メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

Amazon マシンイメージ(AMI)

Amazon マシンイメージ(AMI)は、クラウドの仮想サーバーであるインスタンスの起動に必要な情報を提供します。インスタンスを起動するときに AMI を指定します。AMI からは、必要な数のインスタンスを起動できます。必要に応じて、異なる種類の AMI からインスタンスを起動することもできます。

AMI には次が含まれています。

  • インスタンスのルートボリュームのテンプレート(オペレーティングシステム、アプリケーションサーバー、アプリケーションなど)

  • 起動許可(AMI を使用してインスタンスを起動する権限を特定の AWS アカウントに与える)

  • インスタンスの起動時にインスタンスにアタッチするボリュームを指定するブロックデバイスマッピング

AMI の使用

次の図は AMI のライフサイクルをまとめたものです。AMI を作成し、登録したら、それを使用して新しいインスタンスを起動できます(AMI 所有者から起動許可を与えられた場合、AMI からインスタンスを起動することもできます)。AMI は同じリージョンにコピーすることも、異なるリージョンにコピーすることもできます。AMI からインスタンスを起動したら、AMI の登録を解除できます。

AMI ライフサイクル(作成、登録、起動、コピー、登録解除)

ご自分のインスタンスの基準に一致する AMI を検索できます。AWS が提供する AMI またはコミュニティが提供する AMI を検索できます。詳細については、「AMI タイプ」および「Linux AMI の検索」を参照してください。

インスタンスに接続したら、そのインスタンスを他のサーバーとまったく同じように使用できます。インスタンスの起動、接続、使用に関する詳細については、Amazon EC2 インスタンス を参照してください。

独自の AMI の作成

パブリック AMI から起動するインスタンスをカスタマイズし、その設定をお客様が使用するためのカスタム AMI として保存できます。ご自分の AMI から起動するインスタンスでは、お客様が行ったすべてのカスタマイズを使用します。

AMI の作成プロセスは、インスタンスのルートストレージデバイスにより決まります。インスタンスのルートボリュームは、Amazon EBS ボリュームまたはインスタンスストアボリュームのどちらかです。詳細については、「Amazon EC2 ルートデバイスボリューム」を参照してください。

Amazon EBS-Backed AMI を作成するには、「Amazon EBS-Backed Linux AMI の作成」を参照してください。Instance Store-Backed AMI を作成するには、「Instance Store-Backed Linux AMI の作成」を参照してください。

AMI には分類や管理のために任意のタグを付けられます。詳細については、「Amazon EC2 リソースにタグを付ける」を参照してください。

AMI の購入、共有、販売

AMI を作成したら、自分だけがそれを使用できるようにプライベートとして保存したり、あるいは、AWS アカウントの指定リストと共有したりできます。コミュニティで利用できるように、カスタム AMI を公開することもできます。安全で信頼性が高く、便利な AMI を作成して、一般公開する手順はきわめて単純で、いくつかのシンプルなガイドラインにしたがうだけです。共有 AMI の作成および使用方法の詳細については、共有 AMI を参照してください。

Red Hat のような組織のサービス契約に付属する AMI など、サードパーティから AMI を購入できます。また、AMI を作成し、他の Amazon EC2 ユーザーに販売することもできます。AMI の購入と販売に関する詳細については、有料 AMI を参照してください。

AMI の登録解除

AMI の利用が終わったら、その登録を解除できます。AMI の登録を解除すると、それを使用して新しいインスタンスを起動できなくなります。詳細については、「AMI の登録解除」を参照してください。

Amazon Linux

Amazon Linux AMI は、AWS がサポートおよび保守管理している Linux イメージの 1 つです。次に示すのは Amazon Linux の特徴の一部です。

  • Amazon EC2 で実行されるアプリケーションのため、安定性があり、安全で高性能な実行環境。

  • Amazon EC2 ユーザーには追加料金なしで提供。

  • MySQL、PostgreSQL、Python、Ruby、Tomcat など多くの一般的なパッケージの複数バージョンへのリポジトリアクセスが可能。

  • 定期的な更新で最新のコンポーネントが追加される。更新は、インスタンスを実行するインストールの yum リポジトリでも利用可能。

  • AWS CLI Amazon EC2 API および AMI ツール、Python 用の Boto ライブラリ、Elastic Load Balancing ツールなど、AWS サービスとの統合を簡単にするパッケージが含まれる。

詳細については、「Amazon Linux」を参照してください。