AWS Well-Architected Tool とは - AWS Well-Architected Tool

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

AWS Well-Architected Tool とは

AWS Well-Architected Tool (AWS WA Tool) は、AWS のベストプラクティスに照らしてアーキテクチャを測定するための一貫したプロセスを提供するクラウド内のサービスです。AWS WA Tool は、製品ライフサイクル全体を通して以下のことを支援します。

  • 決定事項のドキュメント化を支援する

  • ベストプラクティスに基づいてワークロードを改善するための推奨事項を提供する

  • ワークロードの信頼性、安全性、効率性、費用対効果の向上

今日では、AWS WA Tool を活用し、AWS Well-Architected フレームワークのベストプラクティスを使用してワークロードのドキュメント化および測定ができます。これらのベストプラクティスは、AWS ソリューションアーキテクトによって、さまざまなビジネスでのソリューションの構築における長年の経験に基づいて開発されました。このフレームワークは、アーキテクチャを測定するための一貫したアプローチを提供します。また、時間の経過とともにニーズに応じてスケーリングする設計を実装するのに役立つガイダンスも提供します。

このサービスは、最高技術責任者 (CTO)、アーキテクト、開発者、運用チームのメンバーなど、技術製品開発に関わる人々を対象としています。AWS のお客様は、AWS WA Tool を使用してアーキテクチャをドキュメント化し、製品発売ガバナンスを提供し、テクノロジーポートフォリオのリスクを理解して管理できます。

AWS Well-Architected フレームワーク

AWS Well-Architected フレームワークは、特定のアーキテクチャがクラウドのベストプラクティスにどの程度沿っているかを判断するための、一連の基本的な質問をドキュメント化しています。このフレームワークは、最新のクラウドベースのシステムに要求される品質に照らしてシステムを評価する一貫したアプローチを提供します。アーキテクチャの状態に基づいて、フレームワークはこれらの品質をより良く達成するために改善できることを提案します。

このフレームワークを使用することで、信頼性、セキュリティ、効率、コスト効果が高いシステムを設計し、クラウド内で運用するためのアーキテクチャのベストプラクティスを学習できます。また、このフレームワークは、ベストプラクティスに照らしてアーキテクチャを評価し、改善すべき分野を特定する一貫した方法を提供します。このフレームワークは、運用上の優秀性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化という 5 本の柱を基本としています。

ワークロードの設計時には、ビジネスニーズに基づいてこれらの柱間でトレードオフを行います。これらのビジネス上の意思決定は、エンジニアリングの優先順位決定を促進する助けになります。開発環境では、信頼性を犠牲にして、コストを削減 (最適化) する場合があります。ミッションクリティカルなソリューションでは、コストの増加を受け入れて、信頼性を最適化する場合があります。e コマースソリューションでは、顧客満足度が収益の増加を促進する可能性があるため、パフォーマンスを優先する場合があります。セキュリティおよび運用上の優秀性は通常、他の柱に対してトレードオフされることはありません。

フレームワークの詳細については、AWS Well-Architected ウェブサイトを参照してください。

AWS サーバーレスアプリケーションレンズ

AWS サーバーレスアプリケーションレンズには、特定のサーバーレスアプリケーションのワークロードがクラウドのベストプラクティスとどのように合致しているかを理解するための追加の質問が記載されています。このフレームワークは、最新のクラウドベースのシステムに要求される品質に照らしてサーバーレスアーキテクチャの主要な要素を評価するための一貫したアプローチを提供します。このフレームワークは、アーキテクチャの状態に基づいて、潜在的なリスクを理解し、改善につながる次のステップを見分けるのに役立ちます。

詳細については、サーバーレスアプリケーションレンズのホワイトペーパーを参照してください。

定義

AWS WA Tool および AWS Well-Architected フレームワークの場合

  • ワークロードでは、ビジネス価値をもたらす一連のコンポーネントが特定されます。ワークロードは通常、ビジネスとテクノロジーのリーダーが詳細に話し合う対象です。ワークロードの例には、マーケティングウェブサイト、e コマースウェブサイト、モバイルアプリのバックエンド、分析プラットフォームが含まれます。ワークロードは、アーキテクチャの複雑さのレベルによって異なります。静的ウェブサイトのようにシンプルなものになる場合も、複数のデータストアと多数のコンポーネントで構成されるマイクロサービスアーキテクチャのように複雑なものになる場合もあります。

  • マイルストーンは、設計、テスト、実稼働、本稼働の製品ライフサイクルを通して進歩するアーキテクチャでの重要な変更を示します。

  • レンズは、ベストプラクティスに照らしてアーキテクチャを評価し、改善すべき分野を特定する一貫した方法を提供します。

  • 高リスクの問題 (HRI) は、ビジネスに重大な悪影響を及ぼす可能性があると AWS が認識した、アーキテクチャおよび運用上の選択肢です。HRI は、組織のオペレーション、資産、個人に影響を及ぼす可能性があります。

  • 中リスクの問題 (MRI) は、ビジネスに悪影響を及ぼす可能性があると AWS が認識した、アーキテクチャおよび運用上の選択肢でが、その程度は HRI より低くなります。

    詳細については、「High Risk Issues (HRIs) and Medium Risk Issues (MRIs)」を参照してください。