WorkSpaces でディレクトリを登録する - Amazon WorkSpaces

WorkSpaces でディレクトリを登録する

WorkSpaces で既存の AWS Directory Service ディレクトリを使用できるようにするには、そのディレクトリを WorkSpaces で登録する必要があります。ディレクトリを登録したら、そのディレクトリで WorkSpaces を起動できます。

Requirements

WorkSpaces で使用するディレクトリを登録するには、次の要件を満たしている必要があります。

  • Amazon WorkSpaces で使用するために登録するディレクトリは、WorkSpaces を起動するすべての仮想プライベートクラウド (VPC) サブネットに存在する必要があります。

  • AD Connector を使用している場合は、WorkSpaces デプロイに使用するのと同じ VPC のサブネットに AD Connector を直接アタッチする必要があります。

  • AWS Managed Microsoft AD または Simple AD を使用している場合、WorkSpaces が配置されている VPC にディレクトリがアクセスできる限り、ディレクトリは専用プライベートサブネットに配置できます。

ディレクトリと VPC 設計の詳細については、Amazon WorkSpaces のデプロイのベストプラクティスのホワイトペーパーを参照してください。

注記

Simple AD および AD Connector は、WorkSpaces で無料で利用できます。Simple AD または AD Connector ディレクトリで 30 日間連続使用されている WorkSpaces がない場合、そのディレクトリは Amazon WorkSpaces での使用から自動的に登録解除され、AWS Directory Service 料金の条件に従って課金されるようになります。

空のディレクトリを削除するには、WorkSpaces のディレクトリの削除 を参照してください。Simple AD または AD Connector ディレクトリを削除した場合、WorkSpaces を再度ご使用になる際は、いつでも Simple AD または AD Connector を新たに作成できます。

ディレクトリを登録するには

  1. https://console.aws.amazon.com/workspaces/ で WorkSpaces コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Directories] を選択します。

  3. ディレクトリを選択します。

  4. [Actions]、[Register] の順に選択します。

    注記
    • 現在、共有ディレクトリは、Amazon WorkSpaces での使用はサポートされていません。

    • マルチリージョンレプリケーション用に AWS Managed Microsoft AD ディレクトリが設定されている場合は、プライマリリージョンのディレクトリのみを Amazon WorkSpaces で使用するために登録できます。Amazon WorkSpaces で使用するためにレプリケートされたリージョンにディレクトリを登録しようとすると失敗します。AWS Managed Microsoft AD を使用したマルチリージョンレプリケーションは、レプリケートされたリージョン内での Amazon WorkSpaces での使用についてサポートされていません。

  5. 同じアベイラビリティーゾーンにない VPC の 2 つのサブネットを選択します。これらのサブネットは WorkSpaces の起動に使用されます。詳細については、「」を参照してくださいAmazon WorkSpaces のアベイラビリティーゾーン

  6. [セルフサービスアクセス許可の有効化] で [はい] を選択し、WorkSpaces の再構築、ボリュームサイズ/コンピューティングタイプ/実行モードの変更をユーザーに許可します。これにより、Amazon WorkSpaces の料金に影響する場合があります。それ以外の場合は [いいえ] を選択します。

  7. [Enable Amazon WorkDocs] (Amazon WorkDocs の有効化) で、[Yes] (はい) を選択して Amazon WorkDocs で使用するディレクトリを登録するか、それ以外の場合は [No] (いいえ) を選択します。

    注記

    このオプションは、リージョンで Amazon WorkDocs が使用可能であり、 を使用していない場合にのみ表示されますAWS Managed Microsoft AD AWS Managed Microsoft AD を使用している場合は、ディレクトリの登録を終了してから、「AWS Managed Microsoft AD 用に Amazon WorkDocs を有効にする」を参照してください。

  8. [Register] を選択します。[Registered] の最初の値が REGISTERING されます。登録が完了した後、値は Yes となります。

WorkSpaces でディレクトリの使用が終了したら、登録を解除できます。ディレクトリを削除する前に、ディレクトリの登録を解除する必要があります。ディレクトリの登録を解除して削除する場合は、まず、ディレクトリに登録されているすべてのアプリケーションとサービスを検索して削除する必要があります。詳細については、AWS Directory Service 管理ガイドディレクトリの削除を参照してください。

ディレクトリの登録を解除するには

  1. https://console.aws.amazon.com/workspaces/ で WorkSpaces コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Directories] を選択します。

  3. ディレクトリを選択します。

  4. [Actions]、[Deregister] の順に選択します。

  5. 確認を求めるメッセージが表示されたら、[Deregister] を選択します。登録解除が完了すると、[Registered] の値は No になります。