OPS07-BP04 プレイブックを使用して問題を調査する - 運用上の優秀性の柱

OPS07-BP04 プレイブックを使用して問題を調査する

プレイブックは、インシデントの調査に使用するステップバイステップガイドです。インシデントが発生した際は、プレイブックを使用して調査を行い、影響の範囲と根本原因を特定します。プレイブックは、デプロイの失敗からセキュリティインシデントに至るまで、さまざまなシナリオで使用されます。ランブックを使用して緩和する根本原因は、多くの場合プレイブックによって特定します。プレイブックは、組織のインシデント対応計画の基幹的なコンポーネントです。

優れたプレイブックには、いくつかの重要な特徴があります。プレイブックは検出プロセスにおける各手順をユーザーに示します。外側から内側への思考を使って、インシデントの診断に必要な手順を示します。 特別なツールやより高い権限が必要な場合は、プレイブックで明確に定義します。インシデント調査のステータスを関係者と共有するためのコミュニケーションプランの策定は重要なコンポーネントです。根本原因を特定できない場合に備え、プレイブックにはエスカレーションプランが必要です。根本原因を特定できる場合、プレイブックは問題の解決方法が記載されているランブックを示す必要があります。プレイブックは一元的に保管し、定期的に更新する必要があります。特定のアラートにプレイブックを使用する場合、使用すべきプレイブックをアラート内でチームに示します。

組織が成熟するにしたがって、プレイブックを自動化します。最初に、低リスクインシデント用のプレイブックを作成します。スクリプトを使用して検出手順を自動化します。一般的な根本原因を緩和するための関連するランブックも作成します。

期待される成果: 組織には一般的なインシデントに対するプレイブックがあります。プレイブックは一元的に保管され、チームメンバーに提供されます。プレイブックは頻繁に更新されます。既知の根本原因については、関連するランブックが作成されています。

一般的なアンチパターン:

  • インシデントを調査する標準的な方法はない。

  • チームメンバーは過去の経験や社内で蓄積した知識に基づいて、失敗したデプロイの問題を解決している。

  • 新しいチームメンバーは、トライアンドエラーを通じて問題の調査方法を学んでいる。

  • 問題調査のベストプラクティスは、チーム間で共有されていない。

このベストプラクティスを活用するメリット:

  • プレイブックはインシデント緩和の工数を削減します。

  • さまざまなチームメンバーが同じプレイブックを使って、一貫した方法で根本原因の特定を行えます。

  • 既知の根本原因にはランブックが用意されており、復旧時間を短縮できます。

  • プレイブックによって、新しいチームメンバーはすぐにチームに貢献できるようになります。

  • 繰り返し使用可能なプレイブックを持つことで、チームはプロセスをスケールすることができます。

このベストプラクティスが確立されていない場合のリスクレベル:

実装のガイダンス

プレイブックの作成方法と使用方法は、組織の成熟度によって異なります。組織がクラウドに慣れていない場合、文章によるプレイブックを作成し、中央ドキュメントリポジトリに保管します。組織が成熟するにしたがって、Python などのスクリプト言語を使用して、プレイブックを半自動化できます。これらのスクリプトは Jupyter Notebook 内で実行でき、復旧を迅速化します。高度な組織では、一般的な問題のプレイブックを完全に自動化し、ランブックを使用して自動的に問題を緩和します。

プレイブックの作成は、組織のワークロードで発生する一般的なインシデントを一覧化することから始めます。最初に、根本原因がいくつかの問題に絞られている、低リスクインシデント用のプレイブックを作成します。シンプルなシナリオ用のプレイブックの作成後、高リスクシナリオや根本原因があまり知られていないシナリオ用のプレイブックを作成します。

組織が成熟するにつれて、文章によるプレイブックを自動化します。例えば、 AWS Systems Manager Automations などのサービスを使用して、テキストを自動化に変換することができます。これらの自動化を組織のワークロードで実行し、調査を迅速化できます。これらの自動化はイベントへの応答としてアクティブ化され、インシデントの検出と解決の平均時間を短縮します。

顧客は AWS Systems Manager Incident Manager を使用して インシデントに対応できます。このサービスは、インシデントのトリアージを行い、インシデントの検出中および緩和中に関係者に情報を提供し、インシデントをとおしてコラボレーションを行うための単一のインターフェイスを提供します。このサービスは AWS Systems Manager Automations を使用して検出と復旧を迅速化します。

顧客の事例

AnyCompany Retail で製造上の問題が発生しました。オンコールエンジニアは、プレイブックを使用して問題を調査しました。調査を進める中で、AnyCompany Retail はプレイブックに記載されている主要な関係者と情報を共有し続けました。エンジニアは、根本原因がバックエンドサービス内の競合状態であることを特定しました。エンジニアはランブックを使用してサービスを再起動し、AnyCompany Retail をオンライン状態に戻しました。

実装手順

既存のドキュメントリポジトリがない場合、プレイブックライブラリ用のバージョン管理リポジトリを作成することをお勧めします。プレイブックは Markdown を使用して作成できます。Markdown は、ほとんどのプレイブック自動化システムとの互換性を持っています。プレイブックを一から作成する場合、以下のプレイブックテンプレートの例を使用します。

# プレイブックタイトル ## プレイブック情報 | プレイブック ID | 説明 | 使用されるツール | 特別な権限 | プレイブックの作成者 | 最終更新日 | エスカレーション POC | 関係者 | コミュニケーションプラン | |-------|-------|-------|-------|-------|-------|-------|-------|-------| | RUN001 | プレイブックの目的は何か? どのインシデントに使用するか? | ツール | 権限 | 自分の名前 | 2022-09-21 | エスカレーション名 | 関係者名 | 調査中の情報更新の通知方法は? | ## 手順 1.手順 1 2手順 2
  1. 既存のドキュメントリポジトリや Wiki がない場合は、バージョン管理システムにプレイブック用の新しいバージョン管理リポジトリを作成します。

  2. 調査が必要な一般的な問題を特定します。根本原因がいくつかの問題に絞られており、解決策が低リスクであるシナリオを選んでください。

  3. Markdown テンプレートを使用して、 プレイブック名セクションと プレイブック情報以下の フィールドを入力します

  4. トラブルシューティング手順を入力します。実行すべきアクション、または調査すべき領域をできるだけ明確に記載します。

  5. プレイブックをチームメンバーに渡して、内容を確認してもらいます。記載漏れや不明瞭な記載がある場合、プレイブックを更新します。

  6. プレイブックをドキュメントリポジトリに公開し、チームと関係者に通知します。

  7. このプレイブックライブラリは、追加のプレイブックによって拡大します。いくつかのプレイブックを作成したら、AWS Systems Manager Automations などのツールを使用して自動化を開始し、自動化とプレイブックの同期を維持します。

実装計画に必要な工数レベル: 低。プレイブックは、一元的に保管されるテキストドキュメントとして作成します。組織が成熟するにしたがって、プレイブックの自動化に移行します。

リソース

関連するベストプラクティス:

関連するドキュメント:

関連動画:

関連サンプル:

関連サービス: