EC2Launch v2 に移行する - Amazon Elastic Compute Cloud

EC2Launch v2 に移行する

EC2Launch 移行ツールは、インストールされている起動エージェント (EC2Config および EC2Launch v1) をアンインストールして EC2Launch v2 をインストールすることによって起動エージェントをアップグレードします。以前の起動サービスに適用されていた設定は、自動的に新しいサービスに移行されます。移行ツールは、EC2Launch v1 スクリプトにリンクされているスケジュールされたタスクを検出しないため、EC2Launch v2 のタスクは自動的にセットアップされません。タスクを設定するには、agent-config.yml ファイルを編集するか、EC2Launch v2 設定ダイアログボックスを使用します。例えば、InitializeDisks.ps1 を実行するスケジュールされたタスクがインスタンスにある場合、移行ツールを実行した後、EC2Launch v2 の設定ダイアログボックスで初期化するボリュームを指定する必要があります。EC2Launch v2 設定ダイアログボックスを使用して設定を変更する の手順については、ステップ 6 を参照してください。

移行ツールをダウンロードするか、SSM RunCommand ドキュメントを使用してインストールできます。

このツールは次の場所からダウンロードできます。

注記

EC2Launch v2 移行ツールは、管理者として実行する必要があります。EC2Launch v2 は、移行ツールの実行後にサービスとしてインストールされます。すぐには実行されません。デフォルトでは、インスタンスの起動中に実行され、インスタンスが停止して後で起動または再起動された場合に実行されます。

AWSEC2Launch-RunMigration SSM ドキュメントを使用して、SSM Run Command によって最新の EC2Launch バージョンに移行します。ドキュメントにパラメータは不要です。SSM Run Command の使用方法の詳細については、「AWS Systems Manager Run Command」を参照してください。

移行ツールは、EC2Config から次の設定を EC2Launch v2 に適用します。

  • Ec2DynamicBootVolumeSizefalse に設定されている場合、EC2Launch v2 boot ステージを削除します

  • Ec2SetPasswordEnabled に設定されている場合、EC2Launch v2 パスワードタイプを random に設定します

  • Ec2SetPasswordDisabled に設定されている場合、EC2Launch v2 パスワードタイプを donothing に設定します

  • SetDnsSuffixListfalse に設定されている場合、EC2Launch v2 setDnsSuffix タスクを削除します

  • EC2SetComputerName が true に設定されている場合、EC2Launch v2 setHostName タスクを yaml の設定に追加します

移行ツールは、EC2Launch v1 から次の設定を EC2Launch v2 に適用します。

  • ExtendBootVolumeSizefalse に設定されている場合、EC2Launch v2 boot ステージを削除します

  • AdminPasswordTypeRandom に設定されている場合、EC2Launch v2 パスワードタイプを random に設定します

  • AdminPasswordTypeSpecify に設定されている場合、EC2Launch v2 パスワードタイプを static に、パスワードデータを AdminPassword で指定されたパスワードに設定します

  • SetWallpaperfalse に設定されている場合、EC2Launch v2 setWallpaper タスクを削除します

  • AddDnsSuffixListfalse に設定されている場合、EC2Launch v2 setDnsSuffix タスクを削除します

  • SetComputerNametrue に設定されている場合、EC2Launch v2 setHostName タスクを追加します