メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

Amazon Route 53 ヘルスチェックの作成と DNS フェイルオーバーの設定

Amazon Route 53 ヘルスチェックでは、ウェブアプリケーション、ウェブサーバー、その他のリソースの正常性とパフォーマンスを監視します。作成した各ヘルスチェックは、次の方法のいずれかでモニタリングできます。

  • ウェブサーバーなどの指定するリソースのヘルスチェック

  • Amazon CloudWatch アラームのステータス

  • そのほかのヘルスチェックのステータス

3 種類のヘルスチェックの概要については、「Amazon Route 53 ヘルスチェックの種類」を参照してください。ヘルスチェックの作成の詳細については、「ヘルスチェックの作成と更新」を参照してください。

ヘルスチェックの作成後、ヘルスチェックのステータスを確認する、ステータスが変更したときに通知を受け取る、そして DNS フェイルオーバーを設定できます。

ヘルスチェックのステータスと通知を表示する

ヘルスチェックの現在と最近のステータスを Amazon Route 53 コンソールで表示できます。AWS SDK、AWS Command Line Interface、AWS Tools for Windows PowerShell または Amazon Route 53 API のいずれかからヘルスチェック作業をプログラムすることもできます。

ヘルスチェックのステータスが変更したときに通知を受け取るには、各ヘルスチェックに Amazon CloudWatch アラームを設定できます。

ヘルスチェックのステータス表示と通知の受信の詳細については、「ヘルスチェックのステータス監視と通知の受信」を参照してください。

DNS フェイルオーバーの設定

同じ機能を実行する複数のリソースがある場合、DNS フェールオバーを設定して Amazon Route 53 がトラフィックを異常なリソースから正常なリソースへとルーティングできます。たとえば、2 つのウェブサーバーがあり、そのうち 1 つのウェブサーバーが異常になった場合、Amazon Route 53 はもう 1 つのウェブサーバーにトラフィックをルーティングできます。詳細については、「DNS フェイルオーバーの設定」を参照してください。