の再構築 WorkSpace - Amazon WorkSpaces

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の再構築 WorkSpace

を再構築すると、 が起動 WorkSpace されたバンドルの最新のイメージのルートボリューム、そのユーザーボリューム、およびそのプライマリ Elastic Network Interface が WorkSpace 再作成されます。を再構築すると、 を復元するよりも多くのデータが WorkSpace 削除されますが WorkSpace、必要なのはユーザーボリュームのスナップショットのみです。を復元するには、 WorkSpace「」を参照してくださいWorkSpace の復元

を再構築 WorkSpace すると、次のようになります。

  • ルートボリューム (Microsoft Windows の場合はドライブ C、Linux の場合は /) は、 WorkSpace が作成されたバンドルの最新のイメージで更新されます。インストールされたアプリケーション、または WorkSpace の作成後に変更されたシステム設定はすべて失われます。

  • ユーザーボリューム (Microsoft Windows の場合は D: ドライブ、Linux の場合は /home) が、最新のスナップショットから再作成されます。ユーザーボリュームの現在の内容は上書きされます。

    の再構築時に使用する自動スナップショット WorkSpace は 12 時間ごとにスケジュールされます。ユーザーボリュームのこれらのスナップショットは、 の状態に関係なく作成されます WorkSpace。Actions Rebuild / Restore WorkSpaceを選択すると、最新のスナップショットの日時が表示されます。

    を再構築すると WorkSpace、再構築の完了後すぐに (多くの場合 30 分以内に) 新しいスナップショットも作成されます。

  • プライマリ Elastic Network Interface が再作成されます。は新しいプライベート IP アドレス WorkSpace を受け取ります。

重要

2020 年 1 月 14 日以降、パブリック Windows 7 バンドルから WorkSpaces 作成された は再構築できなくなります。Windows 7 から Windows 10 WorkSpaces への移行を検討してください。詳細については、「の移行 WorkSpace」を参照してください。

を再構築できるのは、次の条件が満たされた場合 WorkSpace のみです。

  • の状態は、AVAILABLE、、ERRORUNHEALTHYSTOPPEDまたは WorkSpace である必要がありますREBOOTING。 WorkSpace REBOOTING 状態の を再構築するには、 RebuildWorkspaces API オペレーションまたは rebuild-workspaces AWS CLI コマンドを使用する必要があります。

  • ユーザーボリュームのスナップショットが存在する必要があります。

を再構築するには WorkSpace
警告

暗号化された を再構築するには WorkSpace、まず AWS KMS キーが有効になっていることを確認します。有効でない場合、 WorkSpace は使用できなくなります。KMS キーが有効になっているかどうかを確認する方法については、「AWS Key Management Service デベロッパーガイド」の 「コンソールで KMS キーを表示する」を参照してください。

  1. https://console.aws.amazon.com/workspaces/ で WorkSpaces コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、 を選択しますWorkSpaces

  3. 再構築 WorkSpace する を選択し、アクション 再構築/復元 WorkSpaceを選択します。

  4. [Snapshot] (スナップショット) で、スナップショットのタイムスタンプを選択します。

  5. [Rebuild] を選択します。

WorkSpace を使用して を再構築するには AWS CLI

rebuild-workspaces コマンドを使用します。

トラブルシューティング

Active Directory でユーザーの sAMAccountName ユーザー命名属性を変更 WorkSpace した後に を再構築すると、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

"ErrorCode": "InvalidUserConfiguration.Workspace"
"ErrorMessage": "The user was either not found or is misconfigured."

この問題を回避するには、元のユーザー命名属性に戻ってから再構築を再開するか、そのユーザー WorkSpace 用に新しい を作成します。