が一元的に施行されている場合は、変更、更新、例外を申請するプロセスを設けます。

実装計画に必要な工数レベル: 中程度設計標準を作成して共有するプロセスを開発するには、組織全体のステークホルダーとの調整と協力が必要です。

リソース

関連するベストプラクティス:

関連するドキュメント:

関連動画:

関連する例:

関連サービス: