WorkSpaces Web Access - Amazon WorkSpaces

WorkSpaces Web Access

ユーザーは、ウェブブラウザを使用して、任意の場所から Windows WorkSpaces にアクセスできます。クライアントアプリケーションのインストールやメンテナンスは難しいため、これは個人所有のデバイスまたはロックされたデバイスから WorkSpaces にアクセスするユーザーに最適です。従来のリモートアクセスソリューションを使用して適切なクライアントアプリケーションをインストールする代わりに、ユーザーはウェブサイトを経由して職場のリソースにアクセスできます。

制限
  • Web Access は、PCoIP プロトコルを使用する一部の Windows 10 WorkSpaces では使用できません。PCoIP WorkSpace が Windows Server 2019 に搭載されている場合、Web Access は使用できません。

  • ウェブブラウザを使用して GPU 対応の WorkSpaces と Amazon Linux WorkSpaces に接続することはできません。

  • 2020 年 10 月 1 日以降、Amazon WorkSpaces Web Access クライアントを使用して Windows 7 カスタム WorkSpaces または Windows 7 Bring-Your-Own-License (BYOL) WorkSpaces に接続することはできなくなっています。

ウェブサイト

WorkSpaces Web Access を開き、ウェブブラウザから Windows WorkSpace にログオンします。

要件

Windows 10 デスクトップエクスペリエンスと次のいずれかのバンドルを実行することで、WorkSpace にアクセスできます。

  • Value

  • Standard

  • Performance

  • Power

  • PowerPro

ウェブ接続が必要です。

注記

Ubuntu WorkSpaces に接続するには、Windows クライアントアプリケーション、macOS クライアントアプリケーション、および Web Access を使用できます。Linux クライアントは現在サポートされていません。

管理者は WorkSpaces Web Access を有効にする必要があります。詳細については、Amazon WorkSpaces 管理ガイドAmazon WorkSpaces Web Access を有効にして設定するを参照してください。

PCoIP に対応した WorkSpaces

Windows、macOS、Linux コンピュータで、次のいずれかのウェブブラウザ実行している必要があります。

  • Google Chrome 55 以降

  • Firefox 52 以降

WorkSpaces Streaming Protocol (WSP) に対応した WorkSpaces

Windows、macOS、Linux コンピュータで、次のいずれかのウェブブラウザ実行している必要があります。

  • Microsoft Edge (最新の 3 つのメジャーバージョン)

  • Google Chrome (最新の 3 つのメジャーバージョン)

  • Mozilla Firefox (最新の 3 つのメジャーバージョン)

  • macOS 版 Apple Safari (最新の 3 つのメジャーバージョン)

クライアントビュー

WorkSpaces Web Access は、複数の画面解像度をサポートします。サポートされる最小解像度は 960x720 ピクセルで、サポートされる最大解像度は 2560x1600 ピクセルです。

WSP 用に設定された WorkSpaces のみが複数のモニターをサポートします。詳細については、「複数画面の使用」を参照してください。

プロキシサーバー

プロキシサーバーを使用してインターネットにアクセスする必要がある場合は、プロキシサーバーを使用するようにブラウザを設定できます。

制限
  • 認証を伴うプロキシは現在サポートされていません。

  • ウェブアクセスのプロキシサーバーのサポートはブラウザによって異なる場合があります。Chrome (バージョン 55 以降) は、ウェブプロキシ経由でルーティングされるウェブアクセストラフィックをサポートしますが、現在の Firefox はサポートしていません。

  • WSP 用に設定された WorkSpaces は、ウェブブラウザのプロキシ設定を使用します。

WSP 用に設定された WorkSpaces の機能

以下の機能は、WorkSpaces Streaming Protocol (WSP) 用に設定された WorkSpaces にのみ適用されます。

コピーと貼り付け

ウェブブラウザクライアントを使用して、ローカルコンピュータと WorkSpaces セッションの間でテキストとイメージをコピーして貼り付けることができます。Google Chrome と Microsoft Edge では、キーボードショートカットとコンテキスト (右クリック) メニューを使用してテキストとイメージをコピーして貼り付けます。Mozilla Firefox と Apple Safari では、イメージのコピーと貼り付けをサポートしていません。また、テキストのコピーと貼り付けにはクリップボードダイアログを使用する必要があります。

ウェブカメラの使用

ウェブカメラ機能は、Google Chrome や Microsoft Edge などの Chromium ベースのブラウザでのみサポートされています。Mozilla Firefox ではサポートされていません。

使用するカメラを選択する手順は、サポートされているすべてのウェブブラウザで同じです。

使用するウェブカメラを選択する方法
  1. クライアントで、[Workspaces Name] (Workspaces 名) メニューを選択し、[Preferences] (設定) を選択します。

  2. [Camera] (カメラ) タブを選択し、使用するカメラを選択します。

  3. [Preferences] (設定) モーダルを閉じます。

次の点に注意してください。

  • [Camera] (カメラ) メニューの項目は、管理者がセッションでのウェブカメラの使用を許可している場合にのみ表示されます。

  • ウェブカメラの使用中は、ユーザーがウェブカメラの選択を変更することはできません。

セッションでウェブカメラを使用する

セッションで使用するウェブカメラを有効または無効にするには、次の例に示すように、クライアントでウェブカメラボタンを選択します。ウェブカメラボタンは、ユーザーがウェブカメラの使用を許可されていて、少なくとも 1 つのウェブカメラがローカルコンピュータに接続されている場合にのみツールバーに表示されます。


                WorkSpaces Web Access クライアントのウェブカメラボタン。

次の表に、ウェブカメラの各状態を示します。

アイコン 説明

                                    ウェブカメラは無効になっています。

ウェブカメラは無効になっています。このボタンを選択すると、ウェブカメラは有効になります。使用するウェブカメラを事前に選択していない場合は、デフォルトのウェブカメラが使用されます。


                                    ウェブカメラは有効になっています。

ウェブカメラは有効になっていますが、使用されていません。このボタンを選択すると、ウェブカメラは無効になります。


                                    ウェブカメラは使用中です。

ウェブカメラは、リモートアプリケーションにより、WorkSpaces セッションで使用されています。このアイコンを選択すると、ウェブカメラは無効になります。

複数画面の使用

複数の画面を使用するには、次の例に示すように、クライアントでマルチスクリーンボタンを選択します。


                WorkSpaces Web Access クライアントのマルチスクリーンボタン。