メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

MariaDB データベースエンジンを実行する DB インスタンスを作成する

Amazon RDS の基本的な構成要素は DB インスタンスです。DB インスタンスとは、MariaDB データベースが作成される場所です。

重要

DB インスタンスを作成したり、DB インスタンスに接続したりする前に、「Amazon RDS のセットアップ」セクションのタスクを実行する必要があります。

AWS マネジメントコンソール

MariaDB DB インスタンスを起動するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. AWS マネジメントコンソールの右上隅で、DB インスタンスを作成するリージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[DB Instances] を選択します。

  4. [Launch DB Instance] を選択して、DB インスタンス起動ウィザードを開始します。

    ウィザードが起動し、[Select Engine] ページが開きます。

     エンジンの選択

  5. [Launch DB Instance Wizard] ウィンドウで、MariaDB DB エンジンの [Select] ボタンを選択します。

  6. 次に、作成中の DB インスタンスを本稼働環境で使用するかを指定します。使用する場合は、[Yes] を選択します。[Yes] を選択すると、次の手順では、フェイルオーバーオプション [Multi-AZ] と [Provisioned IOPS] ストレージオプションが既に選択されています。完了したら、[Next] を選択します。

  7. [Specify DB Details] ページで、DB インスタンスの情報を指定します。次の表は、サンプルの DB インスタンスの設定を示しています。完了したら、[Next] を選択します。

    パラメーター 操作:

    License Model

    デフォルトの [general-public-license] を選択して、MariaDB の GNU General Public License バージョン 2 を使用します。MariaDB のライセンスモデルは 1 つのみです。

    DB Engine Version

    使用する MariaDB のバージョンを選択します。

    DB インスタンスクラス

    DB インスタンスの処理要件やメモリ要件を定義する DB インスタンスクラスを選択します。DB インスタンスクラスのすべてのオプションの詳細については、「DB インスタンスクラス」を参照してください。

    マルチ AZ 配置

    フェイルオーバーをサポートするために、別のアベイラビリティーゾーンに DB インスタンスのスタンバイレプリカを作成するかどうかを決定します。複数のアベイラビリティーゾーンの詳細については、「リージョンとアベイラビリティーゾーン」を参照してください。

    注記

    通常は、本稼働インスタンスのフェイルオーバーを有効にして高可用性を維持できるよう、[Yes] を選択します。

    ストレージタイプ

    使用するストレージのタイプを選択します。ストレージの詳細については、「Amazon RDS のストレージ」を参照してください。

    Allocated Storage

    データベースに割り当てるストレージの値を入力します (GB 単位)。場合によっては、DB インスタンスに、データベースのサイズ以上のストレージを割り当てると、I/O のパフォーマンスが改善することがあります。ストレージ割り当ての詳細については、「Amazon RDS ストレージの種類」を参照してください。

    DB Instance Identifier

    DB インスタンス名を入力します。お使いのアカウントの選択したリージョン内で一意である必要があります。名前には、選択したリージョンと DB エンジンなどを含めると理解しやすくなります (例: east1-mariadb-instance1)。

    Master Username

    DB インスタンスにログオンするためのマスターユーザー名を 1-16 の英数字で入力します。このユーザー名は、DB インスタンス上のデータベースに初めてログオンするときに使用します。

    [Master Password] と [Confirm Password]

    マスターユーザーのパスワードを 8 ~ 41 文字で入力します。使用できるのは印刷可能な ASCII 文字 (/、"、@ を除く) です。これは、データベースにログオンするときにユーザーネームと共に使用するパスワードになります。[Confirm Password] に同じパスワードをもう一度入力します。

     DB 詳細の指定

  8. [Configure Advanced Settings] ページに、RDS で MariaDB DB インスタンスを起動するために必要な追加情報を入力します。次の表は、サンプルの DB インスタンスの設定を示しています。DB インスタンス情報を指定して、[Next Step] を選択します。

