WorkSpaces ウェブアクセス - Amazon WorkSpaces

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

WorkSpaces ウェブアクセス

ユーザーは、Web ブラウザーを使用して、 WorkSpaces どこからでも Windows WorkSpaces と WSP Linux にアクセスできます。クライアントアプリケーションのインストールと保守は困難な場合があるため、 WorkSpaces 個人所有のデバイスやロックダウンされたデバイスからアクセスするユーザーに最適です。従来のリモートアクセスソリューションを使用して適切なクライアントアプリケーションをインストールする代わりに、ユーザーはウェブサイトを経由して職場のリソースにアクセスできます。

制限
  • PCoIP プロトコルを使用する一部の Windows 10 WorkSpaces では Web アクセスを使用できません。PCoIP WorkSpace が Windows Server 2019 または 2022 を搭載している場合、Web アクセスは使用できません。

  • Web ブラウザーを使用して GPU 対応に接続することはできません。 WorkSpaces

  • VPN で macOS を使用していて、Firefox ウェブブラウザを使用している場合、ウェブブラウザは Web アクセスを使用した PCoIP ワークスペースのストリーミングをサポートしていません。 WorkSpaces これは Firefox の WebRTC プロトコル実装における制限によるものです。

  • 2020 年 10 月 1 日以降、Amazon WorkSpaces ウェブアクセスクライアントを使用して Windows 7 WorkSpaces カスタムまたは Windows 7 のライセンス持ち込み (BYOL) に接続することはできません。 WorkSpaces

ウェブサイト

WorkSpaces ウェブアクセスを開き、 WorkSpace ウェブブラウザから Windows にログオンします。 AWS GovCloud (US) Region s を使用している場合は、WorkSpaces Web Access を開いてに接続してください WorkSpaces。 WorkSpaces

要件

にアクセスするには、 WorkSpace Windows 10 デスクトップエクスペリエンスと以下のバンドルのいずれかを実行します。

  • Standard

  • Performance

  • Power

  • PowerPro

ウェブ接続が必要です。

注記

s の Web WorkSpaces アクセスを使用して WSP に接続できます。 AWS GovCloud (US) Region s では Web WorkSpaces アクセスを介した PCoIP への接続はサポートされていません。 AWS GovCloud (US) Region

管理者が WorkSpaces Web アクセスを有効にする必要があります。詳細については、『 WorkSpaces アマゾン管理ガイド』の「Amazon WorkSpaces ウェブアクセスの有効化と設定」を参照してください

WorkSpaces PCoIP 用に設定されています。

Windows、macOS、Linux コンピュータで、次のいずれかのウェブブラウザ実行している必要があります。

  • Google Chrome 55 以降

  • Firefox 52 以降

WorkSpaces WorkSpaces ストリーミングプロトコル (WSP) 用に設定

Windows、macOS、Linux コンピュータで、次のいずれかのウェブブラウザ実行している必要があります。

  • Microsoft Edge (最新の 3 つのメジャーバージョン)

  • Google Chrome (最新の 3 つのメジャーバージョン)

  • Mozilla Firefox (最新の 3 つのメジャーバージョン)

  • macOS 版 Apple Safari (最新の 3 つのメジャーバージョン)

クライアントビュー

WorkSpaces Web アクセスは複数の画面解像度をサポートします。サポートされる最小解像度は 960x720 ピクセルで、サポートされる最大解像度は 2560x1600 ピクセルです。

WSP WorkSpaces 用に構成されている場合のみ複数のモニターをサポートします。詳細については、「複数画面の使用」を参照してください。

プロキシサーバー

プロキシサーバーを使用してインターネットにアクセスする必要がある場合は、プロキシサーバーを使用するようにブラウザを設定できます。

制限
  • 認証を伴うプロキシは現在サポートされていません。

  • ウェブアクセスのプロキシサーバーのサポートはブラウザによって異なる場合があります。Chrome (バージョン 55 以降) は、ウェブプロキシ経由でルーティングされるウェブアクセストラフィックをサポートしますが、現在の Firefox はサポートしていません。

