メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

PostgreSQL DB インスタンスを作成して PostgreSQL DB インスタンスのデータベースに接続する

DB インスタンスを作成する最も簡単な方法は、RDS コンソールを使用することです。DB インスタンスを作成すると、pgAdmin などの SQL 標準クライアントユーティリティを使用して、DB インスタンスに接続できます。この例では、west2-postgres1 という名前の PostgreSQL データベースエンジンを実行する DB インスタンスを、db.m1.small DB インスタンスクラス、10 GB のストレージ、保持期間が 1 日に設定された自動バックアップという設定で作成します。

重要

DB インスタンスを作成したり、DB インスタンスに接続したりする前に、「Amazon RDS のセットアップ」セクションのタスクを実行する必要があります。

PostgreSQL DB インスタンスを作成する

To create a DB Instance Running the PostgreSQL DB Engine

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. In the top right corner of the AWS マネジメントコンソール, choose the region in which you want to create the DB instance.

  3. In the navigation pane, choose Instances.

  4. Choose Launch DB Instance to start the Launch DB Instance Wizard.

    The wizard opens on the Select Engine page.

    
							Engine selection
  5. On the Select Engine page, choose the PostgreSQL icon, and then choose Select.

  6. Next, the Production? page asks if you are planning to use the DB instance you are creating for production. If you are, choose PostgreSQL under Production. If you choose this option, the failover option Multi-AZ and the Provisioned IOPS storage option will be preselected in the following step. Choose Next Step when you are finished.

  7. On the Specify DB Details page, specify your DB instance information. Choose Next Step when you are finished.

    For This Parameter Do This

    License Model

    PostgreSQL has only one license model. Choose postgresql-license to use the general license agreement for PostgreSQL.

    DB Engine Version

    Choose the version of PostgreSQL you want to use.

    DB Instance Class

    Choose db.t2.small for a configuration that equates to 2 GB memory, 1 ECU (1 virtual core with 1 ECU), 64-bit platform, and moderate I/O capacity. For more information about all the DB instance class options, see DB インスタンスクラス.

    Multi-AZ Deployment

    Choose Yes to have a standby replica of your DB instance created in another Availability Zone for failover support. We recommend Multi-AZ for production workloads to maintain high availability. For development and testing, you can choose No.

    For more information, see 高可用性 (マルチ AZ) .

    Storage Type

    Choose the storage type General Purpose (SSD). For more information about storage, see Amazon RDS のストレージ.

    Allocated Storage

    Type 5 to allocate 5 GB of storage for your database. In some cases, allocating a higher amount of storage for your DB instance than the size of your database can improve I/O performance. For more information about storage allocation, see Amazon Relational Database Service Features.

    DB Instance Identifier

    Type a name for the DB instance that is unique for your account in the region you chose. You can add some intelligence to the name, such as including the region and DB engine you chose, for example postgreSQL-test.

    Master Username

    Type a name using alphanumeric characters that you will use as the master user name to log on to your DB instance. For information on the default privileges granted to the master user name, see Amazon RDS PostgreSQL 計画に必要になる情報

    Master Password and Confirm Password

    Type a password that contains from 8 to 128 printable ASCII characters (excluding /,", and @) for your master password, then type the password again in the Confirm Password box.

    
						DB instance details
  8. On the Configure Advanced Settings page, provide additional information that RDS needs to launch the PostgreSQL DB instance. The table shows settings for an example DB instance. Specify your DB instance information, then choose Launch DB Instance.

    For This Parameter Do This

    VPC

    This setting depends on the platform you are on. If you are a new customer to AWS, choose the default VPC shown. If you are creating a DB instance on the previous E2-Classic platform that does not use a VPC, choose Not in VPC. For more information about VPC, see Amazon Virtual Private Cloud (VPCs) と Amazon RDS.

    Subnet Group

    This setting depends on the platform you are on. If you are a new customer to AWS, choose default, which will be the default DB subnet group that was created for your account. If you are creating a DB instance on the previous E2-Classic platform and you want your DB instance in a specific VPC, choose the DB subnet group you created for that VPC. For more information about VPC, see Amazon Virtual Private Cloud (VPCs) と Amazon RDS.

    Publicly Accessible

    Choose Yes to give the DB instance a public IP address, meaning that it will be accessible outside the VPC; otherwise, choose No, so the DB instance will only be accessible from inside the VPC. For more information about hiding DB instances from public access, see VPC の DB インスタンスをインターネットから隠す.

    Availability Zone

    Use the default value of No Preference unless you want to specify an Availability Zone.

    VPC Security Group

    If you are a new customer to AWS, choose the default VPC. If you created a VPC security group, choose the VPC security group you previously created.

    Database Name

    Type a name for your database of up to 63 alpha-numeric characters. If you do not provide a name, the default "postgres" database is created.

    To create additional databases, connect to the DB instance and use the SQL command CREATE DATABASE. For more information about connecting to the DB instance, see PostgreSQL データベースエンジンを実行する DB インスタンスへの接続.

    Database Port

    Specify a port you want to use to access the database. PostgreSQL installations default to port 5432.

    DB Parameter Group

    Use the default value unless you have created your own parameter group.

    Option Group

    Use the default value unless you have created your own option group.

    Copy Tags To Snapshots

    Choose this option to have any DB instance tags copied to a DB snapshot when you create a snapshot. For more information, see Amazon RDS リソースのタグ付け.

    Enable Encryption

    Choose Yes to enable encryption at rest for this DB instance. For more information, see Amazon RDS リソースの暗号化.

    Backup Retention Period

    Set the number of days you want automatic backups of your database to be retained. For testing purposes, you can set this value to 1.

