AWS Step Functions と AWS X-Ray - AWS X-Ray

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Step Functions と AWS X-Ray

AWS X-Rayの との統合AWS Step FunctionsStep Functions リクエストをトレースして分析します。コンポーネントの視覚化を行うことができます。ステートマシンで、パフォーマンスのボトルネックを特定し、エラーの原因となったリクエストをトラブルシューティングします。詳細については、「」を参照してください。AWS X-RayStep FunctionsのAWS Step Functions開発者ガイド の最初のリリースです。

新しいステートマシンの作成時に X-Ray トレースを有効にする

  1. Step Functions コンソールを開くhttps://console.aws.amazon.com/states/

  2. 選択ステートマシンの作成

  3. [Define state machine] (ステートマシンの定義) ページで、[Author with code snippets] (コードスニペットで作成)] または [Start with a template] (テンプレートと共にスタート) を選択します。サンプルプロジェクトを実行することを選択した場合、にを含めることはできません作成時に X-Ray トレースを有効にする。INSTED,後に X-Ray によるトレースの有効化を作成するにはステートマシン。

  4. [Next] (次へ) をクリックします。

  5. [Specify details] (詳細の指定) ページで、ステートマシンを設定します。

  6. [Enable X-Ray tracing] (X-Ray によるトレースを有効にする) を選択します。

既存のステートマシンで X-Ray トレースを有効にする

  1. Step Functions コンソールで、トレースを有効にしたいステートマシンを選択します。

  2. [Edit] を選択します。

  3. [Enable X-Ray tracing] (X-Ray によるトレースを有効にする) を選択します。

  4. (オプション) を選択して X-Ray 権限が含まれるように、ステートマシンの新しいロールを自動生成します。新規ロールの作成[アクセス許可] ウィンドウから。

  5. [Save] (保存) を選択します。

注記

新しいステートマシンを作成するときはそれ's リクエストがサンプリングされ、Amazon API Gateway などのアップストリームサービスでトレースが有効になっている場合は、自動的にトレースされます。AWS Lambda。コンソールで設定されていない既存のステートマシンの場合(たとえば、AWS CloudFormationテンプレート、X-Ray トレースを有効にするだけのアクセス権限を十分に付与する IAM ポリシーがあることを確認してください。