メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

チュートリアル: AWS Elastic Beanstalk を使用して .NET サンプルアプリケーションをデプロイする方法

このチュートリアルでは、AWS Toolkit for Visual Studio を使用して AWS Elastic Beanstalk に .NET サンプルアプリケーションをデプロイする方法について説明します。

注記

このチュートリアルでは、こちらからダウンロードできるサンプルの ASP.NET ウェブアプリケーションを使用します。また、Toolkit for Visual Studio も使用します。このサンプルアプリケーションは、Visual Studio Professional 2012 を使用してテストされています。

環境の作成

まず、Elastic Beanstalk コンソールの新しいアプリケーションの作成ウィザードを使用して、アプリケーション環境を作成します。

環境を作成するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開きます。

    注記

    新しい環境ウィザードに次の画面が表示されない場合は、古い New Environment Wizard を参照してください。

  2. [Create New Application] を選択します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial create new application wizard
  3. [Application Information] ページで、[Application name] にアプリケーション名を入力し、[Next] を選択します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial enter application name
  4. [New Environment] ページで、[Create web server] を選択します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial create web server
  5. [Environment Type] ページの [Predefined configuration] で、[IIS] を選択します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial environment type IIS
  6. [Environment type] でデフォルトの [Load balancing, auto scaling] を使用し、[Next] を選択します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial environment type load balancing auto scaling
  7. [Application Version] ページで、[Source] に [Sample application] を選択し、[Next] を選択します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial application version sample application
  8. [Environment Information] ページで、すべてデフォルトを使用し、[Next] を選択します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial environment information
  9. [Additional Resources] ページの [Create an RDS DB instance with this environment] を選択し、[Next] を選択します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial create RDS database instance
  10. [Configuration Details] ページの [Instance type] で、[t2.micro] を選択します。

    その他のフィールドはデフォルト値のままにし、[Next] を選択します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial configuration details
  11. [Environment Tags] ページで、[Key] および [Value] フィールドを空白のままにし、[Next] を選択します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial Environment Tags
  12. [Permissions] ページの [Next(次へ)] を選択します。デフォルトのインスタンスプロファイルとサービスロールがない場合は、Elastic Beanstalk によって自動的に作成されます。

  13. [RDS Configuration] ページの [DB engine] で、[sqlserver-ex] を選択します。[Instance class] で [db.t2.micro] を選択し、[Allocated storage] を [20 GB] に増やします。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial RDS configuration
  14. [Username] と [Password] でユーザー名とパスワードを作成し、[Next] を選択します。

  15. [Review Information] ページで設定を確認し、[Launch] を選択します。

    起動ステータスを確認するには、Elastic Beanstalk コンソールの [Dashboard] ページを参照してください。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial Launching environment status page

Elastic Beanstalk へのアプリケーションの公開

AWS Toolkit for Visual Studio を使用して、Elastic Beanstalk にアプリケーションを公開します。

Elastic Beanstalk にアプリケーションを公開するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールの [Health] ステータスで環境が正常に起動していることを確認します。値が [Green] である必要があります。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial environment health Green
  2. Visual Studio で BeanstalkDotNetSample.sln を開きます。

    注記

    まだサンプルを入手していない場合は、こちらから入手できます。

  3. [View] メニューで、[Solution Explorer] を選択します。

  4. [Solution ‘BeanstalkDotNetSample’ (2 projects)] を展開します。

  5. [MVC5App] のコンテキスト(右クリック)メニューを開き、[Publish to AWS] を選択します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial Solution Explorer Publish to AWS
  6. [Publish to AWS Elastic Beanstalk] ページの [Deployment Target] で、先ほど作成した環境を選択し、[Next] を選択します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial Publish to AWS Elastic Beanstalk Deployment Target
  7. [Application Options] ページで、すべてデフォルトを使用し、[Next] を選択します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial Publish to AWS Elastic Beanstalk Application Options
  8. [Review] ページで、[Deploy] を選択します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial Review and Deploy
  9. デプロイのステータスを監視するには、Visual Studio の NuGet パッケージ マネージャーを使用します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial monitor status NuGet Package Manager

    アプリケーションが正常にデプロイされている場合は、[Output] ボックスに [completed successfully] と表示されます。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial output completed successfully
  10. Elastic Beanstalk コンソールに戻り、環境名の横に表示されているアプリケーション名を選択します。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial launch sample app from console

    ASP.NET アプリケーションが新しいタブで開きます。

     Elastic Beanstalk .NET tutorial see your ASP.NET application running in the Web browser

AWS リソースのクリーンアップ

アプリケーションが正常にデプロイされたら、アプリケーションのビデオを視聴して Elastic Beanstalk の詳細について確認します。

Elastic Beanstalk での作業が完了したら、.NET 環境を終了できます。

Elastic Beanstalk 環境を終了するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開きます。

  2. お客様の環境の管理ページに移動します。

  3. [Actions] を選択してから、[Terminate Environment] を選択します。

Elastic Beanstalk は、EC2 インスタンス、DB インスタンス、ロードバランサー、セキュリティグループ、CloudWatch アラームなど、お客様の環境に関連付けられているすべての AWS リソースをクリーンアップします。

詳細については、AWS Toolkit for Visual Studio を使用して .NET で Elastic Beanstalk アプリケーションを作成しデプロイするAWS .NET 開発ブログAWS アプリケーション管理ブログを参照してください。