AWS X-Ray と他の AWS のサービスの統合 - AWS X-Ray

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS X-Ray と他の AWS のサービスの統合

多数AWSサービスでは、さまざまなレベルの X-Ray 統合を提供し、受信リクエストのサンプリングとヘッダーの追加、X-Ray デーモンの実行、トレースデータの X-Ray への自動送信を含めることができます。X-Rayとの統合には、次のようなものがある。

  • アクティブ計測— 受信リクエストをサンプリングして計測します。

  • パッシブ計測— 別のサービスですでにサンプリングされているリクエストを計測します。

  • リクエストのトレース— すべての受信リクエストにトレースヘッダーを追加してダウンストリームに伝達します。

  • ツールの活用— X-Ray デーモンを実行して X-Ray SDK からセグメントを受信します。

注記

X-Ray SDK には、との追加統合用のプラグインが含まれています。AWSのサービス。たとえば、Java Elastic Beanstalk プラグイン対応の X-Ray SDK を使用して、アプリケーションを実行する Elastic Beanstalk 環境に関する情報を追加できます。,環境名と ID を含めます。

の例を次に示します。AWSX-Ray と統合されているサービス:

  • AWS Lambda— すべてのランタイムの受信リクエストのアクティブ計測およびパッシブ計測。AWS Lambdaサービスマップに 2 つのノードを追加します。AWS Lambdaのサービスで、関数用です。インストルメンテーションを有効にすると、AWS Lambdaまた、X-Ray SDK で使用するために Java および Node.js ランタイムで X-Ray デーモンを実行します。

  • Amazon API Gateway— アクティブおよびパッシブ計装。API Gateway は、サンプリングルールを使用して記録するリクエストを決定し、ゲートウェイステージ用のノードをサービスマップに追加します。

  • AWS Elastic Beanstalk— ツール。Elastic Beanstalk には以下のプラットフォームで X-Ray デーモンが含まれています。

    • Java SE— 2.3.0 以降の設定

    • Tomcat— 2.4.0 以降の設定

    • Node.js— 3.2.0 以降の設定

    • Windows Server2016 年 12 月 9 日以降にリリースされたすべての設定 Windows Server Core 以外

    Elastic Beanstalk コンソールを使用して、これらのプラットフォームでデーモンを実行するように Elastic Beanstalk に指示するか、XRayEnabledオプションのaws:elasticbeanstalk:xray名前空間。

  • Elastic Load Balancing— アプリケーションロードバランサーでトレースを要求します。Application Load Balancer は、トレース ID をリクエストヘッダーに追加してからターゲットグループに送信します。

  • Amazon EventBridgeパッシブ計測。EventBridge にイベントを発行するサービスが X-Ray SDK でインストルメントされている場合、イベントターゲットはトレースヘッダーを受け取り、元のトレース ID を引き続き伝播できます。

  • Amazon Simple Notification Serviceパッシブ計測。Amazon SNS パブリッシャーが X-Ray SDK を使用してクライアントをトレースする場合、サブスクライバーはトレースヘッダーを取得し、同じトレース ID を持つパブリッシャーから元のトレースを伝達し続けます。

  • Amazon Simple Queue Serviceパッシブ計測。サービスが X-Ray SDK を使用してリクエストをトレースする場合、Amazon SQS はトレースヘッダーを送信し、整合性のあるトレース ID を持つコンシューマーに、送信者から元のトレースを伝達し続けます。

次のトピックから選択して、統合機能の完全なセットをご覧ください。AWSのサービス。