    パラメーター 操作:

    VPC

    MariaDB DB インスタンスをホストする Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) の名前を選択します。VPC の詳細については、「Amazon Virtual Private Cloud (VPCs) と Amazon RDS」を参照してください。

    アベイラビリティーゾーン

    特定のアベイラビリティーゾーンを指定するかどうかを指定します。前のページの [Multi-AZ Deployment] パラメーターで [Yes] を選択した場合は、ここでは何も選択できません。利用可能ゾーンについての詳細は、リージョンとアベイラビリティーゾーン を参照してください。

    VPC セキュリティグループ

    この DB インスタンスで使用する VPC セキュリティグループを選択します。VPC セキュリティグループの詳細については、『Amazon Virtual Private Cloud ユーザーガイド』の「VPC のセキュリティグループ」を参照してください。

    Database Name

    デフォルトデータベースの名前を 1 〜 64 文字の英数字で入力します。名前を入力しない場合、Amazon RDS によって、ここで作成する DB インスタンス上にデータベースが自動的に作成されることはありません。

    追加のデータベースを作成するには、DB インスタンスに接続し、SQL コマンド CREATE DATABASE を使用します。DB インスタンスへの接続の詳細については、「MariaDB データベースエンジンを実行している DB インスタンスへの接続」を参照してください。

    Database Port

    データベースにアクセスするためにアプリケーションやユーティリティで使用されるポートを指定します。MariaDB のインストールでは、ポートのデフォルトは 3306 となります。会社のファイアウォールによっては、デフォルトの MariaDB ポートへの接続がブロックされます。会社のファイアウォールがデフォルトのポートをブロックしている場合は、新しい DB インスタンス用に他のポートを選択します。

    重要

    いったん DB インスタンスを作成するとポートを変更できないため、DB インスタンスへのアクセスに使用する正しいポートを特定することが重要です。

    DB Parameter Group

    DB エンジン設定を管理するのに使用する DB パラメーターグループを選択します。MariaDB の各バージョンに用意されているデフォルトのパラメーターグループを使用できます。また、独自のパラメーターグループを作成することもできます。頻繁に使用する DB エンジンを設定するため、またはデータベースエンジンのアップタイムを強化するために、独自の DB パラメーターグループを作成できます。パラメータグループの詳細については、「DB パラメータグループを使用する」を参照してください。

    Option Group

    DB エンジン機能を有効化し、設定するのに使用するオプショングループを選択します。MariaDB の各バージョンに用意されているデフォルトのオプショングループを使用できます。また、独自のオプショングループを作成することもできます。オプショングループの詳細については、「オプショングループを使用する」を参照してください。

    タグをスナップショットへコピー

    スナップショットの作成時に DB インスタンスタグを DB スナップショットへコピーするには、このオプションを選択します。詳細については、「Amazon RDS リソースのタグ付け」を参照してください。

    暗号を有効化

    この DB インスタンスを保管時に暗号化するには、[Yes] を選択します。詳細については、「Amazon RDS リソースの暗号化」を参照してください。

    バックアップの保存期間

    データベースの自動バックアップを保持する日数を設定します。テスト目的で、この値を [1] に設定できます。

    バックアップウィンドウ

    DB インスタンスをバックアップする期間を指定します。バックアップウィンドウ中に、データのバックアップが行われている間にストレージ I/O が一時停止することがあり、レイテンシーが増える可能性があります。この I/O の一時停止は、一般的にはスナップショットの期間中続きます。この I/O 一時停止期間はマルチ AZ の DB デプロイではより短くなります。これは、バックアップがスタンバイから取得されるためです。ただし、バックアップ処理中のレイテンシーは発生します。詳細については、「バックアップの使用 」を参照してください。

    Enable Enhanced Monitoring

    DB インスタンスが実行されているオペレーティングシステムに対してリアルタイムでのメトリクスの収集を有効にするには、[Yes] を選択します。詳細については、「拡張モニタリング」を参照してください。

