メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

バックアップからの Linux インスタンスの起動

Amazon EBS-backed Linux インスタンスを使用すると、スナップショットを作成することで、インスタンスのルートデバイスボリュームをバックアップできます。インスタンスのルートデバイスボリュームのスナップショットがある場合、そのインスタンスを終了して、後でスナップショットから新しいインスタンスを起動できます。インスタンスの起動元のオリジナルの AMI がないけれども、同じイメージを使ってインスタンスを起動する必要がある場合に、これは便利です。

重要

スナップショットから Windows AMI を作成することはできますが、その AMI からインスタンスを正常に起動することはできません。

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) や SUSE Linux Enterprise Server (SLES) などの一部の Linux ディストリビューションは、AMI に関連付けられた請求製品コードを使用して、パッケージの更新に関するサブスクリプションのステータスを確認します。EBS スナップショットから AMI を作成すると、この請求コードが保持されないため、このような AMI から起動したそれ以降のインスタンスはパッケージ更新インフラストラクチャに接続できません。請求製品コードを保持するには、スナップショットからではなくインスタンスから AMI を作成します。詳細については、「Amazon EBS-Backed Linux AMI の作成」または「Instance Store-Backed Linux AMI の作成」を参照してください。

コンソールを使用してインスタンスのルートボリュームから AMI を作成するには、次の手順に従います。必要に応じて、register-image コマンド (AWS CLI) または Register-EC2Image コマンド (AWS Tools for Windows PowerShell) を代わりに使用することもできます。ブロックデバイスマッピングを使用してスナップショットを指定します。

To create an AMI from your root volume using the console

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Elastic Block Store, Snapshots.

  3. Choose Create Snapshot.

  4. For Volumes, start typing the name or ID of the root volume, and then select it from the list of options.

  5. Choose the snapshot that you just created, and then choose Actions, Create Image.

  6. In the Create Image from EBS Snapshot dialog box, provide the following information and then choose Create. If you're re-creating a parent instance, then choose the same options as the parent instance.

    • Architecture: Choose i386 for 32-bit or x86_64 for 64-bit.

    • Root device name: Enter the appropriate name for the root volume. For more information, see Linux インスタンスでのデバイスの名前付け.

    • Virtualization type: Choose whether instances launched from this AMI use paravirtual (PV) or hardware virtual machine (HVM) virtualization. For more information, see Linux AMI 仮想化タイプ.

    • (PV virtualization type only) Kernel ID and RAM disk ID: Choose the AKI and ARI from the lists. If you choose the default AKI or don't choose an AKI, you'll be required to specify an AKI every time you launch an instance using this AMI. In addition, your instance may fail the health checks if the default AKI is incompatible with the instance.

    • (Optional) Block Device Mappings: Add volumes or expand the default size of the root volume for the AMI. For more information about resizing the file system on your instance for a larger volume, see ボリュームサイズ変更後の Linux ファイルシステムの拡張.

  7. In the navigation pane, choose AMIs.

  8. Choose the AMI that you just created, and then choose Launch. Follow the wizard to launch your instance. For more information about how to configure each step in the wizard, see インスタンスの作成.