OPS07-BP05 システムや変更をデプロイするために十分な情報に基づいて決定を下す - 運用上の優秀性の柱

OPS07-BP05 システムや変更をデプロイするために十分な情報に基づいて決定を下す

ワークロードと、ワークロードのガバナンスとのコンプライアンスをサポートするためにチームの能力を評価します。システムを移行するか、本番環境に変更するかどうかを判断する際に、これらをデプロイの利点に対して評価します。メリットとリスクを理解し、十分な情報に基づく決定を下します。

プレモータムは、チームが行う演習で、ここでは軽減戦略を策定するために障害のシミュレーションを行います。プレモータムを使用して、障害を予測し、必要に応じて手順を作成します。ワークロードを評価するために使用するチェックリストに変更を加える場合は、もう準拠していない本番システムで行うことを計画します。

一般的なアンチパターン:

  • ワークロードに存在するセキュリティリスクを理解することなく当該ワークロードのデプロイを決定する。

  • ワークロードがガバナンスと標準に準拠しているかどうかを理解することなく当該ワークロードのデプロイを決定する。

  • チームがサポートできるかどうかを理解することなくワークロードのデプロイを決定する。

  • 組織にどのようなメリットがあるかを理解することなくワークロードのデプロイを決定する。

このベストプラクティスを活用するメリット: スキルのあるチームメンバーを持つことで、ワークロードを効果的にサポートできます。

このベストプラクティスを活用しない場合のリスクレベル:

実装のガイダンス

  • ワークロードや変更をデプロイするために十分な情報に基づいて決定を下す: ワークロードと、ワークロードのガバナンスとのコンプライアンスをサポートするためにチームの能力を評価します。システムを移行するか、本番環境に変更するかどうかを判断する際に、これらをデプロイの利点に対して評価します。メリットとリスクを理解し、十分な情報に基づく決定を下します。