OPS07-BP01 人材能力の確保 - 運用上の優秀性の柱

OPS07-BP01 人材能力の確保

運用上のニーズに対応できるようにトレーニングを受けた、適切な人数の従業員が配置されていることを検証するメカニズムを導入します。効果的なサポートを継続できるように必要に応じて従業員のトレーニングを実施し、従業員の対応力を調整します。

すべてのアクティビティ (オンコールを含む) に対応できる十分なチームメンバーが必要になります。ワークロード、運用ツール、AWS に関するトレーニングを成功させるために必要なスキルがチームにあることを確認します。

AWS は、 AWS ご利用開始のためのリソースセンターAWS ブログAWS オンラインテックトークAWS イベントスケジュール、および AWS Well-Architected ラボなどのリソースを提供しており、チームを教育するためのガイダンス、事例、詳細なチュートリアルを提供しています。さらに、 AWS トレーニング と認定 では、AWS の基礎に関する自習用デジタルコースによる無料のトレーニングを提供しています。また、インストラクターが実施するトレーニングに登録して、チームの AWS スキルの開発をさらにサポートすることもできます。

一般的なアンチパターン:

  • 使用中のプラットフォームとサービスをサポートするスキルがあるチームメンバーなしでワークロードをデプロイする。

  • サポート時間中に対応可能なチームメンバーなしでワークロードをデプロイする。

  • 退職したチームメンバーまたは病気で休職中のチームメンバーがいる場合、それをサポートするために十分なチームメンバーなしでワークロードをデプロイする。

  • 追加のワークロードおよび他のワークロードをサポートするチームメンバーに対する追加の影響を確認することなく、追加のワークロードをデプロイする。

このベストプラクティスを確立するメリット: スキルのあるチームメンバーを持つことで、ワークロードを効果的にサポートできます。

このベストプラクティスが確立されていない場合のリスクレベル:

実装のガイダンス

  • 人材能力: ワークロードを効果的にサポートするために、十分にトレーニングを受けた人材がいることを確認します。

    • チームの規模: オンコールを含め、運用アクティビティに対応できるだけの十分なチームのメンバーを確保します。

    • チームのスキル: チームのメンバーが、AWS、ワークロード、業務を遂行するために使用する運用ツールに関して十分なトレーニングを受けていることを確認します。

    • 能力の見直し: 運用状況や作業量の変化に応じてチームの規模やスキルを見直し、運用上の優秀性を維持するために十分な能力を確保します。調整を行い、チームの規模とスキルが、そのチームでサポートするワークロードの運用要件に一致するようにします。

リソース

関連するドキュメント:

関連する例: