WorkSpace の復元 - Amazon WorkSpaces

WorkSpace の復元

必要に応じて、WorkSpace を最後の既知の正常な状態に戻すことができます。これにより、WorkSpace が正常であったときに作成されたこれらのボリュームの最新のスナップショットに基づいて、ルートボリュームとユーザーボリュームの両方が再作成されます。

WorkSpace を復元すると、次の状況が発生します。

  • ルートボリューム (Microsoft Windows の場合はドライブ C、Linux の場合は /) が最新のスナップショットに復元されます。最後にスナップショットが作成された後にインストールされたアプリケーション、または変更されたシステム設定は失われます。

  • ユーザーボリューム (Microsoft Windows の場合は D: ドライブ、Linux の場合は /home) が、最新のスナップショットから再作成されます。ユーザーボリュームの現在の内容は上書きされます。

スナップショットが作成される場合

ルートボリュームとユーザーボリュームのスナップショットは、次の基準で取得されます。[Actions] (アクション)、[Rebuild / Restore WorkSpace] (WorkSpace のリビルドとリストア) を選択すると、最新のスナップショットの日付と時刻が表示されます。

  • WorkSpace が最初に作成された後 — 通常、ルートボリュームとユーザーボリュームの最初のスナップショットは、WorkSpace の作成後すぐに (多くの場合 30 分以内に) 作成されます。AWS リージョンによっては、WorkSpace の作成後に最初のスナップショットが作成されるまで数時間かかる場合があります。

    最初のスナップショットが作成される前に WorkSpace が異常になった場合、WorkSpace を復元することはできません。その場合は、WorkSpace の再構築を試みるか、AWS Support にお問い合わせください。

  • 通常使用中 — WorkSpace の復元時に使用する自動スナップショットは、12 時間ごとにスケジュールされます。WorkSpace が正常であれば、ルートボリュームとユーザーボリュームの両方のスナップショットがほぼ同時に作成されます。WorkSpace に不具合がある場合、スナップショットはユーザーボリュームに対してのみ作成されます。

  • WorkSpace が復元された後 — WorkSpace を復元すると、復元が完了した直後に (多くの場合 30 分以内に) 新しいスナップショットが作成されます。AWS リージョンによっては、WorkSpace の復元後にこれらのスナップショットが作成されるまで数時間かかる場合があります。

    WorkSpace を復元した後、新しいスナップショットを作成する前に WorkSpace が異常になった場合、WorkSpace を再び復元することはできません。その場合は、WorkSpace の再構築を試みるか、AWS Support にお問い合わせください。

WorkSpace を復元できるのは、次の条件が満たされている場合のみです。

  • WorkSpace の状態は、AVAILABLEERRORUNHEALTHY、または STOPPED である必要があります。

  • ルートボリュームとユーザーボリュームのスナップショットが存在する必要があります。

WorkSpace を復元するには

  1. https://console.aws.amazon.com/workspaces/ で WorkSpaces コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [WorkSpaces] を選択します。

  3. 復元する WorkSpace を選択したら、[Actions] (アクション)、[Rebuild / Restore WorkSpace] (WorkSpace の再ビルド / 復元) の順に選択します。

  4. [Snapshot] (スナップショット) で、スナップショットのタイムスタンプを選択します。

  5. [復元] を選択します。

AWS CLI を使用して WorkSpace を復元するには

restore-workspace コマンドを使用します。