    Backup Window

    Unless you have a specific time that you want to have your database backup, use the default of No Preference.

    Enable Enhanced Monitoring

    Choose Yes to enable real-time OS monitoring. Amazon RDS provides metrics in real time for the operating system (OS) that your DB instance runs on. You are only charged for Enhanced Monitoring that exceeds the free tier provided by Amazon CloudWatch Logs.

    Monitoring Role

    Choose Default to use the default IAM role.

    Granularity

    Choose 60 to monitor the instance every minute.

    Auto Minor Version Upgrade

    Choose Yes to enable your DB instance to receive minor DB engine version upgrades automatically when they become available.

    Maintenance Window

    Choose the 30 minute window in which pending modifications to your DB instance are applied. If the time period doesn't matter, choose No Preference.

    
						Additional Configuration panel
  9. On the final page of the wizard, choose View Your DB Instances.

  10. On the Amazon RDS console, the new DB instance appears in the list of DB instances. The DB instance will have a status of creating until the DB instance is created and ready for use. When the state changes to available, you can connect to the DB instance. Depending on the DB instance class and store allocated, it could take several minutes for the new instance to be available.

    
						My DB instances list

PostgreSQL DB インスタンスに接続する

Amazon RDS によって DB インスタンスがプロビジョニングされると、標準の SQL クライアントアプリケーションを使用してインスタンスに接続できます。作成時に DB インスタンスに割り当てたセキュリティグループにより、DB インスタンスへのアクセスを許可する必要がある点に注意することが重要です。DB インスタンスに接続する際に問題が発生した場合、通常は DB インスタンスに割り当てられたセキュリティグループでセットアップしたアクセスルールに問題があります。

このセクションでは、PostgreSQL DB インスタンスに接続する 2 つの方法について説明します。最初の例では、オープンソースの PostgreSQL 向け管理開発ツールとして人気のある pgAdmin を使用します。pgAdmin は、クライアントコンピュータに PostgreSQL のローカルインスタンスがなくても、ダウンロードして使用できます。2 番目の例では、PostgreSQL に付属するコマンドラインユーティリティである psql を使用します。psql を使用するには、クライアントコンピュータに PostgreSQL をインストールしているか、または psql クライアントをインストールしている必要があります。

この例では、pgAdmin を使用して PostgreSQL DB インスタンスに接続します。

pgAdmin を使用した PostgreSQL DB インスタンスへの接続

To connect to a PostgreSQL DB instance using pgAdmin

  1. Launch the pgAdmin application on your client computer. You can install pgAdmin from http://www.pgadmin.org/.

  2. Choose Add Server from the File menu.

  3. In the New Server Registration dialog box, enter the DB instance endpoint (for example, mypostgresql.c6c8dntfzzhgv0.us-west-2.rds.amazonaws.com) in the Host box. Do not include the colon or port number as shown on the Amazon RDS console (mypostgresql.c6c8dntfzzhgv0.us-west-2.rds.amazonaws.com:5432).

    Enter the port you assigned to the DB instance into the Port box. Enter the user name and user password you entered when you created the DB instance into the Username and Password boxes, respectively.

    
    								Postgres connect
  4. Choose OK.

  5. In the Object browser, expand the Server Groups. Choose the Server (the DB instance) you created, and then choose the database name.

    
    								Postgres connect
  6. Choose the plugin icon and choose PSQL Console. The psql command window opens for the default database you created.

    
    								Postgres connect
  7. Use the command window to enter SQL or psql commands. Type \q to close the window.

psql を使用した PostgreSQL DB インスタンスへの接続

クライアントコンピュータに PostgreSQL がインストールされている場合は、psql のローカルインスタンスを使用して、PostgreSQL DB インスタンスに接続できます。psql を使用して PostgreSQL DB インスタンスに接続するには、ホスト情報とアクセス認証情報を指定する必要があります。

Amazon RDS 上の PostgreSQL DB インスタンスに接続する際は、次の形式が使用されます。

Copy
psql --host=<DB instance endpoint> --port=<port> --username=<master user name> --password --dbname=<database name>

たとえば、次のコマンドは、架空の認証情報を使用して、mypostgresql という PostgreSQL DB インスタンス上の mypgdb というデータベースに接続します。

Copy
psql --host=mypostgresql.c6c8mwvfdgv0.us-west-2.rds.amazonaws.com --port=5432 --username=awsuser --password --dbname=mypgdb

接続の問題のトラブルシューティング

DB インスタンスでデータベースに接続する際に非常によくある問題は、DB インスタンスに割り当てられたセキュリティグループの問題です。DB インスタンスの作成時にデフォルト DB セキュリティグループを使用した場合、インスタンスへのアクセスを許可するルールがセキュリティグループになかった可能性が高いと考えられます。Amazon RDS セキュリティグループの詳細については、「Amazon RDS セキュリティグループ」を参照してください。

最も一般的なエラーは、"could not connect to server: Connection timed out" です。このエラーが発生した場合、ホスト名が DB インスタンスのエンドポイントであること、およびポート番号が正しいことを確認します。接続で経由する可能性のあるファイアウォールを通過するのに必要なルールが、DB インスタンスに割り当てられたセキュリティグループに設定されていることを確認します。

DB インスタンスを削除する

作成したサンプル DB インスタンスに接続したら、料金がこれ以上発生しないように、DB インスタンスを削除してください。

To delete a DB instance with no final DB snapshot

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. In the Instances list, choose the DB instance you wish to delete.

  3. Choose Instance Actions, and then choose Delete from the dropdown menu.

  4. Choose No in the Create final Snapshot? drop-down list box.

  5. Choose Yes, Delete.