  • WorkSpaces WSP 用に設定した場合は、Web ブラウザのプロキシ設定を使用します。

WorkSpaces WSP 用に設定された機能

WorkSpaces 次の機能はストリーミングプロトコル (WSP) WorkSpaces 用に設定された場合にのみ適用されます。

コピーと貼り付け

Web ブラウザークライアントを使用して、 WorkSpaces ローカルコンピューターとセッション間でテキストや画像をコピーして貼り付けることができます。Google Chrome と Microsoft Edge では、キーボードショートカットとコンテキスト (右クリック) メニューを使用してテキストとイメージをコピーして貼り付けます。Mozilla Firefox と Apple Safari では、イメージのコピーと貼り付けをサポートしていません。また、テキストのコピーと貼り付けにはクリップボードダイアログを使用する必要があります。

ウェブカメラの使用

ウェブカメラ機能は、Google Chrome や Microsoft Edge などの Chromium ベースのブラウザでのみサポートされています。Mozilla Firefox ではサポートされていません。

使用するカメラを選択する手順は、サポートされているすべてのウェブブラウザで同じです。

使用するウェブカメラを選択する方法
  1. クライアントで、[Workspaces Name] (Workspaces 名) メニューを選択し、[Preferences] (設定) を選択します。

  2. [Camera] (カメラ) タブを選択し、使用するカメラを選択します。

  3. [Preferences] (設定) モーダルを閉じます。

次の点に注意してください。

  • [Camera] (カメラ) メニューの項目は、管理者がセッションでのウェブカメラの使用を許可している場合にのみ表示されます。

  • ウェブカメラの使用中は、ウェブカメラの選択を変更することはできません。

セッションでウェブカメラを使用する

セッションで使用するウェブカメラを有効または無効にするには、次の例に示すように、クライアントでウェブカメラボタンを選択します。ウェブカメラボタンは、ユーザーがウェブカメラの使用を許可されていて、少なくとも 1 つのウェブカメラがローカルコンピュータに接続されている場合にのみツールバーに表示されます。

Web Access クライアントの WorkSpaces Web カメラボタン。

次の表に、ウェブカメラの各状態を示します。

アイコン 説明
ウェブカメラは無効になっています。

ウェブカメラは無効になっています。このボタンを選択すると、ウェブカメラは有効になります。使用するウェブカメラを事前に選択していない場合は、デフォルトのウェブカメラが使用されます。

ウェブカメラは有効になっています。

ウェブカメラは有効になっていますが、使用されていません。このボタンを選択すると、ウェブカメラは無効になります。

ウェブカメラは使用中です。

Web WorkSpaces カメラはセッションのリモートアプリケーションによって使用されています。このアイコンを選択すると、ウェブカメラは無効になります。

複数画面の使用

複数の画面を使用するには、次の例に示すように、クライアントでマルチスクリーンボタンを選択します。複数の画面は、最大 2 台のモニターでサポートされます。

WorkSpaces Web Access クライアントのマルチスクリーンボタン。

診断ログのアップロードを有効にする

WorkSpaces クライアントの問題をトラブルシューティングするには、診断ログを有効にします。送信されるログファイルには、 WorkSpaces AWS デバイスとネットワークへの接続に関する詳細情報が含まれます。 WorkSpace ストリーミングセッションの前または最中に診断ログのアップロードを有効にして、 WorkSpaces これらのファイルがクライアントに自動的に送信されるようにすることができます。

ログファイルを送信するには
  1. Amazon WorkSpaces ウェブアクセスクライアントを開きます。

  2. WorkSpaces サインインページの上部にある [診断ログ] を選択します。

  3. ダイアログボックスで、[診断ログ] が有効になっていることを確認します。

  4. (オプション) デバッグレベルの詳細と、詳細なパフォーマンスデータを生成するには、[高度なログ記録] を選択します。