AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API バージョン 2010-05-15)

AWS CloudFormation コンソールでのスタックの作成

スタックを作成する前に、AWS CloudFormation がスタックに含めるリソースを示すテンプレートが必要になります。詳細については、「AWS CloudFormation テンプレートの使用」を参照してください。

注記

新しいスタックの設定をプレビューするには、変更セットを使用できます。

AWS CloudFormation コンソールでスタックを作成するのは簡単です。ウィザードに従って次の手順を実行します。

スタックを作成した後は、スタックの進捗状況の監視、スタックのリソースおよび出力の表示、スタックの更新、およびスタックの削除を行うことができます。これらのアクションについては、関連するトピックで説明します。

[Create Stack] ウィザードの起動

AWS CloudFormation コンソールでスタックを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにログインし、[Services (サービス)] メニューの [CloudFormation] を選択します。

  2. 次のオプションのうち 1 つを使用して新しいスタックを作成します。

    • [スタックの作成] をクリックします。現在実行中のスタックがある場合は、これが唯一のオプションです。

      
                           コンソールの [スタックの作成] メニューボタン。
    • [CloudFormation スタック] メインウィンドウで、[新しいスタックの作成] をクリックします。このオプションは、実行中のスタックがない場合にのみ表示されます。

      
                        コンソールの [新しいスタックの作成] ボタン。
    • [CloudFormation スタック] メインウィンドウで、[CloudFormer の起動] をクリックして、現在実行中のリソースからスタックを作成します。このオプションは、実行中のスタックがない場合にのみ表示されます。

      
                           コンソールの [CloudFormer の起動] ボタン。

      CloudFormer を使用して AWS CloudFormation スタックを作成する方法の詳細については、「CloudFormer (ベータ) を使用したテンプレートの作成」を参照してください。

次に、スタックテンプレートを選択します。

このページの内容: