Microsoft 365 Bring Your Own License (BYOL) - Amazon WorkSpaces

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Microsoft 365 Bring Your Own License (BYOL)

Amazon WorkSpaces では、Microsoft のライセンス要件を満たしている場合は、独自の Microsoft 365 ライセンスを持ち込むことができます。これらのライセンスにより、以下のオペレーティングシステム WorkSpaces を搭載した で Microsoft 365 Apps for enterprise ソフトウェアをインストールしてアクティブ化できます。

  • Windows 10 (Bring Your Own License)

  • Windows 11 (Bring Your Own License)

  • Windows Server 2016

  • [Windows Server 2019]

  • Windows Server 2022

で Microsoft 365 Apps for enterprise を使用するには WorkSpaces、Microsoft 365 E3/E5、Microsoft 365 A3/A5、または Microsoft 365 Business Premium のサブスクリプションが必要です。

Amazon WorkSpaces では、Microsoft 365 ライセンスを使用して、以下を含む Microsoft 365 Apps for enterprise をインストールしてアクティブ化できます。

  • Microsoft Word

  • Microsoft Excel

  • Microsoft PowerPoint

  • Microsoft Outlook

  • Microsoft OneDrive

詳細については、Microsoft 365 Apps for enterprise の詳細なリストを参照してください。

Microsoft Project、Microsoft Visio、Microsoft Power Automate など、Microsoft 365 に含まれていない Microsoft アプリケーションをインストールすることもできます WorkSpaces が、独自の追加ライセンスを導入する必要があります。

WorkSpaces マルチリージョンレジリエンス を使用して、プライマリ WorkSpaces およびフェイルオーバーで Microsoft 365 およびその他の Microsoft アプリケーションをインストールして使用できます。

Microsoft 365 Apps for enterprise WorkSpaces で作成する

Microsoft 365 Apps for enterprise WorkSpaces で を作成するには、アプリケーションがインストールされたカスタムイメージを作成し、それを使用してカスタムバンドルを作成する必要があります。バンドルを使用して、アプリケーションがインストールされ WorkSpaces た新しい を起動できます。 WorkSpaces ドメインは、Microsoft 365 Apps for enterprise でパブリックバンドルを提供しません。

Microsoft 365 Apps for enterprise WorkSpaces で を作成するには
  1. https://console.aws.amazon.com/workspaces/ で WorkSpaces コンソールを開きます。

  2. 他の Microsoft アプリケーション のイメージ WorkSpace として使用する を起動します WorkSpaces。ここに Microsoft アプリケーションをインストールします。の起動の詳細については WorkSpace、「 を使用して仮想デスクトップを起動 WorkSpacesする」を参照してください。

  3. https://clients.amazonworkspaces.com/ でクライアントアプリケーションを起動し、招待メールに記載されている登録コードを入力して、[登録] を選択します。

  4. サインインするように求められたら、ユーザーのサインイン認証情報を入力し、[Sign In] (サインイン) を選択します。

  5. Microsoft 365 Apps for enterprise をインストールして設定します。

  6. からカスタムイメージを作成し WorkSpace、それを使用してカスタムバンドルを作成します。カスタムイメージとバンドルの作成の詳細については、「カスタム WorkSpaces イメージとバンドルを作成する」を参照してください。

  7. 作成したカスタムバンドル WorkSpaces を使用して を起動します。これら WorkSpaces には Microsoft 365 Apps for enterprise がインストールされています。

既存の を移行 WorkSpaces して Microsoft 365 Apps for enterprise を使用する

に を通じて Microsoft Office ライセンス WorkSpaces がない場合はAWS、 に Microsoft 365 Apps for enterprise をインストールして設定できます WorkSpaces。

に を通じて Microsoft Office ライセンス WorkSpaces がある場合はAWS、Microsoft 365 Apps for enterprise をインストールする前に、まず Microsoft Office ライセンスを登録解除する必要があります。

重要

から Microsoft Office アプリケーションをアンインストールしても、ライセンスは登録解除 WorkSpaces されません。Microsoft Office ライセンスの課金を回避するには、次のいずれかを実行して、 AWSから Microsoft Office アプリケーション WorkSpaces から を登録解除します。

  • アプリケーションの管理 (推奨) – Microsoft Office 2016 および 2019 を からアンインストールできます WorkSpaces。詳細については、「アプリケーションの管理」を参照してください。アンインストールしたら、Microsoft 365 Apps for enterprise を にインストールできます WorkSpaces。

  • の移行 WorkSpace – ユーザーボリューム上のデータを保持しながら、あるバンドル WorkSpace から別のバンドルに を移行できます。

    • WorkSpaces を Microsoft Office サブスクリプションのないイメージを含むバンドルに移行します。移行が完了したら、Microsoft 365 Apps for enterprise を にインストールできます WorkSpaces。

    • または、イメージに Microsoft 365 Apps for enterprise が既にインストールされているカスタムイメージ WorkSpaces とバンドルを作成し、 WorkSpaces をこの新しいカスタムバンドルに移行します。移行が完了すると、 WorkSpaces ユーザーは Microsoft 365 Apps for enterprise の使用を開始できます。

    • の移行方法の詳細については WorkSpaces、「 の移行 WorkSpace」を参照してください。

で Microsoft 365 Apps for enterprise を更新する WorkSpaces

デフォルトでは、Microsoft Windows オペレーティングシステムで WorkSpaces 実行されている は、Windows Update から更新を受け取るように設定されています。ただし、Microsoft 365 Apps for enterprise の更新プログラムは Windows Update ではご利用いただけません。更新を Office CDN から自動的に実行するように設定するか、Windows Server Update Services (WSUS) を Microsoft Configuration Manager と組み合わせて使用して Microsoft 365 Apps for enterprise を更新します。詳細については、「Microsoft Configuration Manager を使用して Microsoft 365 Apps の更新プログラムを管理する」を参照してください。Microsoft 365 アプリケーションの更新の頻度を設定するには、更新チャネルを指定し、ライセンスポリシーの WorkSpaces Microsoft 365 に準拠するように現行または月次エンタープライズに設定します。