SEC03-BP06 ライフサイクルに基づいてアクセスを管理する - セキュリティの柱

SEC03-BP06 ライフサイクルに基づいてアクセスを管理する

アクセスコントロールをオペレーター、アプリケーションのライフサイクル、一元化されたフェデレーションプロバイダーと統合します。たとえば、ユーザーが組織を離れるとき、またはロールを変更するときに、ユーザーのアクセス権を削除します。

複数のアカウントでワークロードを管理する場合、それらのアカウント間でリソースを共有するケースがあります。リソースの共有には、 AWS Resource Access Manager (AWS RAM) を使用することをお勧めします.このサービスを使用すると、AWS Organizations 組織および組織単位内で AWS リソースを簡単かつ安全に共有できます。AWS RAM を使用すると、共有されている組織または組織単位内外へのアカウントの移動に伴い、共有リソースへのアクセスの許可または取り消しが自動的に行われます。これで、意図したアカウントのみとのリソースの共有を確実に行えます。

このベストプラクティスを活用しない場合のリスクレベル:

実装のガイダンス

ユーザーアクセスのライフサイクル: 新しいユーザーの参加、職務の変更、退職するユーザーに対するユーザーアクセスライフサイクルポリシーを実装して、現在のユーザーのみがアクセスできるようにします。

リソース

関連するドキュメント:

関連動画: