Amazon WorkSpaces クライアントネットワークの要件 - Amazon WorkSpaces

Amazon WorkSpaces クライアントネットワークの要件

WorkSpaces ユーザーは、サポートされているデバイスのクライアントアプリケーションを使用して WorkSpaces に接続することができます。また、ウェブブラウザを使用して、このアクセス形式をサポートする WorkSpaces に接続することができます。ウェブブラウザのアクセスをサポートする WorkSpaces のリストについては、「ウェブアクセスはどの Amazon WorkSpaces バンドルでサポートされていますか?」を参照してください。クライアントアクセス、Web アクセス、およびユーザーエクスペリエンスで。

注記

ウェブブラウザを使用して Amazon Linux WorkSpaces に接続することはできません。

重要

2020 年 10 月 1 日以降、お客様は Amazon WorkSpaces Web Access クライアントを使用して Windows 7 カスタム WorkSpaces または Windows 7 自分のライセンス使用 (BYOL) WorkSpaces に接続できなくなります。

ユーザーに WorkSpaces の優れた体験を提供するために、クライアントデバイスが以下のネットワーク要件を満たしていることを確認します。

  • クライアントデバイスには、ブロードバンドインターネット接続が必要です。480p ビデオウィンドウを視聴する同時ユーザーあたり 1 Mbps 以上を計画することをお勧めします。ビデオ解像度に対するユーザー品質の要件によっては、より多くの帯域幅が必要になる場合があります。

  • クライアントデバイスが接続されているネットワーク、およびクライアントデバイスのファイアウォールに、さまざまな AWS サービスの IP アドレス範囲に対して開かれている特定のポートが存在している必要があります。詳細については、「」を参照してくださいWorkSpaces の IP アドレスとポートの要件

  • PCoIP のパフォーマンスを最大限に高めるには、クライアントネットワークから WorkSpaces があるリージョンまでのラウンドトリップ時間 (RTT) が 100ms 未満でなければなりません。RTT が 100 ミリ秒から 200 ミリ秒の間にある場合、ユーザーは WorkSpace にアクセスできますが、パフォーマンスに影響します。RTT が 200 ミリ秒~375 ミリ秒の間にある場合、パフォーマンスは低下します。RTT が 375 ミリ秒を超えると、WorkSpaces クライアント接続は終了します。

    WorkSpaces Streaming Protocol (WSP) の最高のパフォーマンスのためには、クライアントのネットワークから WorkSpaces があるリージョンまでの RTT が 250 ミリ秒未満でなければなりません。RTT が 250 ミリ秒から 400 ミリ秒の間にある場合、ユーザーは WorkSpace にアクセスできますが、パフォーマンスは低下します。

    自分の場所からさまざまな AWS リージョンへの RTT を確認するには、Amazon WorkSpaces 接続ヘルスチェックを使用します。

  • WSP でウェブカメラを使用する場合、アップロードの帯域幅には最低 1 秒あたり 1.7 メガビットの確保が推奨されます。

  • ユーザーが仮想プライベートネットワーク(VPN)経由で WorkSpace にアクセスする場合は、少なくとも 1200 バイトの最大送信単位(MTU)をサポートする接続が必用です。

    注記

    Virtual Private Cloud (VPC) に接続された VPN を介して WorkSpaces にアクセスすることはできません。VPN を使用して WorkSpaces にアクセスするには、WorkSpaces の IP アドレスとポートの要件 で説明されているように、(VPN のパブリック IP アドレス経由の) インターネット接続が必要です。

  • クライアントには、サービスと Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) がホストする WorkSpaces リソースへの HTTPS アクセスが必要です。クライアントは、アプリケーションレベルのプロキシリダイレクトをサポートしていません。ユーザーが登録を完了して Workspace にアクセスできるようにするには、HTTPS アクセスが必要です。

  • PCoIP ゼロクライアントデバイスからのアクセスを許可するには、WorkSpaces の PCoIP プロトコルバンドルを使用する必要があります。また、Teradici でネットワークタイムプロトコル (NTP) を有効にする必要があります。詳細については、「」を参照してくださいWorkSpaces の PCoIP ゼロクライアントをセットアップする

  • 3.0 以降のクライアントの場合、Amazon WorkDocs で Single Sign-On (SSO) を使用している場合は、AWS Directory Service 管理ガイドSingle Sign-On の手順に従う必要があります。

次の方法で、クライアントデバイスがネットワーキング要件を満たしていることを確認できます。

  1. WorkSpaces クライアントを開きます。クライアントを初めて開いた場合は、招待メールで受け取った登録コードを入力するよう求められます。

  2. 使用しているクライアントに応じて、以下のいずれかを実行します。

    使用しているクライアント 操作

    Windows または Linux クライアント

    クライアントアプリケーションの右上にある [Network (ネットワーク)] アイコン 
                                                    Network icon
                                                を選択します。

    macOS クライアント

    [Connections (接続)]、[Network (ネットワーク)] の順に選択します。

    クライアントアプリケーションによって、ネットワーク接続、ポート、ラウンドトリップ時間がテストされ、これらのテストの結果がレポートされます。

  3. [Network (ネットワーク)] ダイアログボックスを閉じて、サインインページに戻ります。

  1. WorkSpaces クライアントを開きます。クライアントを初めて開いた場合は、招待メールで受け取った登録コードを入力するよう求められます。

  2. クライアントアプリケーションの右下隅にある [Network (ネットワーク)] を選択します。クライアントアプリケーションによって、ネットワーク接続、ポート、ラウンドトリップ時間がテストされ、これらのテストの結果がレポートされます。

  3. [Dismiss] を選択してサインインページに戻ります。