Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

インスタンスの起動に関する問題のトラブルシューティング

以下の問題が発生すると、インスタンスを起動できなくなります。

インスタンス制限の超過

説明

新しいインスタンスを起動するか、停止したインスタンスを再起動しようとすると、InstanceLimitExceeded エラーが発生する。

原因

新しいインスタンスを起動するか、停止したインスタンスを再起動しようとすると InstanceLimitExceeded エラーが発生する場合、リージョンで起動できるインスタンス数の制限に達しています。AWS アカウントを作成するときに、リージョンごとに、実行できるインスタンスの数についてデフォルトの制限が設定されます。

ソリューション

インスタンス制限の引き上げは、リージョンごとにリクエストできます。詳細については、「Amazon EC2 サービスの制限」を参照してください。

インスタンス容量の不足

説明

新しいインスタンスを起動するか、停止したインスタンスを再起動しようとすると、InsufficientInstanceCapacity エラーが発生する。

原因

インスタンスを起動したり、停止したインスタンスを再起動したりする際に InsufficientInstanceCapacity エラーが発生する場合、現在 AWS にはリクエストに対応するために必要とされる十分なオンデマンドキャパシティーがありません。

ソリューション

この問題を解決するには、以下の手順を実行します。

  • 数分間待ってからリクエストを再度送信します。容量は頻繁に変化します。

  • インスタンス数を減らして新しいリクエストを送信します。たとえば、15 インスタンスを起動する 1 つのリクエストを行っている場合、代わりに 5 つのインスタンスに対する 3 つのリクエストを作成するか、1 つのインスタンスに対する 15 のリクエストを作成してみてください。

  • インスタンスを起動する場合は、アベイラビリティーゾーンを指定しないで新しいリクエストを送信します。

  • インスタンスを起動する場合は、別のインスタンスタイプを使用して新しいリクエストを送信します (これは後でサイズを変更できます)。詳細については、「インスタンスタイプを変更する」を参照してください。

  • クラスタープレイスメントグループにインスタンスを起動すると、容量不足エラーが発生する場合があります。詳細については、「プレイスメントグループのルールと制限」を参照してください。

  • 長期的なキャパシティーの予約であるリザーブドインスタンスの購入を試みます。詳細については、「Amazon EC2 リザーブドインスタンス」を参照してください。

インスタンスがすぐに削除される

説明

インスタンスの状態が、再起動直後に pending から terminated に変わる。

原因

インスタンスがすぐに終了する理由を次にいくつか示します。

  • EBS ボリューム制限に達した。

  • EBS スナップショットが破損している。

  • ルート EBS ボリュームは暗号化されていて、復号用の KMS キーにアクセスする権限がない。

  • インスタンスを起動するために使用した Instance Store-Backed AMI で、必要な部分 (image.part.xx ファイル) が見つからない。

ソリューション

Amazon EC2 コンソールまたは AWS Command Line Interface を使用して、削除された理由を確認できます。

Amazon EC2 コンソールを使用して、削除された理由を確認するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Instances] を選択し、インスタンスを選択します。

  3. [説明] タブで、[状態遷移の理由] ラベルの横にある理由を確認します。

AWS Command Line Interface を使用して、削除された理由を確認するには

  1. describe-instances コマンドを使用して、インスタンス ID を指定します。

    aws ec2 describe-instances --instance-id instance_id
  2. コマンドによって返された JSON レスポンスで、StateReason レスポンス要素の値を確認します。

    次のコードブロックは StateReason レスポンス要素の例を示しています。

    "StateReason": { "Message": "Client.VolumeLimitExceeded: Volume limit exceeded", "Code": "Server.InternalError" },

問題に対処するには

確認した削除の理由に応じて、次のアクションの 1 つを実行します。

  • 理由が Client.VolumeLimitExceeded: Volume limit exceeded である場合、EBS ボリュームの制限に達しました。詳細については、「インスタンスボリューム数の制限」を参照してください。Amazon EBS ボリュームの制限の引き上げリクエストを送信するには、AWS サポートセンターのケースの作成フォームに入力してください。詳細については、「Amazon EC2 サービスの制限」を参照してください。

  • 理由が Client.InternalError: Client error on launch である場合、通常はルートボリュームが暗号化されていて、復号用の KMS キーにアクセスする権限がないことを示します。必要な KMS キーにアクセスする権限を取得するには、IAM ユーザーに適切な KMS アクセス権限を追加します。詳細については、AWS Key Management Service Developer Guideの「AWS KMS でのキーポリシーの使用」を参照してください。