    詳細度

    [Enable Enhanced Monitoring] が [Yes] に設定されている場合にのみ使用できます。DB インスタンスのメトリクスを収集する間隔を秒単位で設定します。

    Auto Minor Version Upgrade

    DB インスタンスで、DB エンジンのマイナーバージョンアップグレードをリリースの際に自動的に受信するには、[Yes] を選択します。

    メンテナンス時間

    週 1 回のシステムメンテナンスを実行できる時間帯を選択します。メンテナンス時間の詳細については、「DB インスタンスの適切なメンテナンス時間の調整」を参照してください。

    [詳細設定] の設定

    加えて、フェデレーティッドストレージエンジンは、現在 MariaDB の Amazon RDS ではサポートされていません。

    注記

    Amazon RDS for MariaDB の特定の時点の復元機能とスナップショット復元機能を利用するには、クラッシュからの回復が可能なストレージエンジンが必要です。また、これら 2 つの機能がサポートされているのは XtraDB ストレージエンジンのみです。MariaDB は様々な機能を持つ複数のストレージエンジンをサポートしていますが、それらすべてがクラッシュの回復とデータ耐久性に最適化されているわけではありません。

  9. [Launch DB Instance] をクリックして MariaDB DB インスタンスを作成します。

  10. ウィザードの最後のページで、[Close] を選択します。

  11. Amazon RDS コンソールでは、新しい DB インスタンスが DB インスタンスのリストに表示されます。DB インスタンスが作成されて使用できるようになるまで、DB インスタンスのステータスは creating となります。ステータスが [available] に変わると、DB インスタンスに接続できます。DB インスタンスクラスと割り当てられたストレージによっては、新しいインスタンスを使用できるようになるまで数分かかることがあります。

     [My DB Instances] リスト

CLI

MariaDB DB インスタンスを作成するには、AWS CLI の create-db-instance を使用します。以下のパラメータは必須です:

  • --db-instance-identifier

  • --db-instance-class

  • --engine

次のコマンドは、mydbinstance という名前の MariaDB インスタンスを作成します。

Linux、OS X、Unix の場合:

Copy
aws rds create-db-instance \ --db-instance-identifier mydbinstance \ --db-instance-class db.m1.small \ --engine mariadb \ --allocated-storage 20 \ --master-username masteruser \ --master-user-password masteruserpassword \ --backup-retention-period 3

Windows の場合:

Copy
aws rds create-db-instance ^ --db-instance-identifier mydbinstance ^ --db-instance-class db.m1.small ^ --engine mariadb ^ --allocated-storage 20 ^ --master-username masteruser ^ --master-user-password masteruserpassword ^ --backup-retention-period 3

このコマンドでは、次のような出力が生成されます。

Copy
DBINSTANCE mydbinstance db.m1.small mariadb 20 sa creating 3 **** n 10.0.17 SECGROUP default active PARAMGRP default.mariadb10.0 in-sync

API

MariaDB DB インスタンスを作成するには、Amazon RDS API の CreateDBInstance アクションを呼び出します。以下のパラメータは必須です:

  • DBInstanceIdentifier = mydbinstance

  • DBInstanceClass = db.m1.small

  • Engine = mariadb

Copy
https://rds.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=CreateDBInstance &AllocatedStorage=20 &BackupRetentionPeriod=3 &DBInstanceClass=db.m1.small &DBInstanceIdentifier=mydbinstance &DBName=mydatabase &DBSecurityGroups.member.1=mysecuritygroup &DBSubnetGroup=mydbsubnetgroup &Engine=mariadb &MasterUserPassword=<masteruserpassword> &MasterUsername=<masteruser> &Version=2013-09-09 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20140213/us-west-2/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20140213T162136Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=8052a76dfb18469393c5f0182cdab0ebc224a9c7c5c949155376c1c250fc7ec3

関連トピック