メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

ストレージ

Amazon EC2 にはインスタンスを格納するための、柔軟で使いやすく、コスト効率の良いデータストレージオプションが用意されています。各オプションは独自のパフォーマンスと耐久性を備えています。これらのストレージオプションは、要件に応じて個別に使用することも、組み合わせて使用することもできます。

このセクションを読むことで、Amazon EC2 がサポートするデータストレージオプションを使用して、特定の要件に対応する方法を十分に理解できるようになるはずです。たとえば、次のようなストレージオプションがあります。

各ストレージタイプの関係を下の図に示します。

 Amazon EC2 のストレージオプション

Amazon EBS

Amazon EBS は、実行中のインスタンスにアタッチできる、耐久性を備えたブロックレベルのストレージボリュームを提供します。Amazon EBS は、細かな更新を頻繁に行う必要があるデータを対象とした主要ストレージデバイスとして使用できます。たとえば、インスタンスでデータベースを実行するときに、Amazon EBS をストレージオプションとして使用することをお勧めします。

EBS ボリュームは、1 つのインスタンスにアタッチできる、未加工、未フォーマットの外部ブロックデバイスのように動作します。これらのボリュームは、インスタンスの運用状況から独立した永続性を持ちます。インスタンスにアタッチした後の EBS ボリュームは、他の物理ハードドライブと同じように使用できます。前の図に示したように、複数のボリュームをインスタンスにアタッチできます。1 つのインスタンスから EBS ボリュームをデタッチし、別のインスタンスにアタッチできます。インスタンスにアタッチされているボリュームの設定は動的に変更できます。EBS ボリュームは、Amazon EBS 暗号化 機能を使って、暗号化されたボリュームとして作成することもできます。詳細については、「Amazon EBS Encryption」を参照してください。

データのバックアップコピーを保持するには、EBS ボリュームのスナップショットを作成して Amazon S3 に保存します。スナップショットから EBS ボリュームを作成して、別のインスタンスにアタッチすることもできます。詳細については、「Amazon Elastic Block Store」を参照してください。

Amazon EC2 インスタンスストア

多くのインスタンスは、ホストコンピュータに物理的にアタッチされたディスクからストレージにアクセスできます。このディスクストレージは、インスタンスストアと呼ばれます。インスタンスストアは、インスタンス用のブロックレベルの一時ストレージを提供します。インスタンスストアボリュームのデータは、関連するインスタンスの存続中にのみ保持されます。インスタンスを停止または終了すると、インスタンスストアボリュームのすべてのデータが失われます。詳細については、「Amazon EC2 インスタンスストア」を参照してください。

Amazon EFS ファイルシステム

Amazon EFS は、Amazon EC2 と併用できる拡張可能なファイルストレージを提供します。EFS ファイルシステムを作成し、ファイルシステムをマウントするためにインスタンスを設定できます。複数のインスタンスで実行している作業負荷やアプリケーションの一般的なデータソースとしてEFSファイルシステムを使用できます。詳細については、「Amazon Elastic File System (Amazon EFS)」を参照してください。

Amazon S3

Amazon S3 により、低コストで信頼性に優れたデータストレージインフラストラクチャが実現します。ウェブスケールのコンピューティングをさらに簡単に行えるように設計されており、Amazon EC2 内から、またはウェブ上のどこからでも、いつでも必要な量だけデータを格納および取得できます。たとえば、データとアプリケーションのバックアップコピーを格納するときに Amazon S3 を使用できます。Amazon EC2 は Amazon S3 を使用して、EBS スナップショットと instance store-backed AMI を格納します。詳細については、「Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) 」を参照してください。

ストレージの追加

AMI からインスタンスを起動するたびに、そのインスタンス用のルートストレージデバイスが作成されます。ルートストレージデバイスには、インスタンスの起動に必要な情報すべてが含まれます。AMI を作成するとき、またはブロックデバイスマッピングを使用してインスタンスを起動するときに、ルートデバイスボリュームの他にストレージボリュームを指定できます。詳細については、「ブロックデバイスマッピング」を参照してください。

実行中のインスタンスに EBS ボリュームをアタッチすることもできます。詳細については、「インスタンスへの Amazon EBS ボリュームのアタッチ」を参照してください。